就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんのお世話は手洗いが大事!注意点や正しい手洗い方法を知ろう

赤ちゃんのお世話は手洗いが大事!注意点や正しい手洗い方法を知ろう

人の手には、さまざまな菌やウィルスが付着しており、それが原因で何らかの感染症を引き起こすこともあります。赤ちゃんの体はパパやママと異なり免疫力が未熟ですので、お世話をする際には手洗いがとても大事です。今回は、赤ちゃんのお世話の際に注意したい点や正しい手洗い方法をご紹介したいと思います。

赤ちゃんのお世話に手洗いが大切な理由とは

赤ちゃんが一番触れることの多いママの手

赤ちゃんの家族には、パパやママ、きょうだいのほか、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしていることもありますよね。家族の人数が多ければ多いほど、赤ちゃんの体に手が触れる頻度も多くなりますが、その中でもダントツで多いのがママの手になるのではないでしょうか。

赤ちゃんの月齢が低ければ低いほど、身の回りのお世話をすべてママがしてあげることになりますので、当然手が体に触れる機会も多くなります。むしろ、触れていない時間がないくらいといってもよいかもしれませんね。

そして、ママの手は家事や仕事などでもあらゆる場所や物に触れることが多いので、それだけ菌やウィルスを手に付着させている状態だということをしっかりと自覚しておくことも大切です。

手を介してうつる感染症はたくさんある

病気の感染方法には、ウィルスや菌が食べものや飲みものを経て口の中へ侵入してしまう経口感染、咳やくしゃみが飛沫となって体内に入る飛沫感染、そして、手にウィルスや菌が付着した状態で口や目などを触れてしまい感染する接触感染があります。手を介して感染する感染症は数多く、私たちがよく耳にする風邪やインフルエンザ、ロタウィルスなども有名ですね。

パパママの体の中には、長年つちかった免疫力がありますので、実際に体内にウィルスや菌が侵入してきたとしても病気として発症するに至らなかったり、発症したとしても症状が軽かったりすることがほとんどです。

しかし、まだまだ十分な免疫力がない赤ちゃんの場合には症状が重症化したり命を落としてしまったりする危険も0ではありません。

手洗いの徹底で赤ちゃんを感染症から守ろう

赤ちゃんが一切感染症にかからず成長していくということはまずありません。さまざまなウィルスや菌に触れて病気を経験することで自然と免疫力がついていき、病気をしにくい体を作り上げていくのです。

しかし、月齢の低い赤ちゃんの場合には、できるだけそれらの病原菌と触れる機会を少なくし、感染症にかかるリスクを減らしてあげることも大切です。感染症のリスクを下げるために意識したいこと、それは、ママが手洗いの徹底をすること。これが赤ちゃんを感染症から守る一番簡単かつ効果的な方法です。

ただ、単にこまめに手を洗えばよいというわけではありません。正しい手洗い方法を学んだり、衛生グッズを使ったりするなどの工夫が必要です。

意外に気づいていない注意すべきポイント

パパママの生活で気づかない菌の付着がある

ウィルスや菌が目に見えて分かるようになれば、それらを赤ちゃんに付着させてしまう恐れもグッと下がりますよね。しかし、現実的にそれは難しく、どんなウィルスや菌がどのくらい付着しているのかを確認することはできませんよね。

菌やウィルスの怖いところは、パパママがどれだけ意識していたとしても普段の生活で気づかない付着が避けられないというところです。ドアノブ、コップ、パソコンのキーボードなど、日常生活を送る上で、何気なく触れている部分にも菌やウィルスは山ほどいるのです。

目で見て明らかな汚れがない部分であっても、菌やウィルスはしっかりと身を潜めています。目で見える汚れだけに対して敏感に反応しているだけでは注意が足りないといえるでしょう。

見逃しやすい手を拭くタオルにも注意

外から帰ったら、手洗いうがいを心がけているという人も多いと思います。手洗い、うがいは誰でも簡単にできる風邪対策でもありますし、一年を通じて習慣にするだけでも病気の感染リスクを減らすことが期待できます。

しかし見逃しやすいのがタオルの扱いです。手洗いをしたときには、ほとんどの人が近くにある手拭きタオルを使用しますよね?このタオルが清潔でない場合、せっかく手洗いをしたにもかかわらず、再び菌やウィルスを手に付着させてしまうこともあるのです。

タオルは、清潔なものを一日に数回交換できるのが理想的です。間違っても、汚れていないからといって数日間使いまわすことだけは避けてくださいね。

石鹸でしっかりと手を洗い、清潔なタオルで水分を拭き取ることがポイントです。

おむつ替えは前後で手洗いがベター

おむつ替えを終えたタイミングで手を洗うママはたくさんいると思いますが、おむつを替える前にも手洗いをしておくことがベターです。おむつ替えをするときには、手が赤ちゃんの性器やお尻に触れてしまうこともありますよね。

手にはたくさんの雑菌が付着していますので、おむつ替えの前に手洗いをしていないと赤ちゃんへの感染症のリスクが出てきます。また、おむつ替えの手洗いはママへの菌の感染予防となります。

ロタウィルスやノロウィルスなどは、排泄物が感染ルートとなることもあります。赤ちゃんにそれらの病気の症状が出ていなくても、ウィルスを保有している可能性もありますのでおむつ替え前後の手洗いは徹底するようにしておくことが大切です。

正しい手洗いの方法や便利グッズを知ろう

正しい手洗いの方法を覚える

正しい手洗いの方法をご存知でしょうか?こまめに手を洗うことを意識しているという人はたくさんいますが、その方法が間違っていると清潔な状態が保たれていない恐れがあります。

正しい手洗いの方法は、
・手を水で流し、石鹸やハンドソープをしっかりと泡立てる
・手のひら、手の甲を洗う
・指の間に反対の指をはさみ、指の付け根をしっかりと洗う
・手のひらに反対の指を立てて当て、爪と指の間を洗うようにこする
・最後に、手首も忘れず洗う

このような工程でしっかりと手を洗うことで、手に付着した雑菌を少なくすることができます。普段していた手洗いよりも手順が多く、時間がかかるかもしれませんが、習慣化することで清潔な手を維持することができますよ。

外出したときは除菌グッズを活用する

外出したときには、食事をとったり授乳をしたりするタイミングがあると思います。このときに手洗い場と石鹸があり、手洗いができる状況であればよいのですが、できない場面もありますよね。

そんなときには、除菌グッズを活用して手を清潔にすることを心がけましょう。除菌グッズといえば、ウェットティッシュタイプや、ミストタイプ、ジェルタイプなど種類が豊富にありますので、持ち運びやすさや用途に応じて使いやすいものを選ぶようにするとよいですよ。

手の除菌のみならず、テーブルやおもちゃなどにも雑菌は付着しています。赤ちゃんが触れたり口にしたりする恐れがあるときには除菌グッズを活用して清潔な状態にしてあげられるとよいですね。

公園で手洗いするときに必要なグッズとは

小さな子どもが大好きな公園に、お弁当やおやつを持っていくこともありますよね。遊具や砂場で遊んだ手で食べものに触れることは、衛生上好ましいことではありませんし、病気に感染してしまうリスクも増えてしまいます。

公園の多くには、トイレや手洗いの水道があり、手を洗うことができることがほとんどだと思います。しかし、水で手を洗うだけだと十分に清潔になったとはいえません。

また、手洗い場があったとしても石鹸がないことも多いので、そんなときのために持ち運びが可能な石鹸を持参することをおすすめします。プッシュすると石鹸が泡で出てくるものや、昔ながらの紙石鹸など、持ち運び用の石鹸もたくさん販売されていますよ。

まとめ

病気の予防には、手洗いうがいが大切だと昔からいわれていますよね。常に手は色々な場所に触れ、菌やウィルスが付着している状態です。

その手で赤ちゃんに触れてしまうとなんらかの感染症を赤ちゃんにうつしてしまったり、逆に赤ちゃんから感染してしまうリスクも出てきます。目に見えない菌から赤ちゃんを守るためには、正しい手洗い方法を知ることや手洗いのタイミング、清潔なタオルを使用することもポイントです。

外出先では、手洗いが難しいことも多くなりますので、携帯用の除菌グッズを活用し、清潔な手をキープすることを心がけましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018