就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

七五三の着物準備はこれで完璧!年齢別に必要な物や着付けもご紹介

七五三の着物準備はこれで完璧!年齢別に必要な物や着付けもご紹介

子供の成長を祝う行事。素敵に和装した写真を記念に残したいですよね。そこで年齢別に着付けに必要なものや注意点などをチェック!この記事を読むだけで服装の準備がバッチリですよ。七五三にまつわる由来も知っておくと、さらに気持ちが入って素敵なお祝いができそうですね。

七五三とは?それぞれの年齢で意味がある

3歳の七五三の意味とは?

起源は平安時代にまでさかのぼります。昔、3歳になるまでは男の子も女の子も髪の毛を剃るという習慣があり、すべての子供は3歳になるまでは神様からお預かりしているものだと考えられていました。

そして、無事に子供が3歳を迎えられると、やっと自分の子供となったとして親たちはその記念に子供の髪を伸ばし始めます。これを「髪置の儀」といいます。

髪置の儀では、子供が白髪になるまで長生きするようにという願いを込め、子供の頭に真綿で作られた白い綿帽子がかぶせられたといわれています。白髪に見立てた白い綿帽子を、子供の頭にのせることから、「髪置」という名前が付いたと考えられます。これが、現代に伝わって3歳のお祝いの習慣となりました。

5歳の七五三の意味とは?

5歳になった男児のみが行う「袴着」という風習がありました。5歳になると子供用の着物ではなく袴をつけるようになります。もともと袴は、江戸時代の武士達にとって公の場で着用する盛装(せいそう)でした。その袴を男児に着せるということは、幼い少年達にとって立派な男として社会の一員になり認められるようになるといった意味が込められています。

生活すべてにおいて周囲から認めてもらえるように学び、いろいろなことを勉強する努力が必要となるということです。この5歳頃の男児に行われていた袴着の儀式が七五三の5歳でのお祝いの由来とされています。5歳のお祝いを男の子だけがするというのはこうした由来があったからなんですね。

7歳の七五三の意味とは?

7歳くらいなると女の子はそれまで着物をとめるために使っていた紐を帯に変えます。もともと帯は大人の女性が着けるものであることから、7歳を迎えた女児も大人の女性として認められるようになるといった意味が込められた儀式です。

この儀式は「帯解(おびと)き」、または「紐落(ひもおと)し」と呼ばれて、7歳の女の子のお祝いのもとになったといわれています。男児の袴着の儀式と同じように、帯解の儀式も女児から1人の女性として社会に認められるためのものと考えられます。

そもそも帯は、「魂をしっかりとその内に留めて置くもの」とされていて、男の子にとって袴着が大切な儀式であったように、帯解は女の子にとって大切な儀式なんですね。

【女の子】3歳の七五三の着物は?

三つ身の着物に被布が一般的

子供の着物には一つ身・三つ身・四つ身の3種類の仕立て方があります。一つ身というのは並幅の布を使って、背縫いをせずに仕上げる裁ち方のことで赤ちゃんから2歳くらいの子供用です。それから四つ身は並幅の反物の、身長の4倍の長さの布を裁断して作る4~12歳くらいの子供用です。

3歳の子には並幅の反物の、半反を使って仕立た2歳~4歳の子供用の三つ身の着物を着せましょう。もしも、七五三のお祝い用に着物を作るなら、四つ身で仕立てることをおすすめします。仕立て直せば七五三の3歳だけでなく7歳のお祝いのときにも着ることができますよ。

次に被布(ひふ)について説明しますね。被布というのは、着物の一番外側に着るもののこと。洋服でいうとベストのような形をしていて、着物における上着の一種です。

着物をイメージすると、大人の女性のようにおなかの部分に帯を締しめた姿が浮かびませんか?でも、まだ3歳程度の幼い子に帯をつけた着物を長い時間着せておくのは大変です。ですので、3歳の女の子の場合は「被布」を着せるのが一般的なんですね。

被布を着る場合に必要な物は?

さて、被布のお着物を着せるならどういったものが必要になるでしょうか?実は色々ありまして、祝い着、襦袢(じゅばん)、半衿、草履、足袋、志古貴(しごき)・兵児帯(へこおび)といったものが必要になります。

祝い着というのは先程も説明した三つ身の着物のこと。そして、祝い着の下に着るのが襦袢です。これは祝い着に汚れがつかないようにするために着ます。

半衿は、祝い着の下からちらりと見えるように襦袢の襟に縫い付けて使います。見える面積としてはほんの少しですが、祝い着との組み合わせによって印象が変わってきます。顔まわりが華やかになるような色合いや柄のものを選ぶと良いですね。

足元は草履を履きます。そのため、靴下ではなく足袋も必要になります。それから、志古貴(しごき)・兵児帯(へこおび)です。これは、祝い着がずれないように固定するため、被布の下で結ぶ帯のことです。

現代では色柄も豊富で可愛いセットになっているものも手軽に手に入れられます。はじめからセットになっていれば、揃え忘れることもないので安心ですね。

【女の子】7歳の七五三の着物は?

四つ身の着物に帯をつける

7歳の女の子が七五三で着る着物は、「四つ身」、もしくは「本裁ち四つ身」と呼ばれる大人の着物と作りがほぼ同じもので、子どものサイズに仕立てた祝い着を着ます。この着物なら、仕立て直すことで長く着ることができます。三つ身の着物は両脇に縫い目があり背中の縫い目はありませんが、四つ身の着物は背中にも縫い目があり、こうしたところも大人の着物とよく似た作りになっているんですね。

さらに、3歳のときと大きく違うのは被布ではなく帯をしめるという点です。3歳の着物の帯は兵児帯などですが、7歳で着る着物の帯は、大人と同じように結って締める帯に変わります。すでに帯が結ってあって、差し込むだけで簡単につけられる「つくり帯」というものもあるので自宅で着付けを…と考えている場合は、そういったものを使うと手軽ですね。昔ながらの一枚帯に比べて帯の形が崩れにくいという点もメリットです。胸元には扇子と、はこ迫(せこ)という薄い箱の形をした小物入れを入れます。また、帯下には志古貴(しごき)という芯のない帯をふんわりと結びます。

7歳の着物に必要な物は?

大人と似た作りの着物なので、着付けに必要なものもほとんどが大人と同様のものとなります。ただし、子どもならではの装飾品も必要です。具体的には、祝い着、長襦袢、肌襦袢、裾除け、帯、薄手のタオル…2~3枚、足袋、紐…5本、伊達締め(だてじめ)…2本、帯板(おびいた)…2枚、帯枕(おびまくら)、三重紐 、帯揚げ、しごき(帯下のりぼん)、帯締め、はこ迫、扇子、ハンドバッグなどが必要です。帯枕や三重紐は作り帯の場合には不要です。また、帯板も作り帯の場合は1枚で大丈夫です。

襦袢や半襟は3歳のお祝いのときと同様ですが、大きく違うのは帯です。キレイに結ってある帯は着物の後姿も華やかにしてくれます。足元は厚底の草履や木履(ぽっくり)を履くと、3歳の着物姿とはまた違って少し大人びた表情に。

帯揚げは帯が崩れるのを防ぐ役割ですが、つくり帯の場合には帯の装飾としての役割が大きくなります。しごきもまた、裾を上げるために使われていましたが、現在では装飾の一部となっています。扇子やはこ迫などで、帯の周りを華やかに飾りましょう。

【男の子】3歳の七五三の着物は?

肩上げ、腰上げなどの縫い上げをする

3歳のお祝い用の着物なら、初めから「肩上げ・腰上げ」などの「縫い上げ(ぬいあげ)」はせずに、体にぴったりと合うサイズのものを選べば良いのでは?と思う人もいるかもしれません。たしかに、もともと縫い上げというのは大きな着物のサイズを自分の身体に合うように「サイズ直し」をするための行為です。

ですが、七五三の場合の「肩上げ」「腰上げ」には「これからさらに大きく、もっと元気に成長してほしい」という願いがこめられているのです。そのため、その日しか着ない着物でも、縫い上げをしたものを身につけるのが一般的になっています。健やかな成長を願って、ほんの少しで良いので「肩上げ」「腰上げ」を行った着物を着せてあげましょう。

羽織と袴、初着を使うことも多い

基本的に3歳の男の子は羽織と袴を着用することが多いようですが、被布を着用しても問題なく特別な決まりはありません。ただし、5歳のお祝いは袴と決まっているので、被布を着せるなら3歳しかないという考え方も。子供からすると袴より被布の方が動きやすく楽なので幼いうちは被布にしても良いかもしれません。

お宮参りに使用した一つ身の初着を使うケースも多いです。初着を七五三用に縫い上げるなら、肩上げ・腰上げだけでなく「袖の丸み」もつけなくてはなりません。袖に丸みをつける縫い方は肩上げなどに比べると難易度が高め。和装専門店に相談すると安心です。

足元は草履や雪駄を履かせます。雪駄はかかとが低いものを選んであげると歩きやすいですよ。あわせて足袋も用意しておきましょう。

3歳男の子は地域によってしないところも

3歳の男の子は七五三のお祝いはしない、なんていう話を聞いたことはありませんか?実は、七五三を祝う男の子の年齢は地域によっても違いがあります。西日本では3歳もお祝いをするところが多いようですが、関東地方などの東日本では5歳だけ祝うところが多いです。

もともと3歳のお祝いの由来となった髪置きの儀は男女を対象にした儀式でした。ですので、男の子が3歳で七五三のお祝いをしてもまったく問題がない、むしろお祝いした方が良いという考えもあり、最近では関東地方でも3歳の男の子の七五三祝いをする方が増えています。

3歳の男の子のあどけない表情はそのときにしかない可愛らしいものなので、祝い着を着て写真くらいは記念に残したいというご家庭も多いようです。

【男の子】5歳の七五三の着物は?

羽織と袴が主流、羽織なしでもOK

5歳の男の子の場合は、「袴着」が由来であるように紋付の着物に羽織袴が一般的です。袴はスカートのように長く仕上がっているので、着物を着用した後に角帯を締めてから袴を着用します。そして、その上から羽織を着用しますが、羽織は必ず必要というわけではなくこれは省略しても問題ありません。

レンタルやセット購入の場合は羽織付きのものが多く羽織袴が主流のようです。さらに、袴に短刀をさして、手には扇子を持つのが代表的な5歳の七五三の衣装です。

なお、小柄な5歳のお子さんであればお宮参りで着用した初着を使う場合もあります。しかし、最近は体格的にむずかしいというケースが多く、5才向けの着物をを用意するご家庭が多いです。その際、着物は体のサイズに合わせて、事前に「肩上げ」「腰上げ」を行っておいてくださいね。

男の子の衣装は黒や濃紺、白を基調としたデザインが多いですが、最近は洗練されたおしゃれなデザインや色味のものも多くなっているので選び甲斐がありますね。大人への成長の一歩として凛々しく着つけてあげたいものです。

5歳の着物に必要な物は?

5歳の男の子の着物にはどんなものが必要になるのでしょうか?

羽織袴を着る場合には次のものが必要になります。着物(羽織の下に着る)、長襦袢、半衿、紐、袴、角帯(袴の下につける着物帯)、羽織、羽織紐、足袋、雪駄。小物類は懐剣(短剣)、扇子、タオルです。

長襦袢や半衿は女の子の着物と同様の役割です。半襟はあらかじめ、長襦袢の襟元に縫って固定しておきましょう。羽織紐は羽織の正面に付けて使うものです。

また、女の子と違って男の子の足元は雪駄になります。雪駄は普段履いている靴のサイズよりもワンサイズ大きいものを選びましょう。少し大きいサイズの方が鼻緒部分で靴擦れしてしまうのを防ぎやすくなります。

男の子の着物もセットで販売されているので、セット物を選べばすべてを一から用意する手間が省けますね。ただし、セットのものでも足袋や紐などは自分で用意しなければならないケースもあるので事前に確認が必要です。男の子の着物の方が女の子に比べて揃える必要があるものは少ないですが、油断せずにしっかり準備したいものですね。

着物は購入する?レンタルできるの?

貸衣装店かフォトスタジオでレンタルする

着物を購入するとなるとなかなか高額なお買い物になり躊躇してしまう親御さんも多いのでは?そこで、貸衣裳店やフォトスタジオで着物をレンタルする方法がありますよ。レンタルにすれば、費用が安く済みますし着用後の保管の心配なども不要というメリットがあります。

七五三は毎年のことなので、レンタル業界も早めからお得なキャンペーンを行っています。フォトスタジオでは、記念写真と参拝の日を別の日に設定して衣装を借りることもできます。余裕をもって写真を前撮りして、七五三当日はゆっくりと参拝だけするというスケジュールも可能です。

ただし、お店によっては貸し出し用と撮影用の着物の種類が別というケースもあるのであらかじめ相談しておくと安心です。

お宮参りの初着を仕立て直す

先にも書きましたが、お宮参りで着せた思い入れのある初着が手元にあるというご家庭ならそれを着せるというのも一つの方法です。ただし、気をつけなくてはいけないのが初着は仕立て直しが必要ということ。

まずは、体型に合わせて着物と襦袢の肩上げと腰上げをします。さらに袖に丸みをつけて袖口以外は閉じる必要があります。襦袢の袖に付いている振りを取って、襟元に半衿を縫い付けます。

こうした工程は素人には難しいので、和装専門店へ相談を。お直しにはだいたい1週間以上かかることが多いので余裕をもって用意しましょう。

ちなみにこのように仕立て直した初着はまた初着に縫いなおすことも可能なので、兄弟ができたらまた初着として着せてあげる楽しみがありますね。

購入する、親のお下がりを使う

記念になるお祝い事だから気に入った着物を購入するというのももちろん素敵なことです。奮発して老舗の呉服屋さんで選ぶのも良いですし、あらかじめ必要なものがセットになった着物などはネット通販でも手軽に比較的安価に購入できます。

また、自分が昔、七五三祝いで着た着物を仕立て直して我が子に着せるのも素敵です。昔の晴れ着は上等な仕立てがされていたり、生地自体が良いものだったりするので、保存状態が良ければおさがりを着せることも問題ありません。洋服のデザインのようにわかりやすい流行り廃りもないので、逆にアンティーク感がおしゃれです。大切に取っておいた晴れ着、せっかくの機会にぜひお子さんに着せてあげてくださいね。

着付けはどうする?クリーニングはするの?

美容院で着付けしてもらう

着物の着付けといえば、着物屋さんで専属の着付け師に依頼するものと思っていませんか?実は着物の着付けは美容院でも承ってくれるお店があるんです。

ここで気をつけたいのは「美容院ならどこでも着付けOKではない」ということ。着付けのサービスは行っていないお店もあるので事前に確認が必要です。

美容院で着付けをお願いするとヘアメイクもあわせて行ってくれるところが多いようですよ。料金はお店によって異なりますが、だいたい5,000円くらいから…が一般的です。髪飾りを無料で貸してくれるところもありますし、持ち込んだ飾りでヘアメイクしてくれるところもあるので、くわしくは着付けをお願いしたいお店に確認しておくと安心ですね。

自宅で着付けする方法は?

自宅で自分で着付けをしたい場合は、あらかじめ短期の着付け教室に通う方法があります。1日でもプロの指導を受けておくと着付けの流れがイメージしやすくなります。

また、今はインターネットで検索すれば着付けのやり方を紹介している動画も簡単に見つかりますから、そういったものを参考にするのも良いですね。ただし、着付けに慣れていれば問題ありませんが着付け初心者の場合は色々手間取ってしまう可能性もあるので、事前に練習しておくと安心です。また、着物の難関ともいえる帯は作り帯を選んでおくと着付けも簡単で、着崩れもしにくいというメリットがあります。

自宅で着付けをすれば子供も慣れた環境で落ち着いて着物に着替えることができそうですね。

クリーニングする場合は専門業者に

着物を着た後に長く保管する場合はクリーニングに出して汚れを落としておくと黄ばみなどが起こりにくくなります。

基本的に着物は素材や刺繍がデリケートなので、一般のクリーニング屋さんでは取り扱えないことがほとんどです。ですので、着物専門のクリーニング業者に依頼しましょう。

着物のクリーニングは洗い方によって金額が大きく変わってきます。もしシミがあればシミ抜きも別途費用がかかるなんていうことも。また、仕上がりまでの日数も一般的な洋服のクリーニングと違って長くかかることが多いので、使いたい予定がある場合はあらかじめ確認する必要があります。

大切な思い出の着物なので、信頼できるクリーニング業者をしっかり選びましょう。

七五三の服装における注意点とは?

着物が難しい場合は洋装でもOK

七五三のお参りは必ずしも着物である必要はありません。洋装で参拝してはいけないという決まりはないのです。

七五三で神社へ参拝する場合、昇殿参拝という正式に社殿に上げさせていただいて参拝するときは本来は「正装」がルール。このルールのもとに七五三は日本人の神事の行事なので和装が正装のひとつといえます。

ですが、スーツやドレスも洋装における正装なのでこうした服装で参拝をすることは何ら問題がないのです。また、望ましいのは正装に近い服装ですが、家の考えや事情などによって厳密な正装、礼服でなくても良いとしている神社がほとんどです。

神様に敬意を表すための服装でいつもよりはよそ行き感のある服装が望ましいということですね。

七五三のお参りでNGな服装は?

先程、七五三の参拝における服装について説明しましたが、お参りのときにNGな服装はあるのでしょうか?

基本的に神社での七五三参りは正装が望ましいけれど、そうでなくても良いとされています。厳密な決まりがあるわけではありません。

だからといって、カジュアルすぎる服装は考えものです。例えば、ジーパンやワークパンツは本来は作業着のひとつです。神事の行事にはふさわしいとはいえませんね。また、Tシャツやスウェットパンツのような家でくつろぐための服装も同様です。

七五三の時期、境内には記念撮影も兼ねて正装し、いつもよりおしゃれをしている家族が多いです。あまりにカジュアルな服装ではその場から浮いてしまうので気をつけましょう。

着替えや履き慣れた靴を用意しておく

着付けをしてヘアメイクをして…七五三参りの当日は親も疲れます。ですがそれ以上に子どもはいつもと違う周囲の雰囲気に疲れてしまうもの。

さらに着慣れない着物や、履きなれていない草履や雪駄のせいで「疲れた!」「足が痛い!」「帰りたい!」と子どもがグズグズモードになるとお参りどころではありません。参拝後には食事会を…なんて予定していても、「やっぱり、もう帰ろう…」なんていうことに。

そんなトラブルを防ぐためにも、記念撮影以外の時間は履き慣れた靴に履き替えさせたり、参拝が終わった後はすぐに着物が脱げるように着替えを用意しておくことをおすすめします。

せっかくの記念となる1日、できるだけ親子で笑顔で過ごせるように工夫したいものですね。

まとめ

七五三の衣装は年齢と性別によって必要なものが様々です。用意し忘れることがないように、きちんと準備しておきましょう。

また、着物をレンタルするにも仕立て直すにも着付けを依頼するにも、すべてに時間的な余裕が必要に。当日になって慌てることがないよう事前確認が大切です。

七五三の由来は古くからの習わしによるものですが、すべてに共通することは「子どもの健やかな成長を願う親の気持ち」です。3歳、5歳、7歳、それぞれ1度しかない記念の年なのでしっかり準備して素敵なお祝いの日にしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018