就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友とはじめての家ランチ!料理の準備やお呼ばれマナーを紹介

ママ友とはじめての家ランチ!料理の準備やお呼ばれマナーを紹介

小さい子どもがいるママたちのランチ会は家ですることも多いでしょう。呼ぶときも呼ばれるときも、はじめての場合は悩むことや緊張することがたくさんです。今回は料理のアイディアやマナーなど、お役に立つ情報をご紹介します。ママ友と楽しい時間を過ごせるよう、ぜひ参考にしてください。

ママ友との家ランチ、料理はどう準備する?

何にするか迷ったときはデリバリーで注文

ママ友を招待するときに、一番悩むのは料理ではないでしょうか。何にするか迷って決められないときや、時間がないときはデリバリーに頼る手もありますよ。

手軽に頼めるピザはカジュアルランチに人気があります。大きいピザを人数に合わせて数枚オーダーし、みんなでワイワイシェアをして食べるのも楽しいですね。

宅配弁当やデリバリーをしてくれるレストランも人気があります。栄養バランスを考えたヘルシーなメニューを選ぶこともできるので、嬉しいママが多いようです。また、「たまにはご褒美にお寿司を食べよう」と、少し贅沢なランチを楽しむママたちもいるようですよ。

ランチはデリバリーで割り勘にしても、飲み物とお茶菓子などを用意しておくと喜ばれるでしょう。

ワイワイできる簡単手作り料理でおもてなし

家でランチ会をするからと、手の込んだ料理を作る必要はありません。ワイワイおしゃべりをしながら食べられる簡単な料理で充分です。

サンドイッチなら簡単に作れるうえにバリエーションが豊富です。ハムやたまご、ツナなど数種類作るとよいでしょう。食パンの代わりにフランスパンを使うとおしゃれな印象になりますよ。

人気のあるパスタ料理なら、ペンネなどのショートパスタがおすすめです。ソースが飛ぶ心配が少なく、子どもを抱っこしながらでも食べやすいですよ。

メイン料理に大皿のサラダやフルーツボウルなどを用意すれば、野菜や果物がたくさん摂れて喜ばれます。

また、たこ焼き機でカステラやオムライスボールなど好きなものを焼けば、子どもも一緒に楽しめますよ。

テーマを決めてみんなで持ち寄る

最近は持ち寄りパーティーが流行っていますが、案外面倒に感じるママも多いそうです。何を持って行けばよいのか分からないというのが大きな理由なので、テーマを決めると持ち寄るものを決めるときのヒントになります。

例えば、テーマが「ホットプレート」で焼きそばやお好み焼きをするのなら、好きな具材を持ち寄れます。「手で食べられるもの」にすれば、おにぎりやサンドイッチ、からあげなど家で作りやすいものから選べますね。

また、持って行くものが決まっているほうがよいというママが多い場合は、担当制にする方法もあります。野菜系、ご飯系、飲み物など、担当を決めて持ち寄ると料理が偏る心配もありません。赤ちゃんがいるママは作る必要のない飲み物担当にするなどの配慮もできますよ。

家ランチにお呼ばれしたときに注意すること

子どもの行動をいつも以上に気にかける

ママ友の家にお呼ばれしたときは、自分の子どもから目を離さないようにしましょう。子どもは好奇心旺盛です。いつもは目にしないような珍しいものを触りたくなってしまうでしょう。

ママ友たちとのおしゃべりに盛り上がり、子どもの行動を気にかけることがおろそかになるママもいます。家のものを壊したり汚したりすると、ママ友との仲も気まずくなってしまうこともあります。

また、勝手にほかの部屋に入る、家具などに登るなどの行動にも注意しましょう。人によっては見られたくないものや触られたくないものもありますし、怪我をしたら大変です。

自分には許容範囲内でも、ママ友は嫌かもしれません。自分の家とは違うことを認識し、子どもの行動にはいつも以上に気をつけましょう。

おむつ交換の際は必ず確認と断りを入れて

おむつ交換をするときは、必ず断りを入れましょう。ママ友にどこで替えたらよいのか聞く必要があります。

「どこでもいいよ」と言われてもみんながいる場所から離れたところを選んで、ママ友に確認しましょう。勝手に床やソファの上で替えだすようなことはマナー違反ですよ。

汚れたおむつを勝手にゴミ箱に捨ててもいけません。おむつ用のゴミ箱が用意されていて、ママ友のほうから「そのゴミ箱に捨てていいよ」「うちの子のおむつと一緒に捨てておくよ」と言ってくれたら、お礼を伝えてお願いしてはいかがでしょうか。

おむつ交換の際に使う敷物や、おむつを入れて持ち帰るためのビニール袋は忘れずに持って行ってくださいね。基本的におむつは持ち帰るものと考えましょう。

帰る前には親子で片付けとお礼を忘れずに

楽しい時間はあっという間に過ぎ、バタバタと帰ることもありえます。呼んでくれたママ友は、ランチ会を開くために掃除にも気を使ったはず。せめて使った食器や、散らかったおもちゃを片づけましょう。

帰る時間が近づいたら「おもちゃを片付けようね」と子どもに声をかけて、一緒に片付けます。しまう場所が分からなければ、まとめておくだけでも片付けようとした意思が見られますよ。

キッチンに入られるのが嫌なママもいるので、勝手に食器を洗いだすようなことはやめましょう。テーブルを拭いたり、ごみをまとめたりしてもよいですね。

「ありがとう」が言える子どもには、ママと一緒にお礼を言わせましょう。次に会ったときにも「この前はどうもありがとう」と短くお礼を言うのも忘れずに。

ママ友の家に行くときは手土産を持参しよう

手土産の相場は千円程度から状況に合わせて

ママ友から「気を使わないで手ぶらで来てね」と言われても、やはり手土産は持って行ったほうが無難です。とくに初めてお邪魔するときの印象は大事です。

あまり高いものを持って行くと、相手が恐縮してしまいます。気軽なランチ会であれば、千円程度で買えるものが丁度よいでしょう。

「今回はいただいておくけど、次からは手ぶらでね」と言われたら次回は持って行かないほうがよいようです。ほかのママ友から「この前言われていたのに」と思われ、微妙な雰囲気になることがあるようですよ。事前にほかのママ友に相談し、みんなと合わせるようにすると安心ですね。

ママ友と親しくなり行き来が頻繁になってきたら、お互い手土産はやめようと決めるママたちも少なくないようです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC