就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後ママの乾燥肌は諦めないで!対策や肌が潤うアイテムの紹介

産後ママの乾燥肌は諦めないで!対策や肌が潤うアイテムの紹介

産後はホルモンバランスの変化や、ストレスなどが原因で肌が乾燥してしまいがちになりますよね。しかし、適切なケアをしてあげれば、乾燥肌も十分改善することが可能です。ここでは、産後ママのお肌にフォーカスして、乾燥肌への対策や、おすすめのスキンケア商品を紹介したいと思います。

産後ママの乾燥肌の原因や体験談について

産後の肌荒れはいろいろな要因からくる

産後「今までは問題なかったのに、急に肌荒れが…」という場合は、産後特有の肌荒れの可能性が高いかもしれませんね。産後は肌荒れの症状が出やすくなります。例えば、顔のシミ、カサつき、かゆみ、湿疹、ニキビ、乾燥肌…などのお肌のトラブルが出やすくなってしまうのです。

以下は、主な産後の肌荒れの原因です。

・妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ
・育児のストレス・疲れ・睡眠不足
・不十分なスキンケア、肌に合わない化粧品の使用
・食物繊維などの栄養不足による便秘

産後の肌荒れは、ホルモンバランスが整ってくる月経再開前(産後8カ月頃)までに落ち着く傾向があります。肌荒れを悪化させず、1日でも早くキレイな肌を取り戻すために、しっかりと対策をしていきましょう。

乾燥の症状が進むと湿疹やかゆみも出てくる

産後、体質や生活環境の変化によってさまざまな症状が出てきます。代表的なものは、やはり肌の乾燥です。

3時間おきの授乳など、赤ちゃんのお世話でどうしてもママは寝不足になってしまいます。疲れが続くと、お肌の機能も低下するので、肌荒れになりやすいのです。とくに授乳期間中は水分不足になりやすいため、肌がカサついて乾燥し、放っておくとシワ、湿疹、かゆみに繋がってしまいます。

免疫力や体力の低下が激しい産後の身体は、刺激などに対しても弱くなっています。人によっては、アレルギー体質や乾燥肌の症状が強く出てしまうこともあり、かゆいからといってかきむしって悪化させないように注意が必要です。皮膚を清潔に保って、保湿剤などで肌をケアしてくださいね。

産後のママの乾燥肌に関する体験談

ここで、産後に乾燥肌を経験したママたちの体験談を紹介したいと思います。

●産後は寝不足が続いて、母乳に栄養が取られてしまうので、肌荒れして乾燥肌になりました。どうしても赤ちゃん優先の生活になり、自分の食生活や栄養が偏ってしまって…。コラーゲンの入ったサプリを飲むことも多かったです。

●人より体力もあるし健康だと自負がありましたが、出産後は肌荒れに悩みました。忙しくて日々のスキンケアをサボっていたら、すごく老けて乾燥してしまったのです。葉酸、ビタミンなどが入ったサプリを毎日飲み続けたりして、少し改善されました。

●産後2週間ほど経つと、顔の皮膚が粉をふくほどの乾燥肌に。無添加のワセリンを塗ったり、とにかく保湿して回復に努めました。

家族で潤いを!産後のママの乾燥肌対策

忙しいママにはオールインワンゲルがよい

オールインワンゲルは、化粧水・美容液・乳液・クリームの機能が一つにまとまったものです。忙しくてスキンケアができないママでも「とりあえずオールインワンゲルを塗っておけばよい」ので使いやすいのですよ。時短美容アイテムともいえるのではないでしょうか。

また、最近では開発・研究が進んで、高機能のオールインワンゲルも多く出ています。乾燥肌が気になる人は、保湿効果が高いものを選ぶと、肌荒れが改善しやすくなります。

化粧水、美容液、クリーム…などいくつもの手順があり、時間がかかってしまうスキンケアが、オールインワンゲル一つでOKになります。メイクやお出かけ前、お風呂上がりなどにさっと塗るだけなので、忙しい産後のママにおすすめです。

家族みんなバランスのよい食事と水分補給を

保湿力の高い化粧品やオールインワンゲルなどの外的なケアのほかに、日々の食事の見直しも大切です。栄養バランスがよい食事は、身体やお肌のバリア機能を高めてくれます。乾燥に負けない、よいコンディションの肌を保つことにもつながることでしょう。

例えば、青魚の油などのオメガ3系オイルや、オリーブオイルなどのオメガ9系オイルは、いずれも抗酸化作用があり、肌を老化やダメージから守ってくれるので美肌効果が期待できます。

また、基本的なことで忘れがちですが、こまめな水分補給も大切です。お肌の乾燥や肌荒れにつながる便秘は、水分をしっかり補給することで改善が期待できます。水分補給で、体内の老廃物を体外に排出させることも美肌を保つための秘訣です。

摩擦や刺激の強い化粧品類は避けよう

産後ママのお肌はとても敏感です。そのため、刺激の強い化粧品や摩擦によっても、ダメ―ジを受けやすくなっています。

出産前には特に問題なかったスキンケア用品でも、出産後に使うと肌荒れを起こす可能性があります。肌が弱っているときに化粧や摩擦で強い刺激を与えると、シミや黒ずみにもつながってしまいます。例えば、洗顔料はよく泡だて、肌に優しくなじませるように洗いましょう。洗顔後にタオルで顔を拭くときも、ゴシゴシこするのではなく、優しく肌を押さえるようにして、摩擦の刺激を与えないことも大切です。

そのほか、外出するときは日焼け止めを塗る、化粧品は低刺激性のものに変えるなどの対策もおすすめです。ぜひ、産後の肌をいたわる気持ちでケアしてみてくださいね。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版