就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

テープの紙おむつはいつまで?タイプ別の上手な使い分け方

テープの紙おむつはいつまで?タイプ別の上手な使い分け方

紙おむつにはテープタイプとパンツタイプがありますが、いつから切り替えればよいのか迷ってしまうママも多いと思います。今回はテープタイプとパンツタイプそれぞれのメリットや切り替えるタイミング、併用の仕方をご紹介します。紙おむつの使い分けや、切り替え時期に興味のある方はぜひ読んでみてください。

テープタイプとパンツタイプのよい点

テープタイプのよい点

テープタイプのよい点の一つは、寝かせたままの状態でおむつ替えがしやすいことです。おむつを大きく広げて使うことができるため、新しいおむつをあらかじめお尻の下に敷いておけばうんちのときも楽に交換ができます。

パンツタイプと違って足を通す必要もなく、腰を持ち上げる必要もないので、寝ていることが多い時期に活躍します。首が完全にすわっておらず、体もまだしっかりしていない生後4カ月くらいまではテープタイプを使うとよいでしょう。

ウエスト部分の調節がしやすいのもよい点の一つです。赤ちゃんの胴回りには個人差がありますが、おむつ替えのときにテープの位置を変えることができるので、丁度よいゆるさに調節することができます。

パンツタイプに比べて、1枚あたりの単価が安いのも嬉しいメリットです。おむつは使用期間が長く、特に頻繁におむつ替えが必要な時期は、1日のおむつの消費が十数枚になることも。

おむつ以外にも必要なものがたくさん出てくることを考えると、出費は少しでも抑えたいもの。メーカーごとの価格も比較して選ぶとよいでしょう。

パンツタイプのよい点

パンツタイプのメリットは何といってもはかせやすさです。仰向けに寝かせる必要もなく、両足さえ通してしまえば後はスルっと上げるだけで短時間で交換が終わります。

元気に動き回る赤ちゃんをじっと寝かせておくのは大変ですよね。パンツタイプはうつ伏せや四つん這いの状態でもはかせることができるので、動きが活発な赤ちゃんにおすすめです。

また、ずれにくいのも大きなメリットです。太もも周りやウエスト部分に切れ目がないので、動いているうちにおむつがずれて、漏れてしまうのを防いでくれます。ただし、サイズが合っていないと隙間が空いてしまうことがあるので注意が必要です。

「パンツタイプだとうんちのときの交換が大変なのでは」と不安になるママもいるかもしれません。しかし、パンツタイプの両サイドにはミシン目が入っており、簡単に破ることができるようになっています。

うんちのときは、お尻をきれいに拭くために寝かせることが多いと思います。両サイドを破いておむつを開いておけばテープタイプと同じように交換することも可能です。

テープからパンツに切り替えるタイミング

足をバタバタし始めたら

首がすわっていなくても、元気に足を突っ張ったりバタバタと動かしたりし始めると、おむつの交換が大変になると思います。このタイミングでパンツタイプに切り替えたくなるママも多いはず。

パンツタイプのサイズはSサイズが最小で、目安体重は4kg~となっており、あまり早すぎるとサイズが合わずに漏れてしまう可能性があります。いきなり全部パンツタイプに変えるのではなく、普段はテープタイプを使って交換しづらいときにだけパンツタイプにするなど、徐々に切り替えるのもよいでしょう。

首すわりが完了していないうちは、おむつをウエストまで引き上げるときに注意が必要です。首に負担がかからないように注意しながら、ゆっくり腰を上げるようにしましょう。

寝返りでじっとしなくなったら

寝返りは赤ちゃんにとって、とても楽しい遊びの一つです。まだ完全に寝返りができなくても、体をよじったり、足を大きく振ったりとダイナミックな動きが増えていく時期なので、おむつ交換に時間がかかってしまうママも多いでしょう。

おむつのテープを止めようとしても、じっとしてくれないので上手く止めることが難しくなります。またうつ伏せで遊ぶ時間も増えていくため、太ももの隙間から漏れてしまうことも多くなるかもしれません。

ママが負担に感じるようなら、このタイミングでパンツタイプに切り替えてもよいと思います。パンツタイプならば、うつ伏せのままでも楽にはかせることができますし、太もも部分のズレもほとんど無いので安心です。

はいはいで動き回りだしたら

はいはいができるようになると、行動範囲がぐんと広がり、移動スピードも速くなります。この頃になると、ママはますますおむつ交換が大変に感じるようになるのではないでしょうか。

この時期の赤ちゃんは仰向けに寝かせるのも一苦労ですし、寝転んでくれてもじっとしてくれる時間はわずかでしょう。やはり遊びの途中でも短時間で交換が終わるパンツタイプが便利です。

はいはいは太もも部分をよく動かすので、漏れにくさの面からみてもパンツタイプの方が使いやすいでしょう。またずり這いをしても、おむつがずり下がりにくいのも利点です。

首や腰がしっかりしてくる、はいはいやつかまり立ちの時期に、パンツタイプに切り替えるママも多いようです。

切り替え後もテープの併用利用でコスト削減

睡眠時はテープタイプを利用する

パンツタイプに切り替えたからといって、ずっとパンツタイプを使わないといけないということはありません。おむつを交換する環境や時間帯にあわせて、テープタイプと使い分けることで赤ちゃんとママの負担を減らすことができます。

日中は元気に動き回っている赤ちゃんも、睡眠時は大人しく寝転んでくれていることが多いはず。赤ちゃんが眠っているときは、足を通して腰を上げるパンツタイプよりも、寝たままの状態で交換することができるテープタイプの方が適しているかもしれません。

活動量の多い日中はパンツタイプ、起こさないように交換したい睡眠時はテープタイプと使い分けるとよいでしょう。1日の半分をテープタイプにすることで、その分出費を抑えることができます。

しかし、眠っている時も反り返りや足のバタつきが大きかったり、おむつが濡れて赤ちゃんが泣いていたりするときもあるでしょう。そんなときは、素早く交換できるパンツタイプが便利なときもあります。

特に夜中のおむつ交換は大変な作業なので、ママの使いやすいほうを臨機応変に選びましょう。

家にいるときはテープタイプを利用

お出かけするときと、家にいるときで使い分けるのもよい方法です。お出かけ先ではおむつ交換の台が無い場所もありますし、急いで交換したいときにはパンツタイプが便利です。

おむつ交換の台がある場合でも、交換はできるだけ手早く済ませたいものですね。パンツタイプは立った状態でも、寝ている状態でも楽にはかせることができますし、たくさん動いても太ももやウエスト部分のギャザーがフィットして漏れにくくなっているので、お出かけにはピッタリです。

テープタイプは交換するのに仰向けに寝かせる場所が必要だったり、動きが活発だと漏れやすかったりといったデメリットもあります。しかしお家にいるときはおむつ交換の場所に困ることもありませんし、万が一漏れて汚れてしまっても、すぐに洗濯するなど対処がしやすいでしょう。

赤ちゃんを連れてお出かけするのは楽しい反面、思いのほか大変なものです。少しでもママの負担を減らし、赤ちゃんが快適に過ごせるように、お出かけ先でのみパンツタイプを利用するようにすれば出費も最小限で済むでしょう。

まとめ

テープタイプからパンツタイプへの切り替え時期は、目安はあるもののはっきりとした正解はありません。赤ちゃんの発育状態や家庭環境、ママが負担に感じるかどうかで自由に切り替えて大丈夫です。

寝ているときはテープタイプにして、動きが活発なときはパンツタイプにする、お出かけなど環境が変わるときにだけパンツタイプにしておむつ代の負担を軽くするなど、それぞれのメリットとデメリットをよく考えて紙おむつのタイプを選ぶとよいでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018