就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもは何歳から会話ができる?遅いときの注意点や関わり方のコツ

子どもは何歳から会話ができる?遅いときの注意点や関わり方のコツ

あやしても抱っこしても泣きやまない赤ちゃんに、「なにが不満なのか言葉でいってくれたらいいのに」と感じたことはありませんか。人間のコミュニケーション方法のなかでも重要な「会話」は、何歳からできるようになるのでしょうか。今回は子どもの言葉の発達が遅いと感じたときの注意点や関わり方のコツを紹介します。

まずは子どもの言葉の発達について知ろう

1歳頃に意味のある言葉を話すようになる

生まれたばかりの赤ちゃんは喉の発達が未熟なため、泣き声以外の声を出すことができません。しかし、成長するにつれて出せる声の種類が増えていきます。

生後2カ月頃になると鳩の鳴き声のような「クークー」という声を出し始め、生後4カ月頃から「あーうー」という声が出るようになります。

生後7カ月になると「マママ」「パッパッパ」という少し複雑な声が出せるようになり、言葉を話す準備ができてきます。ママの言葉がなんとなく通じていると感じることがあるかもしれませんね。

1歳頃になると「マンマ」など、意味のある言葉を話すようになる子どもが多いようです。「食べる?」「飲む?」などの言葉が通じることも多くなりますよ。

2歳になると二語文が出るようになる

1歳以降の子どもは、パパやママが話す言葉や絵本の読み聞かせなどから言葉をどんどん学んでいきます。

最初は「ママ」「パパ」「ブーブー」などの名詞しか話していなかった子どもも、「もっと」「いく」などの要求や行動を表す言葉が話せるようになるなど、言葉が急速に発達していきますよ。

また、ほしいものや興味があるものを指さしたり、テレビに映ったキャラクターの名前を伝えたりするなど、しぐさや言葉で周囲の人とコミュニケーションを取ろうとするのもこの時期です。

2歳頃になると「ワンワン いた」など、二つの言葉をつなげた「二語文」が出るようになります。言葉でのコミュニケーションが取りやすくなったと感じるママも多いのではないでしょうか。

3歳を過ぎると会話ができるようになる

二語文が出るころになると、それまで話していた「マンマ」などの幼児語が少しずつ減り、「ごはん」などの大人が使う言葉に置き換わっていきます。口や喉も発達して、聞き取りやすい発音で話せるようになるのも特徴です。

コミュニケーション能力も備わっていくため、「お散歩行く?」と聞くと「おさんぽ いく!」と答えるなど、簡単な会話ができるようになりますよ。

また、3歳頃になると「ぼく おそと いきたい」など、三つの単語をつなげた言葉を話せるようになり、3歳を過ぎると「てにをは」や接続詞を使った文章を話せるようになります。

自分の考えを伝える力も身につくため、雨の日に「お散歩行く?」と聞くと「雨だから行かない」と答えるなどの会話も成立します。

言葉の遅れが気になったら注意したいこと

子どもにたくさん話しかけ、関わっているか

例えば、「ドイツ語で自己紹介をしてください」といわれても、ドイツ語を勉強したことがないママは自分の名前をいうだけで精一杯ですよね。

言葉を話すためには、言葉を知り、言葉の意味や使い方を理解する必要があります。子どもが言葉を話せるようになるのも、子どもが言葉を学び、単語の意味や使い方を理解できるようになるからです。

子どもはパパやママが話す言葉を聞いて学んでいます。そのため、会話が少ない環境で育った子どもは言葉の発達が遅くなりがちです。

言葉の発達が遅いと感じたときは、子どもにたくさん話しかけているか、関わっているかをチェックしてみましょう。たくさん話しているのに言葉が遅いというときは、話しかけ方を変えてみてもよいかもしれませんね。

テレビやスマホを長時間見せていないか

近年、幼児向け教材などにDVDが添付していることも多く、子どもの発達によいというイメージをもっているママもいるのではないでしょうか。

教育番組や幼児向けの動画は子どもにもわかりやすい言葉が使われており、音楽やダンスなども取り入れた子どもにもわかりやすい内容になっています。トイレトレーニングなどの手助けになることも多いですよね。

しかし、テレビやスマホで見る動画は「会話」ではなく一方的な情報発信です。単語を覚える手助けにはなるかもしれませんが、言葉をコミュニケーションの道具として使う楽しさを知ることはできませんね。

言葉の発達をうながすためにも、テレビやスマホを長時間見せるのは避け、コミュニケーションをたくさん取るようにするとよいでしょう。

ママが子どもの発言を先取りしていないか

「気が利く」性格は美徳の一つです。「結婚するなら気が利く女性がよい」と考えている男性も多いですよね。

気が利くママがいる家庭では、トイレットペーパーが空っぽになっていたリ、シャンプーのストックがなくなったりすることはめったにありません。家族全員がいつでも快適に過ごすことができる環境になるでしょう。

しかし、ママの気が利きすぎるというのも、子どもの発達にとっては少し考えものです。子どもが「お水ちょうだい」という前にママが水を用意してしまったら、子どもは話す必要がなくなってしまいます。

言葉は「必要だから使う」ものです。子どもの言葉を引き出すためにも、子どもに対しては「ちょっと気が利かないママ」くらいでいる方がよいかもしれません。

子どもの会話が上達する関わりのコツとは

子どもの質問にていねいに答えよう

好奇心旺盛な子どもは、よく「なんで?」「これなあに?」という質問をよくします。例えば、キッチンにある包丁を見た子どもが「これなあに?」と質問した場合、ママはなんと答えるとよいでしょうか。

実は、子どもは純粋に「答えを知りたい」と思って質問しているだけではなく、コミュニケーションを楽しむために質問していることがあります。

ママが「包丁」とだけ答えた場合、名前を知ることはできますがコミュニケーションを楽しむことはできません。「野菜やお肉を切る包丁だよ。危ないからこっちに置いておこうね」などと答えるとよいですね。

「あっちに行きなさい」などの言葉は避けたほうがよいでしょう。拒絶されたと感じた子どもは、コミュニケーションに消極的になるかもしれません。

子どもの目を見てしっかり話を聞こう

ママが子どもの成長や家事のことを話しているとき、パパがテレビやスマホばかり見ているとしたら、ママは悲しい気持ちになってしまいますよね。

言葉の発達が未熟な子どもの話は、原因と結果がつながっていなかったり、時系列がバラバラだったりします。空想と現実が混ざっていることも多く、意味不明なことばかり話していると感じることもあるでしょう。

こんなとき、ママは適当に聞き流してしまうかもしれませんが、子どもはママが話を聞いているかを見ています。ママに話を聞いてもらえないと感じた子どもは、話す意欲をなくしてしまうかもしれません。

子どもが話しているときは、目を見てしっかり話を聞きましょう。子どもが話したことについて質問してみるのもよいかもしれませんね。

絵本をたくさん読んであげよう

絵本を読んであげると、子どもはお話の世界を楽しみながらさまざまな言葉を覚えることができます。お話の内容や絵について会話することでコミュニケーションを取ることもできますね。

また、ママの温もりを感じられるため、子どもは安心感を覚えることができます。ゆったりした気持ちでお話の世界に入ることができれば、豊かな想像力を育むことができるでしょう。

情緒を安定させる効果も高く、寝る前に絵本の読み聞かせをするようにしたら、スムーズに寝られるようになった子どももいるそうです。

「うまく読めないから恥ずかしい」と感じるママもいるかもしれませんが、子どもにとって大切なのは「読んでもらえる」ということです。恥ずかしがらず、絵本をたくさん読んであげてくださいね。

まとめ

子どもの言葉が遅れていると不安を感じるかもしれませんが、発達の早さには個人差があります。乳児健診などで発達の遅れを指摘されていないのであれば、あまり心配しすぎないほうがよいでしょう。

テレビやスマホの見せすぎに注意し、絵本の読み聞かせや積極的な話しかけをしながら、子どもの成長を見守ってくださいね。

また、体が発達するにつれて言葉の発達が進むこともあります。外遊びや工作など、いろいろな遊びを体験させてみるのもよいかもしれません。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj