就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の冬用帽子を準備しよう!選び方や初心者向けの作り方を紹介

幼児の冬用帽子を準備しよう!選び方や初心者向けの作り方を紹介

寒い季節になってくるとほしくなるのが冬用帽子。暖かい帽子をかぶるとホッとしますよね。子どもにもかわいい冬用帽子をかぶらせてあげたいと思っているママも多いと思います。そこで、快適な幼児向けの帽子を選ぶコツや簡単でかわいい帽子の作り方を紹介していきます。暖かくておしゃれな帽子で冬を乗り切りましょう!

幼児向け冬用帽子の選び方を知ろう

まずはサイズや防寒機能を調べよう

帽子を選ぶとき、ついデザインに目がいってしまいますが、まずはサイズをチェックしましょう。サイズが大きすぎたり小さすぎたりすると、すぐに脱げたり、きつくて子どもがかぶるのを嫌がったりします。

だいたいのサイズの目安は2歳で50~52cm、4~6歳で52~54cmです。子どもの頭囲のサイズをはかっておくと選びやすいですね。帽子のデザインや素材によってもかぶり心地が違うので、実際にかぶって選ぶのが一番です。

次に防寒性をチェック。冬は耳が冷たくなるので、耳まですっぽり覆ってくれるデザインだと暖かいですね。寒いときは耳まで覆えて、そうでないときは折り返しておけるデザインもあります。寒さに合わせて、お気に入りを選びましょう。

1人でかぶって脱げるものを選ぼう

帽子選びでは、サイズのほかにも、子どもが自分でかぶったり脱いだりしやすいことも大切です。子どもは大人より体温が高いので、外遊びで体を動かすと暑くなって帽子を脱ぎたがることもありますね。着脱しやすいものがおすすめです。

ボタンやタッセルがついているデザインもかわいいですね。手先が器用になってくる年齢なら、ボタンを止める練習になっていいかもしれません。子どもの成長に合わせて、ママが止めてあげたり、子どもに練習させたりするといいでしょう。

シンプルなニット帽やキャスケット、耳あてがついたものや、ネックウォーマーと一体になっているものなど、いろいろなデザインがあります。寒さや子どもの脱ぎ着のしやすさ、好みも考えて選ぶのがおすすめです。

コスパのよい冬用帽子でおしゃれ上手!

子どもにもおしゃれな帽子を選んであげたいけど、値段が気になりますよね。子どもは成長が早くすぐにかぶれなくなってしまうので、できればお手頃な値段でかわいい帽子を探せると嬉しいですね。

そこでチェックしたいのが3COINSやダイソーです。意外かもしれませんが、かわいい帽子がたくさんあるのです。

ベレー帽やフライトキャップ、シンプルなニット帽やポンポンのついたニット帽、キャップなどデザインもいろいろあって、素材もニット以外にベロアなどもあります。いくつかお店を見てみると、いろいろなデザインや素材のものから選べるでしょう。

値段もとてもお手頃なので、色違いで揃えたり、兄弟でお揃いにしたりと楽しめそうですね。

成長のきっかけの子どもの“やりたい”が見つかる習い事を見つけよう

PR

「幼児教育」「水泳」「体操」「英語」など、子ども向けの教室は多様にある中で子どもに合った教室を見つけてあげたいとスクール探しに悩んでいるママも多いかと思います。今回は、子どもの持つ「個」を大切にしたプログラムを組む『仙台YMCA』をご紹介します。

幼児向けの冬用帽子を作ってみよう

初心者向け「ゴム編みニット帽」

「市販の帽子もいいけれど、今年は手作りに挑戦してみよう!」と思っているママもいるでしょう。手作りしたものには温かみがありますよね。手作りならサイズや色も子どもに合わせて選べます。

かわいい帽子を作ってあげたいけれどあまり器用ではないと思うママなら、初心者でも簡単に作れそうなゴム編みのニット帽をおすすめします。

ゴム編みは、棒針編みの編み方の一つで、表編みと裏編みを交互に繰り返していきます。編んでいくと縦に筋のような模様ができます。伸縮性がいい編み方なのでかぶりやすく、シンプルな形なのでどんなファッションにも合わせやすいですよ。

毛糸の太さや色によってできあがりの印象が大きく違ってくるので、毛糸選びも楽しいですね。

ちょこんとかわいい「どんぐり帽子」

本物のどんぐりの帽子のような形のどんぐり帽子は、かわいらしい子どもにぴったりです。ちょこんと頭にかぶると、子どもの愛らしさが一層引き立ちます!

こちらはかぎ針編みで編んでいきます。初めて編む場合は慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫です。

かぎ針編みはかぎ針一本で編んでいけるので、棒針編みより編みやすいと感じるママもいるでしょう。編み上がりは、かぎ針編みの方がすこしかっちりした感じになりますが、毛糸の太さや種類で雰囲気が変わってきます。

ちょっと難しく感じるかもしれませんが、編み方の動画もたくさんありますし、編み物の本も参考になります。子どもが帽子をかぶった姿を想像しながらがんばってみませんか。

どんぐり帽子の編み方【かぎ針編み】crochet acorn cap ☆English subtitle☆

リバーシブルの「フライングキャップ」

耳をすっぽり覆う形のフライングキャップは寒い冬にぴったりですね。もともとは飛行機乗りがかぶっていた帽子で、たれ耳の犬のようにも見えて、子どもがかぶるとかわいいです。

リバーシブルで作ると表と裏で楽しめます。形はシンプルなので、お気に入りの布を選んで作りましょう。布は少し伸縮性があるものを選ぶ方が頭にフィットします。

作り方は、型紙に合わせて生地を2枚裁ち、表と裏の帽子を二つ作って、最後に二つを縫い合わせます。生地に刺繍したり、ワンポイントの飾りをつけたりするとアクセントになってかわいいです。

フリースやボアで作るとモコモコしてかわいらしく暖かいですし、フリースは切りっぱなしでもほつれてこないので扱いやすくておすすめです。

初心者ママ向け編み物の本を参考に!

32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND