就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

意外とよくある血のシミは洗濯で落ちる?応急処置や洗い方を知ろう

意外とよくある血のシミは洗濯で落ちる?応急処置や洗い方を知ろう

子どもと生活していると、食べこぼしや砂汚れなど毎日様々な理由で衣類が汚れます。そんな中、意外とよくあるのが血による汚れです。子どもは転びやすかったり、鼻血が出やすかったりするので血のシミがついてしまうことがあります。今回は、汚れの中でも「血」にスポットを当て、洗い方や応急処置の仕方をご紹介します。

血のシミがついても諦めずに対処しよう

時間が経つほど落ちにくくなる理由

子どもが転んで出血をした、鼻血が出たといったときに、衣服が血で汚れてしまうことがあります。しかし、血による汚れは洗濯で落ちにくいですよね。特に、時間が経つほど落ちにくくなります。これは一体なぜなのでしょうか?

血は「タンパク質」と「色素」で構成されています。タンパク質は「凝固」の特性を持っているため、時間の経過によって固まってしまうのです。

そのため、時間が経つほど血のシミは落ちにくくなります。また、タンパク質は60℃程度の高温に触れることでも固まるという特性も持っています。

基本的にはお湯の方が洗浄力が高いため、血で汚れたらお湯で洗いたくなりますが、実際には高温のお湯は血のシミ抜きに不向きなのです。

家にあるもので血のシミを落とすには

血のシミは家にあるもので落とすこともできるといわれています。その基本の道具となるのが次の五つです。

・食器用中性洗剤
・タオル(もしくはキッチンペーパーでも可)
・コップ
・使い古しの歯ブラシ
・洗面器

まず、コップ半分程度の水に食器用中性洗剤を少量入れ、洗浄液を作りましょう。次に、シミのついた衣類を裏返しにて、シミの部分の下にタオルを敷きます。これは、シミがほかに広がらないようにするための準備です。

そして、洗浄液をつけた歯ブラシでシミ部分を叩いていきましょう。シミをタオルの方へ移すイメージです。

汚れが落ちてきたかなと感じたら、洗面器にキレイな水をためてすすぎます。ある程度落ちたら、あとはいつも通り洗濯機で洗いましょう。

シミ抜きが難しいものはプロに任せよう

衣類についた血のシミは、道具を揃えて上手にやれば自宅でも落とすことは可能です。しかし、間違ったやり方をすると、汚れが余計に広がって綺麗には落とせなくなってしまうこともあります。

衣類の素材によっては、そもそも自宅でのシミ抜きが難しい場合があるでしょう。特に水濡れが苦手なシルク(絹)素材や、リネン(麻)などの風合いのある素材などは、自宅で洗濯をすると生地が傷んだり、品質が変わったりしてしまう可能性があるのです。

そういった素材を無理に自宅でシミ抜きすると、汚れは落とせても生地自体がダメージを受け、もう着られなくなってしまうかもしれません。素材がデリケートなものやお気に入りの衣類は、クリーニング店などプロに任せた方が安心です。

血のシミは時間との勝負!応急処置の方法

まずは洗濯表示を確かめる

衣類に血がついてしまったら、直ちに水で洗うというのが鉄則です。前述にもありますが、血にはタンパク質が含まれており、時間が経過するほど化学変化が進んで固まります。

すると、普通の洗濯では落ちにくくなってしまうため、早い段階で水洗いをすることが重要です。ただし、血のシミがついた衣類が水洗いできるものであるかどうかを先に確認しましょう。

衣類によっては水洗いが不可能なものもあるため、洗濯できるかどうかは、洗濯表示タグを確認しましょう。洗濯機マークがついているか、または水洗い不可のマークがついていないかなどをチェックします。基本的に、水洗い不可のマークがなければ、問題なくシミ抜きに取りかかれますよ。

すぐに洗おう!でもお湯や擦り洗いはNG

洗濯表示を確認し、水洗いOKの素材であればすぐに血のシミを水洗いしましょう。時間が経つほど、血に含まれる成分であるタンパク質が固まり落ちにくくなってしまうからです。

出先であれば、コンビニや公共施設の水道で水洗いするとよいですよ。血のシミが固まってしまうので、高温のお湯で洗うことは避け、30℃以下のぬるま湯か水で洗いましょう。

また、ゴシゴシと擦ることもNGです。やみくもに擦ることで、シミの部分が広がってしまいます。それだけでなく、洋服自体の繊維が傷み、伸びたり型崩れを起こしたりするかもしれません。

血のシミを落とすためには時間との勝負ではありますが、慌てず適切に対処することがもっとも肝心です。

外出先でもできる応急処置の方法

血のシミを落とすには水洗いが必要ですが、外出先などですぐにはできない場合がありますね。そういったときの応急処置には、ハンカチやティッシュを使います。

まず、ティッシュか乾いたハンカチで、血の汚れを擦らないように水分を吸収させるイメージで拭き取ります。次に、シミのついた裏側に乾いたティッシュを敷いて、濡らしたハンカチでシミの表面をトントンと叩き、裏面のティッシュに汚れを移します。

この方法は、外出先ですぐには洗濯ができないときにおすすめの方法です。水洗いとまではいかないものの、この方法でかなりの血液汚れを落とすことができるでしょう。

なお、家に帰ったら、すぐに汚れた衣類を洗うようにしてくださいね。

血のシミ落としにおすすめのアイテム

血液専用の洗剤を常備しておこう

食べこぼしや泥汚れなど、小さな子どもがいると衣類には毎日様々な汚れがつきますよね。そんな中で、血による汚れも意外にあると感じるママは少なくないのではないでしょうか?

子どもが転んで怪我をしたときにつく血液の汚れ、思いがけず出てしまった鼻血の汚れ、それ以外にも、産後すぐのママの場合は下着が悪露によって汚れたり、生理が再開したママは経血で汚れたりするなど、血による汚れは身近な場面で多く見られます。

とはいえ、血のシミは適切に対処しなければ綺麗に落とすことができません。そこで、血液専用の洗剤を常備しておくと安心です。

専用洗剤を使えばつけ置き洗いするだけでよく、時間が経った汚れもしっかり落としてくれますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC