就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の男の子の身長はどのくらい?体の発達と成長について理解しよう

4歳の男の子の身長はどのくらい?体の発達と成長について理解しよう

4歳は多感な時期です。身体が急激に大きくなり始め、身のまわりのことにも興味が出てきます。なんでも自分でやりたがるのですが、うまくいかないと泣き叫んだりすることも多くなります。この時期の男の子の特徴や成長を促進する要素、反抗期の心のケアなどについてまとめていきます。

4歳の男の子の平均的な身長と体重を知ろう

カウプ指数で身長の目安を知ろう

就学前の成長バランスを調べるために「カウプ指数」という計算の仕方があります。肥満度が数字で判断でき、身長に関係なく計算できるので、乳児健診などにも使われたりします。

似たような用語に「ローレル指数」というものがありますが、こちらは小学生・中学生が対象になっています。年齢によって使い分けがなされているようですね。

複雑な計算式は省略しますが、15以上18未満が標準で、それ以上は太り気味、それ未満はやせ気味ということになります。数値を入力すると自動的に計算してくれるサイトもありますので気になる方はそちらを使ってみるとよいかもしれませんね。

ちなみにこの時期の男の子の平均身長は、月齢によって変わってきますが、だいたい100.2cm〜106.2cmです。

4歳児の発達と発育の特徴を知ろう

4歳ぐらいになると、個人差はありますが、全体的にバランスのとれた体格になってきます。活動力がますます盛んになり、行動範囲が広がります。いわゆる「目の離せない時期」ですね。

行動範囲が広くなったら、その分運動量が増えます。活発な運動は、成長・発達に必要な刺激を与え、身体的能力の基礎を養い、病気から体を守る免疫力を強化します。

また、外遊びに興味を持ちだす時期なので、公園や広場に連れて行くチャンスでもあります。日当たりのよい場所で、思いっきり走り回らせましょう。

そして、身体をたくさん動かした分、よく食べるようになります。この時期にしっかりとっておかなければならない栄養素もいくつかありますので、栄養のバランスを考えた食生活を心がけましょう。

低身長が心配なときは検査をしてみよう

まれに、なんらかの成長障害で身長が伸びないこともあります。成長ホルモンの分泌量が原因だったり、骨や内臓の疾患、その他の病気が見つかることもありますが、ただ成長の速度がゆっくりなだけの場合もありますので、気になるようでしたら、専門家に早めに相談してみるとよいですね。「小児内分泌科」や「内分泌内科」、一般的な小児科でも相談に乗ってくれますよ。

「たかが身長のことで病院に行くのはちょっと…」とためらってしまうパパやママもいるかもしれませんが、なにか原因があるのであれば、早い時期に対処しておくのは大切なことです。素人判断は危険ですよ。

検査しても特に原因が見つからなかった場合、そのまま外来で成長を見守ることになります。

背を伸ばす要素!「栄養」「睡眠」「運動」

偏食をさせないことが大切。食経験を増やす

身体が必要としている時期に、必要な栄養を十分与えることは、大きく背を伸ばすための大切な要素です。「子どもの成長は6歳までの食事で決まる」という人もいますよ。

まずは、規則正しい食事習慣を作りましょう。食事は「消化」「吸収」「排泄」のスタートになる大切なタイミングです。この食事の時間がばらばらだと、身体が一日の動きのペースをうまくつかめなくて、食が細くなったり、偏食になったりします。

また「食経験を増やすことが大切だ」ともいわれます。「食経験」とは、色々な種類の食べ物をバランスよく食べる経験ですが、この食経験が豊富になると、味覚の幅が広がり、食べられるものが増えてきます。自然に栄養のバランスもよくなってくるというわけです。

4歳児におすすめの運動遊び

この時期にたくさん運動した子どもは、運動神経も発達します。「身体を鍛える」のではなく「楽しく身体を動かす」ことが重要ですよ。

4歳の頃には、力の加減をコントロールしながら、タイミングを合わせて動けるようになり、遊びのマナーも理解できるようになります。お友だちと一緒に、滑り台やブランコ、ジャングルジムでも遊べるようになりますよ。

そして、指先が器用になってきて、身近な道具を使った遊びができるようになります。この時期には、なわとびやボール遊びなどもおすすめです。

また、お友だちとルールを決めて、集団で遊ぶ楽しさが分かるようになります。簡単なルールの鬼ごっこやかくれんぼなどができるようになりますよ。遊びを通じた、社会性の芽生えともいえますね。

睡眠や生活リズムを作る大切な時期

子どもの成長を促すには睡眠も大切です。この時期は基本的な生活習慣のほとんどができあがる重要な時期ですよ。食生活のリズムだけでなく睡眠のリズムも大切にしましょう。

4歳を過ぎると、昼寝は午後1回だけで日中はほとんど起きたまま過ごします。5歳になると昼寝をしなくなることもあるので、睡眠のリズムが大きく変動する時期といえますね。

そして、成長ホルモンは、寝ているときに多量に分泌されます。睡眠のリズムが不規則だと、成長ホルモンがうまく分泌されないということになりますね。

だから、睡眠や生活リズムをうまく作るために、夜は決まった時間に暗い環境にすることが大切です。毎日決まった時間に睡眠に入ることで、成長ホルモンの分泌も盛んになります。

4歳男の子は身体だけでなく心のケアも必要

反抗期の特徴が出てくるのはこの時期

この時期には、反抗期の特徴も見られるようになります。「4歳になってワガママになってしまった」と感じているパパやママもいるかもしれませんね。

しかし「『反抗期』ではなく『自己主張期』なのだ」という心理学者もいるくらいで「自分の意見や気持ちを言葉にできるようになった」という成長の表れでもあります。だから、安心できる相手にしかワガママをいわないことが多いです。なにがあっても最終的に自分を支えてくれる大切な存在でないと、自己主張をしないのですね。

この時期のワガママは、心の成長と、甘える場所がちゃんとあるという証拠です。忙しいときには、ついイライラしてしまいますが、ママは一回深呼吸して「よしよし、順調に育っているな」と自分にいい聞かせましょう。

4歳は認知能力の発達に心が戸惑っている

では、なぜこの時期に「反抗期」に入ってしまうのでしょうか?それには、認知能力の発達が大きく関係しています。

4歳の頃になると、知能が発達して、周りがよく見えるようになります。今までは、現在や過去、未来という概念はなく、今と自分の周りしか見えなかったのに、脳の発達にともなって、時間の経過や、自分と他人との比較、遠くのものと近くのものなど、たくさんの情報が一度に見えるようになるのです。

見えるようになったからといって、すぐに対応できるものではありませんよね。不安や戸惑いの方が大きくなるのは当然です。

その興奮状態をうまく処理できなくて、ぐずったり、大泣きしたり、暴れたり、イヤイヤしたりしてしまうのだそうです。認知能力の発達に心が戸惑っているのですね。

きちんとした対応で親子の絆を作ろう

イヤイヤが始まったときに怒鳴ったり無理やり押さえつけてしまうのはあまりよくないようですよ。「聞く」「共感する」「提案する」という対応をしてみたらいかがでしょう?

例えば子どもが寝なくてイヤイヤしているとき「どうして寝たくないの?」と聞いてみましょう。「まだ本が読みたい」というのが理由であれば「読みたいの?この本おもしろいもんね。じゃあこれだけ読んだら寝ようか?」という共感と提案をするという方法です。「自分の主張を聞いてくれた」「自分の気持ちに寄り添って方法を考えてくれた」という安心感で、子どもも落ち着くかもしれません。

少々度を超すことがあっても、発育の一段階と考え、穏やかに見守ってあげた方が、パパやママもゆとりを持って対応できるようになりますね。

まとめ

心も身体も大きく成長する4歳。だからこそパパやママにも悩みがいっぱいですね。個人差が大きい時期なので、ほかの子とくらべる必要はなさそうですが、心配なようなら、早めに検査してもらっておくと安心ですね。

背を伸ばす要素は「栄養」「睡眠」「運動」の三つであることも分かりました。「よく食べ、よく寝て、よく遊ぶ」ということを心がけておけばよさそうです。難しく考える必要はありませんね。

反抗期も、成長の表れと前向きにとらえ、「聞く」「共感する」「提案する」で、上手につきあっていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018