就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティショーツは履き心地重視!探し方とおすすめブランドを紹介

マタニティショーツは履き心地重視!探し方とおすすめブランドを紹介

ここでは、履き心地のよいマタニティショーツを「探すときのポイント」と、マタニティショーツを販売している「おすすめのブランド」について紹介しています。履き心地がよく、自分好みのマタニティショーツを選んで、快適なマタニティライフを過ごしましょう。

マタニティショーツを探す際のポイント

マタニティショーツはいつから必要?

マタニティショーツは妊娠4、5カ月から使い始めることが多いですが、妊娠初期からの使用もおすすめです。普通のショーツではゴムの部分がきつくなるので、マタニティショーツに変えたほうが快適に過ごせますよ。

もちろん普通のショーツでもゴムの位置を下にずらすことで、お腹が大きくても履くことはできます。しかし、ショーツのゴムや履き心地やお腹の冷えなどの違和感が出てくることが多いです。

また、お腹が大きくなるのと同時に、腰回りや太もももサイズアップして、普通のショーツではお腹以外もきつくなってきます。マタニティショーツはママやお腹の赤ちゃんに負担のないように作られているショーツなので用意しておくほうがよいでしょう。

形は深履きとローライズの2タイプ

マタニティショーツの形は大きく分けて「深履き」と「ローライズ」の2タイプがあります。深履きタイプのほうがお腹をすっぽりと覆うことができて安心感があり、また冷えの予防にもなるので一般的です。冬はもちろん、夏でもなるべくお腹は冷やさないようにするのがベターです。

一方、ローライズタイプのほうは、妊娠によって肌が敏感になっていたり、お腹を覆われる感触が苦手だったりという方に人気があります。臨月になるとマタニティショーツのゴムでもきつく感じることがあるので、締め付け感が苦手な方にもおすすめです。

妊娠中期~後期は深履きタイプ、臨月や産後はローライズなどというようにお腹の大きさや体調に応じて二つのタイプを使い分けてもよいですよ。

機能性や素材は妥協せずに吟味しよう

マタニティショーツにはマタニティのための機能が盛り込まれています。とくに重要なのはママの体型の変化に対応できる履き心地(フィット感)ですが、それ以外にもチェックしたい機能があります。

たとえば、マタニティショーツでは「クロッチ」と呼ばれる股下の生地が2重になっている部分が白かごく淡い色合いになっていることが多いです。それは、妊娠中はおりものの色や状態、血が混じっていないかなどを観察しやすくするためです。

マタニティショーツにおすすめの素材は「綿」です。綿は吸湿性や通気性に優れています。

生地に伸縮性のあるものを選ぶときは、ナイロンやポリウレタンなどの化学繊維よりも、綿素材で編み方によって伸縮性を出しているものが安心ですね。

【先輩ママに聞きました】マタニティ期のショーツ選びで優先したことはなんですか?

先輩ママたちがマタニティショーツを選ぶときに最も重視したことはどのようなポイントだったのか、また実際にマタニティショーツを履いてみて感じたことや良かったことについて聞いてみました。※テニテオ調査(n=50)

「素材」と回答したママの体験談

  • 股上が深く、素材もオーガニックコットンを選んでいたのでとても履き心地が良かったです。お腹が大きくなってきてからは、安定感も必要なのでマタニティショーツでホールドされている感じがあり、腰が痛くなるようなこともありませんでした。
  • 大きくなってきたお腹まですっぽりガードしてくれるので冷え防止になります。またデリケート部分があたる箇所は白地になっており、おりものの変化=体調の変化がわかり易いです。

「形」と回答したママの体験談

  • お腹全体が覆われるマタニティショーツを使用していました。普通のショーツは締め付けが気になりましたが、マタニティショーツは締め付け感がなく、違和感なく履けてよかったです。
  • ゴムの部分がお臍より上にあるのでお腹の圧迫が少なく、とにかく楽になります。また私はサラシを巻いていたのでショーツで覆うことが出来、外れるのを防止できました。

「買っていない」と回答したママの体験談

  • 出産経験のある友人に聞いて、マタニティショーツではなく、綿100%のサイズが大きめのショーツを買ってはいていました。
  • 普通のショーツで出産まで過ごしました。お腹は腹巻で温めて、ショーツはお腹の下でいいかなと思いマタニティ用のショーツは購入しませんでした。

■編集部コメント

マタニティショーツを選ぶときに素材を重視したママが、半数を占めました。お腹が大きくなってくることがママのストレスにつながることもあるので、肌触りが良くて履きやすい素材のショーツを快適なマタニティライフのためにいくつか用意しておくと良いでしょう。

3割弱のママは、マタニティショーツの形を優先していたこともわかりました。何よりもお腹全体をしっかり包んでくれる形のショーツは、ママのお腹を冷えからしっかり守ってくれるので安心ですね。

次のコーナーでは、マタニティショーツを取り揃えているマタニティ専門ブランドについてご紹介します。
45 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版