就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

10カ月の赤ちゃんの特徴を知ろう!栄養の摂り方と遊びのポイント

10カ月の赤ちゃんの特徴を知ろう!栄養の摂り方と遊びのポイント

生後10カ月の赤ちゃんの、体重や身長の平均、発達の目安などが気になるママも多いことでしょう。ここでは、基本的な発達の目安についてお伝えしたあとに、気になる離乳食やミルクの与え方、遊び方のポイントなどを紹介します。この時期の発達の特徴を知って、赤ちゃんを危険から守ってあげましょう。

生後10カ月ころの赤ちゃんの特徴とは?

赤ちゃん体型から幼児体型に

生後10カ月ころの赤ちゃんは、赤ちゃん体型から幼児体型に変わってきて、赤ちゃんの成長が感じられる時期でもあります。

身長は66~77cmほど、体重は6.8~11kgほどになり、ふっくら丸っこい体型から、しっかりした体型になってきます。男の子は身長68.4~77.4cm、体重7.34~10.59kg。女の子は身長66.5〜75.6cm、体重6.86~10.06kgくらいが平均です。

また、生後10カ月ころになると、運動の量が増えてきます。しかし食事の量が増えるのはまだなので、体重の増加はゆるやかになります。この時期に体重が増えなくても、離乳食を全然食べない、とても機嫌が悪いなどの問題がなければそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。

知能が発達して感情が豊かになる

また、このころは知能が発達して感情が豊かになってきます。

例えば、拍手や「バイバイ」など、意思をともなった行動が増えてきます。また、「好き」「嫌い」の感情表現もはっきりしてきて、表情も豊かになってきます。

その一方で、人見知りが激しくなります。ママやパパ以外の人が抱っこすると嫌がって怒ったり、自分の思いどおりにいかないと泣くことが増えたりするかもしれません。

これらはすべて、赤ちゃんの成長の証です。また、言葉の理解もすすんで、簡単な言葉を覚えはじめます。コミュニケーション方法も多彩になって、かわいらしいしぐさも増えてきますよ。

赤ちゃんの動作に、身振り手振りや言葉で反応してあげると、赤ちゃんの理解もすすむので、ぜひたくさん反応してあげてくださいね。

言葉を理解し始める時期

言葉の理解が進む時期でもあります。「ママ」という言葉を「まんまぁ」などと表現したりします。そんなときは、返事をしたりコミュニケーションをとってあげると、赤ちゃんの成長がすすみますよ。

「ママ、お出かけの準備をするね」「一緒にお風呂に入ろうか?」など、赤ちゃんに積極的に話しかけたり、会話をして、コミュニケーション能力を育てましょう。赤ちゃんの言葉の理解も促進されますよ。

例えば、赤ちゃんが離乳食を食べているときに「おいしいね」と話しかけたり、「ばーぶー」「まんまー」などの、赤ちゃんのいろんな声に対して、「なあに?」「お腹すいた?」など、意図を汲み取って答えてあげるようにしましょう。

このころならではの赤ちゃんとのやり取りを、ぜひ楽しんでくださいね。

10カ月ころの赤ちゃんの栄養摂取の目安

ミルクや授乳の量と回数の目安

「離乳食を1日3回食べるようになったら、そろそろ卒乳なのかな?」と思うママもいますが、まだ授乳していても大丈夫です。

3回の食事で栄養がとれるようになるので、授乳の回数は減りますが、それと並行して、授乳で栄養補給するのもOKなのです。ただし、離乳食を食べる回数や離乳食への慣れなどによって、授乳の回数や量には個人差が出てきます。

生後10カ月ころの赤ちゃんの授乳量は、1日1,000mlほどが目安です。ただ、離乳食をたくさん食べる赤ちゃんは、これ以下の量に減らしましょう。授乳の回数は、ミルクであれば1日に2回が目安。母乳は赤ちゃんが欲しがったら与えればOKです。母乳は栄養源としてはもちろん、安心感を求めて欲しがることもあります。

離乳食の量と回数の目安

生後10カ月ころの赤ちゃんは、離乳食の後期にあたります。口の中で食べものをつぶしたり、咀嚼することに慣れてきたりする時期です。

ご飯:80~90g(子ども用のお茶碗に軽く1杯)
野菜・果物:30~40g
タンパク質:肉15g・魚15g・卵1/2個・豆腐45g・乳製品80g(いずれか一つ)

もっと詳しいことが知りたいママはネットで検索してみてくださいね。1日3回の離乳食のうち、1回くらい食べてくれなくてもミルクを飲んでいれば大丈夫です。食べる量が少ない回があっても、心配しすぎず、楽しく食事をしてくださいね。

あとは、タンパク質、ビタミン、炭水化物など栄養のバランスも意識しておきましょう。

寝る前のミルクはそろそろ卒業

寝る前にミルクを飲ませて寝かしつけをするのが習慣になっているママもいることでしょう。しかし、寝る前のミルクはそろそろ卒業しても大丈夫です。

離乳食を食べる量が少なかったり、母乳やミルクの量が少なかったりすると、赤ちゃんは夜に泣いてミルクを欲しがることがあります。そんなときは、母乳やミルクをあげれば赤ちゃんを寝かしつけることができます。

ただ、これが習慣化すると、夜泣きや虫歯の原因にもなるので、母乳やミルクをあげずに寝かしつけるようにすることも大切です。

また、1歳になるころには、就寝前に水などを飲ませるママもいると思います。ただ、トイレトレーニングを始める時期には、寝る直前の水分摂取は寝ている間の失敗につながりやすいので、控えるようにしましょう。

10カ月の赤ちゃんは好奇心いっぱい!

おもちゃをプレゼントして遊ばせてみよう

10カ月ころの赤ちゃんは好奇心いっぱいです。おもちゃで遊ぶことも、赤ちゃんにとってよい刺激になり「知育」の効果があります。

生後9~10カ月の健診では、赤ちゃんが積木を指でつまむことができるかなどを調べます。この時期の赤ちゃんは、手先がどんどん器用になります。積木や大きいサイズのブロックは手先や指を使って遊ぶので、脳にもよい影響がありますよ。

また、叩くだけで音が出るピアノや木琴、チャイムボールなどは操作が簡単なので、赤ちゃんでも楽しみやすいです。ティッシュの空き箱やボウルなど、家庭にあるものでも十分楽しめます。

ただ、小さいおもちゃや器具などは誤飲する恐れがあるので、十分に注意しましょうね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC