就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬用長靴選び。寒い日や雪の日を暖かく楽しく乗りきろう!

子どもの冬用長靴選び。寒い日や雪の日を暖かく楽しく乗りきろう!

凍った路面は危険「滑り止め効果」

冬場は雪の影響だけでなく、凍った路面にも注意が必要です。雪が降っているときは滑らないように注意できても、雪が降っていないときでもアスファルトが凍っていることもあり、見分けるのが難しく滑って転んでしまう危険があります。

先ほど靴底に凹凸のあるものや、滑りにくい素材でできているものを紹介しました。最近では、車のスタットレスタイヤに使われている同じ素材のゴムで靴底が作られているものもあります。

また、靴底のゴムがスパイク状になっていたり、金具がついていたりするものもあるので、雪が多く降る地域や近所の路面が凍りやすい方におすすめです。赤ちゃんは大人よりもバランスを崩しやすいので、滑り止め効果のある冬用長靴を選ぶことも大切です。

雪遊びも楽しめるデザインの長靴

ここまでは冬用長靴の効果について紹介してきました。効果ももちろん大切ですが、やはり赤ちゃんには可愛らしいデザインの冬用長靴を履かせたいですよね。

最近では、滑り止め加工がされていて、ボア素材のものでもたくさんの種類のデザインが販売されています。アンパンマンやディズニーなどの可愛らしいキャラクターの長靴でも、しっかりと滑り止め効果やボア素材でできているものがあります。長靴を嫌がってしまう赤ちゃんも、お気に入りのキャラクターだとすんなりと履いてくれそうですね。

また、最近では「コロンビア」や「ソレル」といったブランドが機能性もよく、デザインもかっこいいものから可愛いものまでたくさんの種類があるのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここでは長靴と冬用長靴の違いをご紹介してきました。冬用長靴は、大切な赤ちゃんが寒い冬を足元から快適に過ごせるような工夫がたくさんされているのでおすすめです。

冬用長靴を選ぶ上で重要な機能についてもたくさん紹介しましたが、その中でママが赤ちゃんにぴったりなものを選ぶ参考に少しでも役立てていただけたら嬉しいです。冬は寒さだけでなく、雪や凍結など、赤ちゃんが転んでしまう危険もあるので、冬用長靴を上手に活用してみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版