就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ウォーキングとママチャリの比較!両方知って自分に合う方を選ぼう

ウォーキングとママチャリの比較!両方知って自分に合う方を選ぼう

「ウォーキングダイエットとママチャリダイエットって、どっちが効果があるのかなあ」そんな風に迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。確かに両方とも効果がありそうですが、同じやるならより楽しく気軽にできた方がよいですよね。この記事ではそれぞれのダイエットのやり方と効果について詳しくご説明します。

始める前に知りたい!歩きと自転車の比較

ダイエットに効果的なのはママチャリ

ウォーキングでも肥満の防止にはなりますが、よりダイエットに効果的なのはママチャリです。

「自転車をこぐだけで本当にダイエット効果があるの?」と思われるママもいるでしょうね。さすがにランニングよりは低いのですが、実はウォーキングよりもママチャリの方が消費カロリーは高いのです。

・体重50kgのママが30分ウォーキングをした場合の消費カロリーは80~120kcal
・体重50kgのママが30分自転車をこいだ場合の消費カロリーは100~200kcal

意外なデータだと思いませんか。体重や時間が多ければ多いほど消費カロリーに開きが出てきます。運動をすれば血流が上がりますが、ママチャリはウォーキングの4倍の血流速度になるので有酸素運動にはもってこいですね。

忙しいママでも始めやすいのはウォーキング

自転車に乗れるママならママチャリダイエットが効果的ですが、自転車に乗れないママでもウォーキングならすぐにでも始められますね。

運動が苦手な人でも自分のペースで歩けるウォーキングは一番基本的な有酸素運動です。ランニングや水泳などの運動と比べてウォーキングは、体への負担も少なく、基礎代謝を上げる効果があるうえに心肺機能も上げる運動なのです。

家事に育児に何かと忙しいママがダイエットの時間を作るのはなかなか難しいのですが、ウォーキングであれば買い物のときに歩いたり、駅までのバスに乗らずに歩いたりすれば時間を作ることができます。通勤をしているママなら、目的地の駅の一つ手前の駅で降りて歩くというのもいいですね。

自分のライフスタイルに合う方に挑戦しよう

同じ距離を移動するなら自転車よりも徒歩の方が消費カロリーは大きいので、ダイエットのことを考えると徒歩の方が効果的といえます。同じ時間を費やすなら、自転車の方がより消費カロリーが大きくなります。

ダイエットにチャレンジするママが、時間に余裕があるのならママチャリダイエットがより効果的になりますし、時間を作るのが大変で運動が苦手なママであればウォーキングがベストといえるでしょう。

自分に合わないダイエットは無理がありますので長続きしません。気軽に楽しく長続きできるのがよいダイエット法といえますので、ウォーキングダイエットでもママチャリダイエットでも自分のライフスタイルに合ったダイエット法にチャレンジしてみましょう!

ウォーキングダイエットの効果とやり方

歩くだけでもたくさんの効果が得られる

ウォーキングにはたくさんの嬉しい効果があります。

まず街や自然の中を歩くことによって、ふだん家にいることが多いママも外からの刺激を受けてストレス発散になるでしょう。このことにより、気分がリフレッシュできる効果があります。

またウォーキングは有酸素運動ですので心肺機能を向上し、基礎代謝を上げます。継続すれば体力面のアップも期待できますよ。

さらに外に出ることにより脳がさまざまな刺激を受けて、記憶力や集中力が向上する効果も。ウォーキングで頭も鍛えられるとは意外ですが、嬉しい効果ですよね。

そして体脂肪を効率的に燃焼させることによって、ママ本来の目的であるダイエット効果が得られるのです。そのためには正しいウォーキング方法を取得する必要があります。

正しいウォーキングのやり方を知ろう

まずは歩くときの姿勢が重要です。背筋と首筋を伸ばしアゴを軽く引き、お腹を引っ込めておしりの筋肉を引き締めるようにします。

次に歩くときの足裏の使い方です。踏み出した足を降ろすときにはかかとから着地し、指の付け根、足指の順に地面に接するようにします。体重移動はかかとから着地し、つま先(親指)で蹴り出す要領となります。

また歩幅は広く取りましょう。ふだん私達が歩くときには歩幅は狭くなりがちです。ウォーキングのときには広めの歩幅を意識して少しスピードを上げて歩くようにしましょう。

さらにリズミカルな歩行をするために、ひじを90度に曲げ軽くこぶしを握り大きく腕を振って歩きましょう。このとき呼吸は吸うよりも吐く方を長くすることを意識してください。

毎日20分でもよいので継続することが大切

ほかの運動をするときとは違い、ウォーキングの場合は息が切れたり筋肉痛になったりすることは少ないでしょう。その点ではウォーキングは長続きしやすい運動といえます。

目標を達成しようとする場合は毎日継続して行うことが重要です。有酸素運動として効果あるものとするには、毎日20分はウォーキングを続けましょう。

脂肪燃焼効果を高めるため30分、1時間とウォーキングするのは、ふだんあまり運動をしていないママには負担が大きすぎます。毎日気軽に20分をめどにウォーキングするのが、挫折することなく長続きできるコツなのです。

もちろん慣れてくれば時間を延ばす、坂道にチャレンジするなど変化をつけてもよいでしょう。楽しいウォーキングで体と心をリフレッシュしましょう!

ママチャリでダイエットをする方法とは

自転車でダイエットをする場合の効果

まず自転車でダイエットする場合の効果として、足腰が鍛えられるほかにお腹周りがスマートになることが挙げられるでしょう。姿勢よく自転車に乗ることで、お腹が引っ込んだ状態を保つため腹筋と背筋に効果があるのです。

次に体のバランス感覚を高めることです。自転車を軽快にこぐのはバランス力が必要になります。外で自転車をこぐことによってバランス感覚が高まるのです。

またバランスよく自転車をこぐためには、脳でさまざまな情報を処理しなくてはなりません。脳が活性化することで集中力がアップする効果が見込まれます。

さらに体も脳も適度な疲労感を感じることにより、寝つきがよく質のよい睡眠をとることができます。新陳代謝が活発になるので美肌効果も期待できますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC