就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の安全のために地震に備えよう!対策や怖がるときの対応について

幼児の安全のために地震に備えよう!対策や怖がるときの対応について

地震大国である日本では、いつどこで大きな地震があるかわかりません。特に幼児がいる家庭では地震に対する備えをしておきたいところです。実際に地震が起きたときにはどのように対策したらよいのか、幼児が怖がるときにはどのように対応したらよいのかを考えてみましょう。

幼児がいる家庭での地震対策のポイント

幼児が逃げられる安全な場所を作る

大きな地震が起きたときに安全な場所は確保できていますか?幼児がいる家庭では物が倒れてきても大丈夫な場所や、何も倒れてくる心配のない安全な場所を確保しておきたいところです。

一般的に地震が起きたときには、机の下などに隠れるように指導されています。これは、棚が倒れたり、照明器具が落ちてきたりする可能性があるので、頭や体を落下物から守るためです。

大きな地震はいつ突然くるか分かりません。いざ地震が起きて机の下に隠れようとしたときに、物やイスですぐに入れない状態では安全とはいえません。

地震が起きたときに机の下を子どもが隠れる場所と決めるのであれば、すぐに机の下にもぐれるように整理整頓をしておく必要があります。

家具や食器棚の扉を固定する

大きな地震が起きた場合、タンスなどの家具が倒れることに注意が必要なだけでなく、食器棚からお皿が落ちて怪我をするという危険性も考えておく必要があります。

子どもが安全に隠れられる場所を確保するのと並行して、家具や食器棚の扉を固定して危険性を減らしておきましょう。

タンスなどの大型家具は天井との間につっかえ棒を取り付けたり、壁と家具に金具を打ち付けたりして固定することができます。

食器棚については閉めた状態のときには地震がきても開かない状態にしておきたいところです。地震用の扉ロックを使えば開け閉めも簡単なのでおすすめです。

そのほか割れものや重いものは上の方に置かないようにしたり、小物の数を減らしたりして対策するようにしましょう。

窓ガラスの飛散防止をする

地震の振動によりガラスの許容応力を超えると、窓ガラスが割れて飛散してしまう危険性が考えられます。飛散したガラスが直接体に当たったり、誤って踏んだりすると子どもが大怪我をしてしまうかもしれません。

地震が起きたときにまずは窓の近くには近寄らないようにしておくことはもちろんですが、窓ガラス自体にも飛散防止対策をしておくとさらに安心です。

ホームセンターの地震対策グッズの中に、窓ガラス飛散防止用フィルムが見られるようになってきました。実証実験により物理的な衝撃を与えて窓ガラスを割っても、破片が飛び散らない特殊なフィルムになります。簡単に窓ガラスに取り付けできるものが多いので、ぜひ検討してみてくださいね。

避難生活で必要になる備蓄品を準備しよう

避難するときの持ち物と備蓄品リスト

いざ地震が起きるとすぐに避難しなければならない場合があるかもしれません。避難するときの持ち物はまとまっているでしょうか。

避難するときの持ち物は一つにまとめてリュックなどに入れておけば、すぐに持ち運びできるので準備しておくことをおすすめします。では、リュックの中にはどのような備蓄品を入れておくとよいでしょうか。

備蓄品には大きく分けて次のようなものが挙げられます。非常用の水や食料、下着などの着替え、歯ブラシなどの日用品、ティッシュなどの衛生用品、懐中電灯などの防災用品などは家族全員で必要です。

幼児のための備蓄品としては抱っこ紐、おむつやおしりふき、ミルク、着替えなどを準備しておきましょう。母子手帳もすぐに持ち出せるようにしておくとよいですね。

非常袋はママが背負って重さの確認を

地震が起きたときの備蓄品はリュックや非常袋にひとまとめにしておくことが大切です。しかし、地震を想定すると色々なものが必要となるので、ついつい備蓄品は多くなってしまいます。

いざ避難しようとしたときに、リュックや非常袋が重すぎて持てないということがあっては元も子もありません。必ずリュックや非常袋はママが背負ってみて、事前に重さの確認をしておきましょう。

特に非常用の水は持てる限り持っておきたいところですが、500mlの水は10本持てば5kgの重さになります。乾パンなどの非常食の重さも考慮すると、ママが持てる量には限りがあります。ほかの備蓄品とのバランスを取りながら、非常用の水の量を調整してくださいね。

備蓄品は定期的にチェックをする

備蓄品の水や食料は非常用のため長期間保存できるものが多いのですが、それでも消費期限が存在します。地震で非難したときに消費期限切れで使用できなかったのでは意味がありません。

また、子どもの成長に合わせて必要なものは変わってきます。着替え用の下着や洋服は成長とともに大きくなりますし、おむつやミルクは卒業しているかもしれません。

備蓄品は定期的にチェックしておきましょう。現状に合ったものと古くなったものを交換しておくことが大切です。

チェックの頻度としては、季節が大きく変わる半年に1回程度を目安に備蓄品の入れ替えをしておくことをおすすめします。冬場であれば防寒対策を用意し、夏場であればタオルなどを増やすなど季節に合った備えをしておくとよいでしょう。

幼児と地震に備えて避難訓練をしよう

地震が来たらどうすべきか教える

子どもが地震が起きたときの行動をまったく理解できていないと、いざというときに危険な目にあってしまうかもしれません。実際に地震が起きたときにどのように行動すべきか、幼稚園や保育園に入園する前に教えておきましょう。

まず一番に教えておきたいことは頭や体を守るということです。特に頭は少しの衝撃で大怪我となる可能性があります。

地震が起きるとタンスが倒れたり、食器が落ちてきたりするかもしれません。落下物から身を守るために机の下などに隠れることを教えましょう。

地震が起きていないときに言葉でしっかり伝えたり、地震が起きたときを想定して練習したりしてみてください。また、実際に起こる小さい地震のときでも、子どもと一緒に机の下に隠れるようにしましょう。

避難所までの道のりを確認する

自宅からの最寄りの避難所がどこにあるかご存知でしょうか。小・中学校の体育館や地域センターなど、お住いの地域ごとに避難所が設定されているはずです。

避難所に設定されている場所は耐震補強工事を施してあり、ある程度の人数を受け入れられる安全な場所です。

地震が起きて万が一自宅にいることが危険なときには、急いで避難する必要があります。そのときにどこが安全な場所なのか把握していないと行き場に困ってしまいます。

地震が起きる前に避難所までの道のりを確認しておきましょう。自宅から避難所までの位置関係だけでなく、移動ルートについても把握しておくことが大切です。

実際に子どもと一緒に散歩がてら歩いてみて、安全で最短のルートを確認してみることをおすすめします。

地域の防災訓練に参加して学ぶ

お住いの地域によっては定期的に防災訓練を行っています。自治会など地域のコミュニティによって様々ですが、地域の防災訓練に参加して学ぶことはママにも子どもにもよい経験となるはずです。

地域の防災訓練では地震発生時の避難訓練だけでなく、火事が起きたときの消火訓練やAEDの使用訓練など、ママだけではなかなか行うことができない訓練を体験できます。

地域の防災訓練に参加することで地震発生時のイメージを作ることができますし、安全に対する意識も高めることができます。

また、地域住民とのコミュニケーションを取る機会にもなりますので、地域の輪を広げることができます。ママや子どもの顔を覚えてもらうことで、いざというときの助け合いにもつながりますよ。

幼児に説明しやすい地震の絵本はあるの?

低年齢でもわかりやすい地震の絵本

低年齢の幼児に言葉で地震のことを教えるのはまだまだ難しいかもしれません。そこで、幼児に地震のことをわかりやすく教えるのには絵本を読んであげることが効果的です。

低年齢の幼児向けに作られた地震の絵本はまだまだ少ないのですが、そのなかでも「ぐらぐらゆれたら だんごむし(おやこでまなぼう!防災しかけ絵本)」はおすすめです。

この絵本はかわいい動物のキャラクターが多く登場し、子どもにも読みやすい絵本ですので、楽しみながら地震について理解を深められるでしょう。

地震が起きたときに「だんごむしのポーズ」で頭をしっかり守るということを教えることができます。公園にいるときやお風呂に入っているときなど、ケーススタディもできるのでわかりやすいですよ。

地震が来たときどうすべきか学べる絵本

ママが常に子どものそばにいるというわけではありません。また、自宅にいるときに地震が起こるとも限りません。もし、子どもがひとりのときに地震が起きたらどうすべきかを子どもに教えておきたいですよね。

「じしんのえほん こんなときどうするの?(地震防災えほん)」は、年齢が少しあがってきた子どもにおすすめの絵本です。地震のプロが監修し、とても丁寧に地震が起きたときにどう行動すべきかを描いています。

ブロック塀が倒壊する危険性や、海や川の近くにいるときの危険性などを絵と言葉で学ぶことができます。絵本を読むことで「自分の身は自分で守らなくてはいけない」ということを、子どもが考えるきっかけになるとよいですね。

津波や火災の危険も絵本で説明を

2011年の東日本大震災の津波による甚大な被害は、2019年現在も爪痕を残しています。また、1923年の関東大震災では、亡くなった方の多くは火災によるものだっといわれています。

地震による危険は揺れることだけではなく、二次的な危険にも注意が必要です。津波や火災といった二次災害についても、子どもに絵本で説明をしておきましょう。

「はしれ、上へ! つなみてんでんこ」は地震であっという間に津波が押し寄せることを描いています。東日本大震災の実話を基にしている絵本ですので、リアルな津波の怖さを理解できる絵本です。

火事については「火にきをつけて、ドラゴンくん」がおすすめです。ドラゴンと女の子が火事になったときの対応法を教えてくれる絵本です。

幼児が地震を怖がるときはどうするの?

被災していなくても地震がストレスになる

大きくて怖い地震を体験すると、大人でもトラウマとなり地震への恐怖感がストレスとなることがあります。子どもの場合は精神的に大人よりストレスを感じやすいので、恐怖感を取り除けるようにフォローをしてあげましょう。

ただし、地震をストレスに感じるケースは実際に被災した場合だけではありません。地震の体験だけではなく、被災していなくても地震がストレスとなってしまうことがありますので注意が必要です。

地震の映像はテレビだけでなく、パソコンやスマートフォンでも簡単に動画が見られるようになりました。地震のことを知るために便利ではありますが、地震の映像に触れすぎてしまうと子どもにはストレスとなってしまうことがあるのです。

ママは子どもの気持ちに共感して寄り添う

地震が起きていないときでも子どもが地震を怖がったり、小さい地震にも異常に怯えてしまったりするときにはどうしたらよいでしょうか?

「いつまでも地震なんか怖がってどうするの」と突き放してしまうと、さらに子どもの気持ちは不安定になってしまうかもしれません。

ママは子どもの気持ちに共感して寄り添うことが大切です。「地震がきたら揺れて危ないね」「突然くるからびっくりしちゃうよね」と、子どもの気持ちをくみとった言葉をかけてあげましょう。

そして、「ママが近くにいるから大丈夫だよ」と声をかけてあげることで、「自分のことをママは理解してくれているので大丈夫だ」と感じ、心を落ち着かせて安心することができるはずですよ。

怖がるのが続くようなら専門家に相談を

子どもが地震を怖がるということはよくあることですが、あまりにも怖がるのが続くようであれば、一度専門家に相談をしてみてもよいかもしれません。

実際に地震で被災した方の中にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまう方もいます。PTSDとは実際に心に受けた強いショックを、時間が経った後にも思い出しストレスを感じてしまう症状です。

PTSDにかかると恐怖体験がフラッシュバックして、急に怒りやすくなったり、怯えたりしてしまうことがあります。特に子どもは地震で強いストレスを感じることにより、大人以上にPTSDになりやすいので注意が必要です。

地震が起きていないのに怖がり続けたり、よく眠れなかったりするようであれば専門家に相談してみてもよいでしょう。

まとめ

地震はいつどこで起こるか分かりません。大きな地震が起きたときにどう行動すべきかは、実際に地震が起きる前に準備と対策をしておくことが大切です。

特に、子どもには地震が起きたときに、机の下にすぐ隠れるなど「自分の身は自分で守る」ということを教えておきたいですよね。

地震のことを子どもと一緒に学ぶには絵本が便利です。ママと一緒に地震に関する絵本を楽しく読んで、地震が起きたときにどうすればよいのか、どんなことが危ないのかを話し合ってみるようにしましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj