就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもへ読み聞かせはメリットがたくさん!おすすめ絵本を紹介

子どもへ読み聞かせはメリットがたくさん!おすすめ絵本を紹介

絵本の読み聞かせは、子どもにどんなよい影響を与えるのでしょうか。絵本の効果的な読み方やコツも合わせてまとめてみました。また、読み聞かせをするのにおすすめな絵本を1歳から6歳までの年齢別に紹介しましたので、絵本選びの参考にしてみてくださいね。

読み聞かせの効果、読み方やコツを紹介

絵本は親子のきずなを深める道具

絵本の読み聞かせは、子どもによい影響を与えると聞きますね。しかし、「子どもの教育のために、しっかりと読み聞かせねば」などと意気込んでしまっては空回りになるかもしれません。

子どもが小さいうちから「親子で一緒に楽しむことができる」のが絵本の読み聞かせです。一緒に読むことで親子がふれあい、一体感を感じることができるので、きずなを深められます。

絵本を開くときのワクワクした気持ちや、次はどうなるのかといったドキドキした気持ち、声に出したときの音の楽しさを大人も一緒に楽しみましょう。

子どもは、パパやママが本を楽しんでいる様子を敏感に感じ取るので、「本は楽しいな」という気持ちを育てることにもなります。

子どもの脳や心にたくさんの効果あり!

パパやママの声は、子どもの心を落ち着かせる効果があるといわれます。絵本のリズムよい言葉や文章を聞いている子どもたちは、とても心地がよいことでしょう。

さらに、子どもからの「この絵本を読んでほしい」という要求に答えたときには、子どもは「自分のために読んでくれている」という幸福感を得ることができます。

ある研究では、読み聞かせ中の子どもの脳では、喜怒哀楽を生み出す大脳辺縁系が活発になるということが分かっています。情緒豊かな子に育てるためにも読み聞かせはよい効果をもたらしてくれます。

また、いろいろな物語の主人公の気持ちを通して、やさしさや、悲しさ、楽しいことや辛いことなども疑似体験することができ、豊かな感受性をはぐくめます。

絵本の効果的な読み方やコツを紹介

絵本を読むときには、紙芝居を読むように向かい合うのではなく、子どもを膝の上に乗せて読むことをおすすめします。子どもはパパやママの体温を感じることができ、声の響きも体から振動で直接伝わりますので、安心して絵本の世界に入り込めます。

読み方としては、絵本に書かれている言葉を大切に読むことがよいようです。面白くしようと無理やりオーバーにしたり、アドリブを入れたりといった演出をしなくても十分楽しむことができます。

読み聞かせた本に興味がなさそうなときには、無理をしないでおきましょう。絵本にもいろいろなジャンルがありますので、図書館や書店で一緒に絵本を探してみると、お気に入りが見つかるかもしれません。

1~3歳の子に読み聞かせたい絵本

【1歳】 大好き!「だるまさんシリーズ」

だるまさんシリーズは「だるまさんが」「だるまさんと」「だるまさんの」の3冊です。どれも、みなさんがよく知っている「だるまさんが...」のリズムが繰り返し出てきて、繰り返しが好きな1歳の子どもたちに大人気の本です。

音の面白さもあり、読んでいるママも楽しい気分になれます。また、意外なだるまさんの姿に、声を出して笑いたくなったり、びっくりしたりすることも。どんどん真似もしたくなってしまいます。ページをめくるたびにわくわくする絵本です。

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3冊化粧ケース入り)

2,754
だるまさんシリーズ「が・の・と」(3冊化粧ケース入り) - かがくいひろし - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

【2歳】ロングセラー「ぐりとぐら」

ママたちも小さいころに読んだ人は多いのではないでしょうか。青い服をきた「ぐり」と赤い服をきた「ぐら」の絵本です。

仲よしのふたりは料理が大好き。おおきな卵をみつけて、知恵を絞ったり協力し合ったりして、黄色くてふんわりした大きなカステラをつくるお話です。小さな野ねずみたちが大きな卵や道具をつかって料理をする様子はかわいらしく、自然と応援したくなります。

出来上がったおいしそうなカステラは、森の動物たちと一緒に食べたくなりますよね。「ぼくらのなまえは ぐりとぐら~」といいリズムの部分が繰り返し出てくるので、子どもたちもすぐに覚えてしまうようです。

ぐりとぐら (ぐりとぐらの絵本)

972
ぐりとぐら - 中川李枝子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

【3歳】思いやりのいす「どうぞのいす」

「どうぞのいす」は、うさぎさんが椅子に座っている表紙がかわいらしい絵本です。うさぎさんが作って置いた小さな椅子に、いろいろな動物たちがやってきます。椅子の上に置かれたものを「どうぞならばいただこう」と食べますが、「からっぽなのはおきのどく」とまた新しいものを置いていきます。

動物たちの思いやりが繰り返されて、読んだ後とてもやさしい気持ちになる絵本です。このお話は、保育園や幼稚園の演劇発表会などで題材になることがあります。

お友達と触れ合うことに興味がでてくる3歳くらいの子どもたちに、他人を思いやる気持ちを教えてくれる絵本です。

楽天ブックス: どうぞのいす - 香山美子 - 9784893252500 : 本

1,080
どうぞのいす - 香山美子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

4〜6歳の子に読み聞かせたい絵本

32 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版