就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

離婚を考えるすれ違い夫婦のママへ!後悔しないためにやっておくこと

離婚を考えるすれ違い夫婦のママへ!後悔しないためにやっておくこと

子どもへの影響や適切なタイミングを考える

子育て中のママが離婚を考える場合、もっとも気になるのは子どもへの影響ではないでしょうか。

子どもにとって両親はどちらもかけがえのない存在です。仮に、子どもの世話をまったくしないパパであっても、パパがいなくなると「悲しい」という気持ちになり、「ママもいなくなるのではないか」という不安を感じることがあります。

また、離婚によって姓が変わったり住居が変わったりすると、環境の変化に対応できず情緒不安定になったり、分離不安になったりすることもあるようです。

子どもが乳児であれば離婚による心理的な影響はほとんどありませんが、ある程度成長すると必ず影響は残ります。離婚する場合は子どもへの影響が少ない方法とタイミングを考えるとよいでしょう。

離婚がベストな判断なのか自問自答する

夫婦喧嘩や気持ちのすれ違いが続いていると、「一日でも早く離婚したい」「一緒にいても幸せになれない」という気持ちが強くなることもあるでしょう。

しかし、離婚をすると生活環境が大きく変わるため、住む場所や金銭面で困ったり、子どもと離れて暮らすことになったりするかもしれません。勢いで離婚すると後悔することが多いので、ひとまず「離婚がベストなのか」を自問自答してみましょう。

離婚について考えるのは、睡眠不足になっているときや疲労が溜まっているときは避けましょう。このようなときは、考え方がネガティブになりやすく、冷静な判断ができない可能性があります。

また、離婚がベストだと判断したときは、離婚の準備をある程度整えてから切り出すとよいでしょう。

まとめ

異性問題や金銭トラブル、DVなどがある場合、できるだけ早く離婚したほうがよいかもしれません。しかし、すれ違いだけが問題の場合、結論を急ぐと後悔するケースが多いようです。

離婚という結論ありきで考えるのではなく、カウンセリングを受ける、近距離別居をするなど、離婚以外の選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

また、離婚を決断したときは子どものへの影響を考え、離婚後の生活環境が大きく変わらないよう配慮するなど、しっかり準備してから切り出すようにしましょう。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版