就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが添い寝だとよく眠るふしぎを解明!危険性と事故防止策も

赤ちゃんが添い寝だとよく眠るふしぎを解明!危険性と事故防止策も

抱っこで寝かせた赤ちゃん。ママが近くにいるうちはスヤスヤ寝てくれるのに離れたとたんに泣き出すことがよくあります。添い寝は、赤ちゃんがよく眠る方法として知られていますが、その理由はなんなのでしょうか。また、添い寝に潜む危険性と事故防止策についても調べました。

赤ちゃんが添い寝でよく寝る理由や利点

ママの温もりで赤ちゃんはよく眠れる

赤ちゃんと添い寝をすると、ママも赤ちゃんの温もりを感じますよね。小さな手や無垢な表情を見ているだけで心が安らぎますね。

赤ちゃんもママと一緒で、ママの鼓動を聞いて温もりに包まれることで、お腹の中にいたときのような安心感が得られます。また、赤ちゃんは約50分おきに浅い眠りと深い眠りを繰り返しますが、眠りが浅くなったときに寝ついた環境と違うと恐怖を感じ泣いてしまうことがあります。

ママが添い寝をしていたのに、目が覚めたら隣にいないことは赤ちゃんにとって大きな衝撃です。このことが夜泣きの原因になることもあります。

ママがいつでもそばにいてくれるだけで、赤ちゃんは安心してまた眠りにつくことができるのですね。

赤ちゃんの心の安定にもつながる

欧米では生まれてすぐから赤ちゃんを1人でベビーベッドに寝かせることがあります。泣き疲れて眠ることからはじまりますが、徐々に1人で寝つくことが当たり前になっていきます。

こうして育った赤ちゃんは独立心が強く、手のかからない子どもと思われることも多くあります。しかし、添い寝で育った子どもに比べて感情表現が苦手だったり、孤独感を抱えていたりする傾向が多くあるそうです。

添い寝は、親が子どもを守るための本能的な行動ともいえます。子どもにとっても、心の安定を得るのに欠かせないスキンシップの一つです。

1人で眠ることを嫌がる赤ちゃんはいても、添い寝を嫌がる赤ちゃんはほとんどいません。添い寝は、毎日の眠りを心地よいものにするための一つの方法なのですね。

ママは赤ちゃんの夜泣きや変化に気づける

添い寝をしていると、ママは赤ちゃんの小さな変化にもすぐ気がつくことができます。ママは赤ちゃんが少し泣いただけでもすぐ目が覚めますが、隣のパパは大いびきなんてこともありますね。

実は、寝ているときに赤ちゃんの小さな声や動きに反応できるのはママだけの特別な能力です。しかし、親子が離れて寝ていれば、せっかくの能力も発揮できません。

赤ちゃんは眠っているときにミルクを吐き戻したり、布団を蹴って寒くなったり、気づかないままでいると心配なことも多くあります。添い寝をしていれば、赤ちゃんがもぞもぞ動き出しただけでも気づくことができます。

本格的に目を覚まして泣き出す前に授乳や背中トントンをしてママの存在をアピールすれば、夜泣き防止にもなりますね。

赤ちゃんとの添い寝は危険が潜んでいる

赤ちゃんが窒息する恐れがある

メリットが多いように思われる添い寝ですが、デメリットがないわけではありません。もちろん、アクシデント的な危険も含まれますが、事前に知っておくことで気をつけることができますね。

添い寝でまず気をつけなければいけないのが、添い寝している人が赤ちゃんの上に覆いかぶさって窒息させてしまうことです。赤ちゃんの小さな変化にすぐ気がつくママにとっては信じられないような話かもしれませんが、ママが疲れていたりパパが一緒に寝ていたりした場合は注意が必要です。

また、大人用のベッドや布団は柔らかく、赤ちゃんが寝がえりをうって顔が埋まってしまうことがあります。一緒に寝ることだけでなく、大人用の寝具に寝かせることにもリスクがありますので注意しましょう。

ベッドは転落や挟まる危険がある

大人用のベッドの高さは50cmほどあります。大人が落ちてもかなりの衝撃ですが、子どもや赤ちゃんなら頭がい骨骨折などの大けがにつながる可能性もゼロではありません。

とくに子どもは寝相が悪く、寝ながらあちこち転がっていくことも珍しいことではありません。ママがちょっと目を離したすきに、赤ちゃんがベッドから転落する事故はとても多くあります。

壁にベッドをつけていたとしても、その隙間に挟まってしまう危険性もあります。大人にとっては小さい隙間も赤ちゃんにとっては危険です。

また、枕や掛布団が顔にかかって払いのけることができずに窒息するケースもあります。大人用のベッドには危険が多いので、ママは目を離さないように気をつけてくださいね。

SIDSのリスクが高くなる

生後間もない赤ちゃんが突然なんの前触れもなくなくなってしまう恐ろしい現象がSIDS(乳幼児突然死症候群)です。いまだにはっきりとした原因は分かっていませんが、SIDSが起こりやすい環境に「添い寝」が含まれることがあります。

ただ、これには反論もあり、添い寝をした方が赤ちゃんが深い眠りに入りすぎずにSIDSの予防になると考える研究者もいます。実際に、添い寝が主流のアジア圏ではSIDSが少ないという調査結果があります。

SIDSには具体的な予防法がないため、添い寝やうつ伏せ寝などは避けた方がよいといわれてはいますが、それだけを信じすぎずにこまめに眠っている赤ちゃんの様子を確認することを心がけたいですね。

赤ちゃんとの添い寝の事故を防止しよう

布団で添い寝をするときにチェックすること

家族で布団を並べて添い寝をする場合、もちろん柵などがありませんので、万が一赤ちゃんが1人で起きてしまっても危険がないようにしておく必要があります。枕元に置いてあるもの、手の届く範囲に赤ちゃんが触って危険なものがないかチェックしましょう。

また、ちょっとした高さのものでも、赤ちゃんの上に倒れてきたらケガをしてしまうかもしれません。逆に赤ちゃんが倒してしまう可能性もあります。

電気スタンドなどは手の届かないところに置くか、転倒防止の対策をしておいた方がよいでしょう。また、赤ちゃんが寄り掛かったり押したりすると棚から物が落ちてくる場合もあるので、家具のぐらつきかないか点検し、上に置いてあるものも片付けておくようにしましょう。

大人用ベッドで添い寝をするときの安全対策

ベッドの場合、一番危険なのが転落です。転落防止の対策としてベッドの片側を壁につける、ベッドガードなどをつけるなどしておきましょう。

寝返りをする前の小さな赤ちゃんと添い寝をする場合は、赤ちゃん専用のスペースを確保するためのベッドインベッドがあるとより安全ですね。月齢が上がり、寝返りができるようになると転落の可能性も上がります。

「万が一落ちたときのために」とベッドの下にクッションや枕などを置く対策を取りたくなりますが、これはNG。顔から落ちてしまった場合、顔が埋まって抜け出すことができずに窒息してしまうリスクがあります。

大人用ベッドに一緒に寝る場合はママがガードになり、1人で寝かせることのないように注意しましょう。

親子で寝るときの並び順に注意しよう

ママと赤ちゃんが並んで寝る場合は、壁とママの間に赤ちゃんを寝かせるようにすると安全性が上がります。親子で川の字で寝るとき、どうしてもパパとママの間に赤ちゃんを挟みたくなってしまいますが、小さい赤ちゃんは大人が両側から迫ってきても逃げ出すすべがありません。

また、男性は眠ってしまうと赤ちゃんの存在を忘れてしまうことがあるので、覆いかぶさったり払いのけてしまったりして危険です。慣れるまでは、ママを真ん中にして並んで寝る方がよいでしょう。

夜間授乳やおむつ替えなど夜中に起きる回数が多い期間は、パパが動線上に寝ているとお互い邪魔をしてしまうので、あらかじめ動きを考えて寝るときの並び順を考えておくとよいですね。

まとめ

赤ちゃんと一緒に寝ることは、実はとても尊くて素晴らしいことです。赤ちゃんが赤ちゃんである時間はとても短く、一緒に寝られる時間は限られています。

添い寝は何万年も前からママと赤ちゃんが行ってきた習慣です。母子別室で寝る欧米風の育児も、徐々に添い寝を推奨する方向にシフトしつつあります。

添い寝のデメリットのほとんどが、寝具や環境のチェック不足により起きるものです。危険性と事故の可能性を十分理解したうえで、親子が安心できる添い寝を目指しましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018