就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児や育児の悩みを相談しよう!相談窓口と話すことの大切さについて

乳児や育児の悩みを相談しよう!相談窓口と話すことの大切さについて

子育てに悩みはつきものですよね。「育児のちょっとした悩みをだれかに相談したいな」「イライラしてしまって気持ちに余裕がないから、だれかに話をきいてほしいな」などの悩みを抱いたときに、気軽に相談できる窓口についてご紹介していきたいと思います。

乳児の健康や育児についての相談窓口

乳児の育児全般のこと【エンゼル110番】

「しゃっくりが続いているけれど、どうすればよいのかな?」「お肌のお手入れの仕方はこれであっているのかな?」など、育児をしていると小さな疑問がたくさん出てきますよね。

育児書を読んだりネットで検索したりしても、子どもの成長の仕方は千差万別なため、どの情報を参考にすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

妊娠中から就学前までのお子さんに関する無料の電話育児相談であれば「エンゼル110番」がおすすめです。森永乳業の委託を受けた森乳コミュニケーションが運営しているもので、赤ちゃんの授乳や食事、しつけ、発育などに関して相談できますよ。ただし、病気や治療に関するような具体的なものは対応できないようです。

栄養士さんと話せる【明治赤ちゃん相談室】

赤ちゃんが生まれたときから栄養状態に関して神経をすり減らしてきた、というママは少なくないでしょう。「きちんと母乳が飲めているのかな」「体重が増えていないから、ミルクを足したほうがよいのかな」「離乳食をあまり食べてくれないけれど、どう工夫したらよいのだろう」など、悩みは尽きませんよね。

「明治赤ちゃん相談室」では、0カ月から3歳までの赤ちゃんの食事や発育に関する相談だけでなく、妊娠中や産前産後のママ自身の栄養に関する相談についても電話相談に乗ってもらえます。

栄養士の資格を持った相談員の方にきいてもらえると、気持ちに余裕が持てるようになりますよ。ママの考え方や家庭ごとの個別の状況に配慮しながら相談に乗ってもらうことができます。

体調不良のときは【こども医療電話相談】

お子さんの急な発熱やケガをしたとき、平日の昼間であれば近くのかかりつけの先生に診てもらうことができますが、夜間や休日であれば対応に困ってしまいますよね。

「救急に対応できる病院を受診したほうがよいのだろうか」「もうしばらく様子をみたほうがよいのか」と、ぐったりしているわが子を前にママ自身もどうしたらよいのか途方にくれてしまうこともあるでしょう。

「こども医療電話相談」では、全国同一の短縮番号#8000をプッシュすることでお住まいの都道府県に自動転送され、そこで小児科医師や看護師からお子さんの症状に応じた対応方法や受診先の病院などについてのアドバイスをしてもらえますよ。発熱、嘔吐、けいれん、頭をぶつけたなど、判断に困ったときに利用しましょう。

ママ自身の心のケアが必要なときの相談窓口

女性専門の悩み相談【日本助産師会】

男性でも育休取得制度を利用する方も増え、育児に積極的に関わろうとする「イクメンパパ」が増えてきつつありますが、まだまだ出産や子育てに関して女性が担っている役割は大きいものですよね。

少子化、核家族化、家族や近所の方との関係の希薄化なども相まって、気軽に相談できる相手もなく、ママ1人でお産や子育てに関する悩みを抱えてしまうケースは少なくありません。

社会法人日本助産師会では「子育て・女性健康支援センター」を開設し、お産や子育てに関する悩みだけでなく、不妊や家族計画、婦人科の病気なども含む、女性の健康全般に関する無料電話相談を受けつけています。育児のことだけでなくママ自身の健康についても、必要なケアや指導を行なってくれますよ。

児童相談所につながる【189番】

待ちに待った赤ちゃんとの対面を果たしたのもつかの間、待ったなしにはじまる子育てにママは四苦八苦しますよね。「ママとしてしっかりこの子を育てなければ」と思う気持ちがある一方で、思うようにいかずに落ち込んだり、周りの人からの何気ない一言で傷ついたりすることも多々あるでしょう。

産後のママはホルモンバランスの影響から精神的に不安定になることが珍しくありませんし、真面目なママほどうまくいかない子育てに悩んでしまうものです。

「ついイライラして、子どもに手をあげてしまった」と自分を責める前に、児童相談所全国共通ナビダイヤル189番にて電話相談をしてみるとよいですよ。相談は匿名でもすることができるので、ご自身のSOSの声を届けてみてください。

ネット相談もできる【いのちの電話】

子どもの些細な失敗にイライラしてしまって落ち込んだとき、子どもに手をあげてしまったことなどで自責感情にとらわれたときに、周りに相談できる人はいるでしょうか。「ワンオペ育児」という言葉があるように、周りに頼る人もなく、孤独を感じながら子育てをしているママは少なくありません。

元気なときであれば気にもとめないほどの些細な悩みでも、ホルモンバランスが崩れていたり体調が悪かったりするときであれば自殺を考えてしまうケースもあるでしょう。産前産後の不安定な時期であればなおさらです。

「いのちの電話」は、さまざまな困難や危機にあって、自殺をも考えておられる方のためのフリーダイヤルです。ネットでも相談できますので、1人で悩まずに話を誰かに聞いてもらうとよいですよ。

相談するだけで気持ちが軽くなることも

地域の自治体なら顔を見ながら相談できる

だれかに自分の悩みを相談することはとても勇気のいることですよね。「こんな悩みを持っているなんて、ママ失格じゃないのかな」「自分がだめだといわれないかな」と悩みがどんどん膨らみ、自分では対処できなくなってうつ状態になってしまうママは少なくありません。

1人で悩みを抱えていると心理的に追い込まれ、いつしか現実よりも問題がどんどん大きなものに思えてしまうもの。心が悲鳴をあげる前に、少しだけ勇気を持って各自治体の相談窓口で話してみましょう。問題がきれいさっぱりなくなるわけではありませんが、解決の糸口が見つかるかもしれないですよね。

「こころの健康相談統一ダイヤル」での電話相談や、各自治体の「いのち支える相談窓口」にて直接話してみるとよいでしょう。

人に話すことで客観的に現状を把握できる

1人で悩んでいると負の感情のスパイラルにおちいり、なかなか問題が解決しないことがよくありますよね。パパや家族、親しい友人に相談できればよいのですが、「こんな悩みを相談して、相手の迷惑にならないかな」と悪い想像ばかりが浮かんでなかなか相談できないこともあるでしょう。

しかし、1人で悩みを抱えこんでしまう前にだれかに話を聞いてもらうことはとても大切なことです。甘いお菓子やショッピングなど、ストレスを発散する方法はほかにもありますが、人に悩みや不安を話してみることで気持ちがスッキリしますよ。

話していくうちに物事を客観的に見られるようになり、思いもよらない解決策が見つかるかもしれません。1人で悩む前に、周りの方に頼ってみることも、ときには必要ですね。

乳児のこと、1人で悩まず相談しよう!

赤ちゃんとの対面を心待ちにしてマタニティ期を過ごしていたママも、実際に子育てがはじまるとその大変さに驚かされたことでしょう。2〜3時間おきの授乳、おむつ替え、汚れた衣服の洗濯、夜泣きなど、子どもを育てるということは重労働ですよね。

子育て中のママは育児への責任感から、イライラや不安といった気持ちが強くなりやすく、情緒不安定になりがちです。育児に関する悩みや疑問がでてきたときには、些細なことであっても決して1人で悩まず、周りに頼って相談するようにしてくださいね。

子育て経験のある友人や知人、子育て支援センターの無料相談窓口などにて心のうちを吐きだし、ストレスを緩和するとよいですよ。ママの笑顔が赤ちゃんにとって一番大切なことですよね。

まとめ

子育てのことやママ自身の健康のことで、気軽に相談できる相手はどれくらいいるでしょうか。育児に悩みはつきものですし、つい子育てや家事に追われてママ自身のことは後回しにしがちですが、問題の解決を後回しにせず、周りの友人や各自治体の相談窓口、電話相談を利用して悩みを一つずつ解決していきましょう。

気持ちが落ち込んだときや悩みが出てきたときには、だれかに相談することが問題解決への大切な第一歩となりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018