就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期に水遊びのすすめ!簡単おもちゃの作り方や水遊びの注意点

幼児期に水遊びのすすめ!簡単おもちゃの作り方や水遊びの注意点

暑い夏、水遊びを楽しみにしている子どもも多いことでしょう。なにげなくさせている水遊びは、冷たくて気持ちよいだけではないことをご存知でしょうか。特に幼児期から遊ぶことで、たくさんのメリットがあるのです。今回は水遊びの効果や、遊びを楽しくする手作りおもちゃ、遊ぶ上での注意点などご紹介します。

幼児期に水遊びをするとどんな効果がある?

五感を通して、子どもの感性が磨かれる

水遊びは気持よいだけではなく、冷たい水の感触や、太陽にキラキラ輝く水面、跳ねる水の音など、子どもの五感をたくさん刺激してくれる遊びでもあります。

幼児期に五感に多くの刺激を受けることは、脳の活性化を促します。そして感覚が研ぎ澄まされ、感受性が豊かになるのです。さらに豊かな感受性を持つことで強く心が動き、行動力にもつながるといわれています。五感を使って敏感に感じ取ることは、心の豊かな大人へと成長するための基礎になるのです。

子どもにとって、とても身近でありながら、飽きることなくさまざまな感覚を刺激してくれる存在、それが「水」なのです。水遊びは楽しみながら五感を刺激し、子どもの感性を磨くことができる遊びといえるでしょう。

自律神経の発達を促し、体力がつく

体温調節など、体の重要な役割を担う自律神経。子どものうちにしっかりと発達を促したいものですよね。そのためには睡眠、食事などの生活リズムだけではなく、運動や日光に当たることも、必要になります。

しかし夏の暑い時期に外遊びは心配ですよね。そんなときこそ涼しさのある「水遊び」をしてみてはどうでしょうか。肌への水の刺激も、自律神経を発達させる効果があるそうです。

また水の中は陸上と違い水圧があるため、動くことに力を使います。不安定な水の中でバランスをとるなど、普段使わない筋肉を鍛えることもでき、遊びながら体力アップも期待できます。とはいえ、水遊びは短時間でもたくさんのエネルギーを使いますので、長時間にならないよう注意しましょうね。

精神を安定させ、ストレス発散になる

さらに水遊びには、精神を安定させる効果があるといわれています。水遊びをすることで「セロトニン」という物質が分泌されるのです。セロトニンは別名「幸せホルモン」といわれ、沈んだ気持ちを解消したり、内臓の働きを活発化したり、安眠へ導いたりと、心身に安定を与える効果があります。

また水に触れたときの「気持ちよい」という感覚は、満足感を与えてくれます。そして水に浮くことで、開放感を思う存分味わえるのです。さらに体を動かして、楽しみながら体力を消費することは、ストレス発散にとても効果があります。

このように、水遊びは精神を安定させ、究極のリラックスをもたらし、ストレス発散にも効果がある遊びといえるでしょう。

手作りおもちゃで水遊びをしよう

牛乳パックで水中メガネ作り

ここからは、水遊びがもっと楽しくなるように、手作りおもちゃを紹介します。簡単に作れますので、工作が苦手という人でも安心してください。はじめは牛乳パックで作る「水中メガネ」です。

材料
・牛乳パック
・輪ゴム
・ラップ(透明なビニール袋でも)

きれいに洗った牛乳パックの口と底を開き、上下をハサミで切り取り筒状にします。筒の上下どちらか一方に、ラップをぴんと張りましょう。そしてラップを輪ゴムで、数か所固定すれば完成です。顔に水がかかるのが苦手な子は、筒を長めにすると怖くないですよ。またラップの包む範囲が小さいと、水が入り込んでしまうことがあります。できるだけ大きめのラップで、筒の長さの半分ぐらいまで覆うようにするとよいでしょう。

ペットボトルでスプリンクラー作り

次は、色々なところから水が噴き出す「スプリンクラー」を作ってみましょう。

材料
・ペットボトル(水圧がかかっても安定感のある、四角いペットボトルがおすすめです)
・ビニールテープ

きれいに洗ったペットボトルに、均等にビニールテープを巻いていきます。次に、キリで穴をランダムに開けましょう。あまり大きな穴だと噴射しにくくなるので、開け過ぎに注意してください。そしてペットボトルの口にホースを差し込み、ビニールテープで固定します。ホースから水を入れれば、ペットボトルスプリンクラーの完成です。巻き付けるビニールテープの色を可愛くしたり、穴のあける場所を考えて噴射する水の流れをデザインしてみたり、色々楽しんでみてくださいね。

ビニールシートでウォーターベッド作り

最後は、プルンプルンの感触に子どもも喜ぶ「ウォーターベッド」を作ってみましょう。

材料
・厚めのビニールシート
・クッキングペーパー
・ビニールテープ

ビニールシートを二つ折りにします。「わ」になった以外の3辺をクッキングペーパーではさみ込み、その上からアイロンで接着して袋を作ります。(後から水を入れるので、一カ所ホースが入る隙間をアイロンがけせず残しておきます。)アイロンをかけるときは、溶けたビニールシートがアイロンにつかないよう、はさんだペーパーの上から必ずかけましょう。次に、残しておいた隙間にホースを差し込み水を入れます。そしてホースを抜き、差込口をビニールテープでしっかり止めれば完成です。水に色をつけてもきれいですよ。

水遊びをする時に注意することは?

体調不良のときは水遊びを控えよう

子どもに大切な学びがある水遊び、楽しいおもちゃも準備して「さっそく遊ぼう!」というママもいるかもしれません。しかし楽しく安全に遊ぶためには注意点もあるのです。最後にそちらをお伝えします。

まず、子どもの体調をもう一度確認してみましょう。病気による明らかな体調不良のときはもちろんのこと、「目が充血している」「鼻水が出ている」「お腹が痛い」ときも結膜炎や風邪の前兆の場合がありますので、水遊びは控えましょうね。

また「食欲がいつもよりない」「寝不足」といった場合は、体力が落ちていることも考えられます。そのまま遊ばせると、思わぬけがにつながったり、風邪をひいてしまったりすることも考えられますので、我慢してもらいましょう。

日焼けと熱中症に気をつけよう

水遊びは涼しく、暑さを忘れて楽しめるものです。水に触れたりつかることで、肌への太陽の照りつけをあまり感じないかもしれません。

しかし水につかっている間も、肌はダメージは受けているのです。日焼け止めを塗ったり、日陰を作ったり、帽子やラッシュガードを着せたり対策を取りましょう。大人にはただの日焼けであっても、肌の敏感な子どもにとってはやけどと同じ症状になることがあります。十分注意しましょうね。

また水遊びをしていると、汗をかいていてもなかなか気づきにくいため、知らずのうちに脱水になってしまうことも。子どもは夢中になると喉の渇きを忘れて遊んでしまいます。必ず親が定期的に水分補給を促すようにしてください。

子どもから目を離さないようにしよう

水遊びをしていると、子どもだけで機嫌よく遊んでくれることが多いですよね。親にとっては、ひとときの休憩時間になるかもしれません。しかし水遊びには危険がつきものです。必ず子どもから目を離さないようにしましょう。

海や川などに限らず、お家でのビニールプールや浅くはったお風呂での水遊びのときも、同じくらい注意が必要です。子どもは、少しの水でも溺れる可能性があります。「インターホンが鳴った」「電話がかかってきた」など、ほんの一瞬でも危険が起こりうることを、しっかりと頭に入れておきましょう。

また、なにかあったときに「さっと手が差し伸べられる距離」にいることも、子どもを守るうえでは大切なことです。安全に楽しく水遊びをしましょうね。

まとめ

夏の水遊びは、とても気持ちがよいものです。水遊びには多くの学びがあることがわかり、関心が高まった人もいることでしょう。今年が水遊びデビューの子どもも、楽しんでもらえるとよいですね。

中には、水が苦手な子もいるかもしれません。そんなときは、手作りおもちゃなをぜひ活用してみてください。水が気持ちよいと感じることが、次へのステップにつながりますよ。

水遊びは子どもだけではなく、大人にとってもストレス発散やリフレッシュ効果があります。今年の夏、子どもと一緒に親も水遊びを楽しんでみませんか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018