就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るときの服装は肌着だけで大丈夫?季節別の注意点とは

赤ちゃんが寝るときの服装は肌着だけで大丈夫?季節別の注意点とは

気温が高い季節は、赤ちゃんが寝るとき、パジャマのかわりに肌着を着せているママも多いのではないでしょうか?でも寒い季節には肌着だけだと風邪をひかせてしまいそうだし、暑い季節でも本当に肌着だけで大丈夫なのか心配になることもありますよね。今回は赤ちゃんが寝るときの服装や室内環境についてご紹介します。

寝るとき肌着だけでよい?服装選びの基本

寝るとき肌着だけで大丈夫かは季節による

赤ちゃんが寝るときの服装は、簡単なようで難しいですよね。寒さや暑さを気にしながら選ぶわけですが、大人と同じ感覚で選んではいけないところがポイントです。

しかし、生まれてすぐの赤ちゃんはまだ自分で体温調節をすることができません。だいたい生後2カ月ごろになるまでは、寝るときも大人と同じような服装で大丈夫です。

その後、生後3カ月を過ぎたころから赤ちゃんの体温は安定してきて、大人よりも常に体がぽかぽか温かい状態になります。

夏や春秋の暖かい日は肌着だけで寝かせても大丈夫です。寝るときの室温が20℃より低い日には肌着の上にパジャマを着せてあげてください。

パジャマは真冬でも大人より薄手のものを選んであげましょう。

肌が弱い赤ちゃんのために肌着は大切

夏の暑い時期にはTシャツやパジャマ1枚で寝ているママやパパは多いと思いますが、赤ちゃんには肌着を着せてあげるのがおすすめです。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、皮膚は大人の半分の薄さともいわれています。そのため、肌着ではなく洋服を直に着せてしまうと、縫い目やタグなどで肌を傷つけてしまったり赤ちゃんがかゆがったりしてしまうのです。

また、肌着は綿素材で吸収性がよいものを選んであげてください。赤ちゃんは平熱が37℃前後なので暑がりでとても汗っかきです。汗が吸収されずに肌に触れた状態がつづくと汗疹などの肌トラブルにもつながります。

肌着には短肌着や長肌着のほかにもお腹を冷えから守れるコンビ型やロンパース型などがありますよ。

短肌着を基本に重ね着などで服装を調節する

赤ちゃんの服装は肌着などを重ね着することで調節してあげるのがおすすめです。特に新生児期には1日のなかでも気温の変化に合わせてこまめに脱ぎ着させてあげてくださいね。

暖かい季節は短肌着を基本に、日中は上からベビー服や長肌着を着せてあげましょう。寒い時期は短肌着の上にコンビ型などの肌着を着せて、上からベビー服やベストを着せてあげるなどして調節しましょう。

重ね着させると細やかな体温調節ができます。また、服と服の間に暖かい空気の層ができるので、寒い日の防寒対策にもおすすめです。

首がすわったら、短肌着よりもコンビ型などの頭からかぶせて着せる肌着が着替えもしやすくおすすめです。真冬でも汗をかいていたら肌着を替えてあげてくださいね。

寝るとき肌着だけでもよい?季節別の注意点

春と秋は肌着の重ね着で寝冷えの予防を

1日の中でも気温差が大きい春と秋は、日中はとても過ごしやすいですが油断すると体調を崩しやすくなる季節でもありますよね。そんな季節にはパジャマの下に肌着を重ね着することで調節するのがおすすめです。

先ほどもご紹介しましたが、重ね着させると細やかな体温調節ができるので便利です。例えば、少し寒いけど冬用のパジャマだと暑そうな日には、短肌着の上にコンビ型の肌着を着せてから薄手のパジャマやツーウェイオールを着せてあげるとよいですよ。

また、肌着1枚で寝せるには寒そうだけど、上からパジャマを着せると暑そうなときには、パジャマの下の肌着をタンクトップや半袖のものにしてみてください。暑い日にはメッシュ生地の肌着もおすすめです。

夏の夜は肌着だけで寝るのが快適!

暑い夏の夜には半袖の肌着1枚だけで寝かせても大丈夫です。赤ちゃんも快適によく眠ってくれます。

エアコンをつけたまま寝る場合など、風邪をひいてしまわないかと心配してしまいますよね。でも赤ちゃんは大人よりも暑がりなので、エアコンの設定温度を大人が寒いと感じない温度にしておけば大丈夫です。

眠っている間にお腹を出して冷やしてしまわないように、お腹周りにバスタオルをかけてあげたり、ロンパース型やコンビ型の肌着を着せてあげたりしてくださいね。

また、赤ちゃんはたくさん寝汗をかきます。特に寝返りができるようになる前は、汗疹になりやすいので注意が必要です。汗をかいたら夜中でも着替えさせてあげてください。便利な汗取りパッドなどもありますよ。

冬は肌着の重ね着とスリーパーが便利

冬になると寒いのに赤ちゃんが布団を蹴ってしまって何度もかけ直してあげないといけない…なんてことはありませんか?

寝返りしたときに布団がずれてしまう場合もありますが、何度も布団を蹴っているようであれば、赤ちゃんは暑がっていることが多いです。

寝冷えを心配してパジャマを厚手のものにしてあげた方がよいのかなと考えてしまいそうですが、逆に「大人より1枚薄着」を目安に調節してあげましょう。

基本的には長袖の肌着の上にパジャマやカバーオールの組み合わせで大丈夫です。特に寒い日や寒い地域の場合には肌着を重ね着させてあげてくださいね。着る布団ともいわれるスリーパーを着せておくと寝相が悪くて布団から飛び出してしまっても安心ですよ。

赤ちゃんの快眠のため気をつけたいポイント

夏や冬はエアコンを使い室内温度を調節する

夏や冬にはエアコンをうまく利用して室温を調節することも大切です。真夏にはエアコンをつけたまま眠ることも一般的になってきましたが、冬でも室温が低いと湿度も下がってしまうので寝る前だけでも寝室をエアコンで暖めておくのがおすすめです。

具体的に、赤ちゃんが快適に眠ることができる室温の目安を季節別にご紹介します。

【春】20~25℃
【夏】26~28℃
【秋】20℃前後
【冬】20~23℃

気温が安定しない春や秋は、服装や室温の調節がとても大切な季節です。日中と夜中の気温差が10℃以上あるような日にはエアコンなどで暖かさをキープしてあげましょう。

部屋の温度や湿度がわかる温湿度計があると便利ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC