就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの仕事復帰いつから?復帰へのタイミングや準備のポイントを紹介

ママの仕事復帰いつから?復帰へのタイミングや準備のポイントを紹介

現在は専業主婦で子育てに奮闘しているママの中にも、「家計のためにもそろそろ働きたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。子育てをしながら働きたいと思っている方に、ここでは、子どもが何歳くらいからが仕事に復帰しやすいかや、仕事と子育てをどのようにこなしていくとよいかなどをご紹介します。

先輩ママを参考に!復帰時期を考えよう

仕事復帰はいつからできるの?

仕事復帰を考えるママのなかには、経済的な事情などで「出産が終わったら、なるべく早く仕事復帰したい」と思う方もいるかもしれません。出産後の仕事復帰というのはいつ頃から可能なのでしょうか。

労働基準法で、出産から8週間以内のママは働いてはいけないと定められています。しかし、出産後6週間が経ってママ本人が「働きたい」と希望し、お医者さんの許可がでれば仕事復帰することも可能です。多胎妊娠の場合は、最短で仕事復帰できるのが出産から14週間後になりますよ。

「出産してからなるべく早く仕事復帰したい」と思っているママもいるかもしれませんが、産後は育児の疲れなどでママの体の調子も万全ではないので、無理をしないことが大切ですよ。

働く先輩ママたちはいつ頃復帰したの?

育児中に仕事復帰を果たした先輩ママたちはいつ頃から仕事復帰をしているのでしょうか?

先輩ママAさん「育児休暇を取得したので子どもが1歳になったときからフルタイムで仕事復帰をしました。最初は大変ですが、慣れてくると育児も仕事も楽しめるようになりました。」

先輩ママBさん「子どもが幼稚園に入園したので、仕事復帰はパートから始めました。子どもが小学生になる頃には正社員として働きたいですが、自分にも子どもにもストレスの少ない働き方をしていければいいなと思っています。」

妊娠中も退職せずに仕事を続けたママは、育休明けに仕事復帰する人が多いようです。また専業主婦のママだと、Bさんのように子どもが幼稚園や学校に上がるタイミングでの復職するママもいます。

復帰するメリットはあるの?

ママが仕事復帰すると、子どもと過ごせる時間は今よりも少なくなってしまうため、仕事復帰を悩む方もいることでしょう。しかし、子育てをしながらの仕事復帰には以下のようなメリットもあります。

・小さいときは子どもにお金があまりかからないので、ママが働くことで将来の教育費の貯蓄を増やすことができる。
・仕事復帰することで、ママは1人になれる時間を作ることができる。
・育児に疲れているママは仕事復帰することでストレスが発散でき、子育てが前より楽しく感じることもある。
・ママも働くことで、パパが育児や家事を積極的に手伝ってくれることも!
・ママも収入を得ることで家計が安定し、心にゆとりをもつことができる。

仕事と子育ての両立するためのポイント

優先順位とタイムスケジュールを考えよう

子育てをしながらの仕事復帰は、簡単なことではありませんよね。特に、子どもが小さいと手がかかるので、何をするにも時間通りにいかなくてイライラしてしまうこともあるかもしれません。

仕事復帰したことで子どもにイライラすることがないように、毎日のタイムスケジュールを考えて、何からやればよいのか優先順位を決めておくと焦ることなく物事を進めていけますよ。

友人の話では、仕事復帰してからは家にいる時間が減ったので、タイムスケジュールをしっかり組んで焦らず行動できるようにしたそうです。タイムスケジュールや優先順位を決めることで、仕事前の朝でも子どもにイライラすることが減ったのでよかったと話してくれました。

家事は割り切って手を抜こう!

子どもを育てながら仕事復帰をして頑張っているママもたくさんいますよね。「子育てをしながら働いているママは、いつ家事をしているのだろう?」と、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

子育てをしながら仕事をしていると、専業主婦のときのようにこまめに家事をする時間が減ってしまいますよね。仕事と子育てをママが楽しく両立していくためには、「家事は完璧にやらなくていい!手抜きで大丈夫」と割り切って生活することが大切です。

仕事と子育てをしていると、家事が手抜きになってしまうのは仕方のないことです。ママが無理をして頑張りすぎると仕事や子育てまで中途半端になってしまうこともあります。まずは、子育てと仕事を優先し、家事は手抜きしながら進めましょう。

朝型の生活で家事を済ませて出勤しよう!

子育てをしながら仕事復帰を目指しているママは、「忙しい毎日の中で、いつ家事をやっていけばいいのか分からない」「仕事と育児をしながら、家事もできるか不安がある」など、悩んでいる方も多いですよね。仕事復帰をしてからは、朝型の生活で家事を済ませてから出勤するとよいでしょう。

友人の話では、仕事復帰する前は子どものお昼寝の時間に洗濯したり、夕方に夜ご飯の準備をしたりなど、あまり時間を決めずにできるときに家事を進めていたそうです。しかし、仕事を始めてからは家にいることが少ないので毎朝5時に起床して、洗濯や料理をまとめて済ませてから出勤していると話してくれました。

朝に家事を終わらせておくと夜は子どもとの時間を楽しめるので、働くママにはよいかもしれませんね。

仕事復帰に向けて事前準備しておくこと

子どもの預け先の確保

子育てをしながら仕事復帰をするためには、さまざまな準備が必要となります。準備の中でもママの仕事復帰で1番重要なことが、子どもの預け先を決めておくことでしょう。

すでに子どもが幼稚園に通っている場合や、ママの仕事の間は両親や姉妹などが子どもを預かってくれる家庭の場合は安心ですが、保育園などの預け先が決まっていない子も多いですよね。近年は共働きの夫婦が増えてきているので、住んでいる場所によっては、「待機児童が多くて保育園が決まらず、仕事復帰ができない」と嘆くママもたくさんいます。

保育園が決まらないと仕事復帰は難しいので、早めの時期から子どもの預け先をどうするのか考えておくことが大切でしょう。

子どもの体調不良時の対処

仕事復帰を目指しているママは、働きだしてから困らないように子どもの預け先が決まっても準備しておくことが色々あります。「保育園が決まったから、春からは安心して仕事復帰ができる」と思っているママも多いかもしれませんが、保育園に行き始めの頃は子どもがよく熱をだすので体調不良のときの対処も考えておく必要がありますよ。

子どもが保育園に行き始めると、慣れない集団生活でのストレスやママがいない寂しさ、集団生活でウイルスや菌をもらいやすいなどの理由で、熱をだして保育園を休むことが多々あると思っておいたほうがよいでしょう。ですから、子どもが保育園を休んだときに「仕事も休めないし、預け先もない」と焦ることがないように、事前に考えておくことが大切です。

夫婦や家族内での役割分担

子育てをしながらママが仕事復帰をするときは、パパと育児や家事を役割分担することが重要です。ママが専業主婦の家庭ではパパが育児や家事をあまり手伝わず、ママに任せている所も多いですよね。しかし、ママが仕事復帰してからも手伝わずにすごしてしまうと、ママのストレスや疲れが溜まってしまいます。

ママが仕事復帰する前に夫婦で話し合い、保育園の送り迎えはどちらがするか、洗濯、掃除、料理など、育児や家事の役割をしっかり決めておきましょう。役割分担するときは、お互いに得意なものを担当するようにすると効率がよいですよ。

夫婦で役割分担しお互い協力しあって育児や家事ができれば、ママが仕事復帰しても仕事に集中することができますね。

まとめ

育児をしていると「仕事復帰をしたいけど、子どもが何歳くらいのときに復帰すればいいか悩む」というママは多いですよね。仕事復帰をしたいと思っていても、子どもの預かり先が見つからなかったり、仕事をしながらの育児や家事に自信がなかったりで、仕事復帰をあきらめてしまうママもいるかもしれません。

仕事復帰をするときは、パパと夫婦でしっかり話し合いママの育児や家事の負担を減らすことが重要なポイントです。また、周りに頼れる人がいる場合は人に頼り、頑張りすぎないことも働くママには必要ですよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018