就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期のテレビが子どもに与える影響。メリットとデメリット

幼児期のテレビが子どもに与える影響。メリットとデメリット

幼児期の子どもがテレビを見ると、発達に影響があるのではないかと心配になるママは多いのではないでしょうか。確かに長時間見続けることは問題がありそうですが、テレビを見ることのメリットもあるようです。そこで今回は、幼児期のテレビが子どもに与える影響について解説していきます。

幼児期のテレビのメリットとは?

テレビの人物がモデルになる

子どもは見たものを「マネ」することで成長していきます。ママやパパがいくら注意しても治らなかったことが、テレビの中の大好きな登場人物を「マネ」することで、自然にできるようになっていた、ということもあるようです。

カッコいいキャラクターや可愛いキャラクターなど、子どもたちが憧れるような人物はたいてい善い行いをしてくれます。「あのキャラクターみたいに負けずに頑張ってみようね!」と声をかければ、子どももイメージしやすいでしょう。

ただし逆に、暴力的なシーンや乱暴な言動をマネしてしまうこともあるので、そういうときはママがしっかりと注意してくださいね。一緒に見ることで、子どもがどんなキャラクターに興味を持っているのか把握しておくとよいかもしれません。

家族のコミュニケーションツールになる

テレビは一家だんらんのツールでもあります。同じものを見て、お互いにどう感じたのか話すことでコミュニケーションを広げるきっかけにもなるでしょう。

見ている中で、子どもが知らないことや疑問に思ったことを質問してきたら、あいまいにせずしっかりと答えてあげたいですね。テレビがきっかけで学ぶこともたくさんあると思います。

子どもは自分が「おもしろい!」と感じているものを、パパやママに見せたくて仕方がないものです。大人からすると何が楽しいのかわからない…ということでも、子どもが「見て!見て!」と言ってきたら、少しの間でもいいので一緒に見て、「おもしろいね!」と言ってあげてください。子どもはそれだけで嬉しくなって、大満足するでしょう。

異なる地や文化に触れて視野が広くなる

テレビのよいところは、音や映像を通して、実際にはなかなか訪れることのできない、異なる地や文化に触れることができる点です。幼児期の子どもにとっての世界は、家族やお友達を中心に、知識や情報量も少ない状態です。

しかしテレビに映し出される映像は、国境を越えて遠い異文化の世界も伝えてくれます。広い地球にはいろいろな場所や様々な人が暮らしていると知り、視野を広げることができるでしょう。

幼児期に多様性を認めることは、将来の人格形成にも大きく影響します。自分とは違う人もいる、と知ることで、思いやりの心もはぐくまれます。絵本などでは伝えきれない情報でも、テレビならばわかりやすく学ぶことができるでしょう。

幼児期のテレビのデメリットとは?

テレビ以外の活動が少なくなる

テレビを見ている間だけは子どもが静かになるからと、つい長時間見せ続けてしまっていませんか?幼児期の子どもが起きて活動している時間は限られています。その貴重な時間の多くを、1人でテレビを見せることに費やしてしまうのはよくありませんね。

まずは、外で遊ぶ時間や、ママとコミュニケーションをとる時間などをしっかりと確保したいですね。そのうえで、1日にどれくらいの時間テレビを見るのか、およその目安を決めておくとよいでしょう。

一般的に、幼児期の子どもが1日にテレビを見る時間の目安は1~2時間程度といわれています。長時間の視聴は目にもよくありませんし、テレビ以外の活動が少なくなるのはおすすめできません。

言葉の発達が遅くなる

「幼児期にテレビを見ると言葉の発達が遅くなる」とよく聞きますが、いったいなぜそうなってしまうのか、ご存知でしょうか?この件に関して、はっきりとした研究データは発表されていないようですが、実際に子どもたちを診察する小児科医からは、テレビを長時間視聴することの危険性が問題視されています。

テレビというのは、生身の人間と違って一方通行の刺激です。ママやパパとの直接的な対話で言葉を覚えていくべき時期に、一方通行の刺激ばかりになってしまうと、言葉が育たないといいます。

乳幼児期は脳にいろいろな刺激を受けて発達していきます。その大切な時期に適切な環境にいないと、後からは取り戻せないのです。子どもが周囲とコミュニケーションをとらない場合、注意が必要です。

受動的な思考になり集中力が低下する

テレビから受ける刺激は、子どもの学びによい影響をもたらしてくれることもあります。しかし先ほども書いたとおり、テレビは一方通行の情報でしかないので、ただ見ているだけではどうしても受動的な思考になってしまいがちです。

話しかけても返事がかえってこないので、子どもが自分から積極的に表現する機会が減ってしまうのです。そうならないためにも、テレビを見る際は、パパやママが内容について話しながら一緒に見るようにするとよいでしょう。

また、幼児期は集中力を養う大切な時期でもあります。遊びの中で能力を高めていくのが一般的ですが、受動的にテレビを見ているだけでは集中力が低下する恐れがあります。テレビを長時間ダラダラと見るのが、習慣にならないように注意が必要です。

幼児期に見せるおすすめのテレビとは?

言葉が発達する「おかあさんといっしょ」

幼児期に見せるテレビ番組として、「NHK Eテレ」からおすすめの3つをご紹介していきます。

「おかあさんといっしょ」月~土曜日 8:00~8:24

いわずと知れた長寿番組ですね。ママも子どもの頃見ていたのではないでしょうか。2~4歳児を対象とした教育番組で、タイトルどおり「母と子が一緒に楽しめる」をコンセプトにしています。

歌やダンスのほかにも、言葉の発達を促したり、考える力を育てたりできるミニコーナーがいくつかあるのが特徴です。
  • しりとり列車…しりとりで次につながる言葉を探させる
  • シルエット仮面…影を見て、箱の中身は何かあてる
  • プリンセスミミイ…箱の中の音を聞いて、何の音かあてる
考えることで子どもの学びを促す番組です。

考える力を育む「ピタゴラスイッチ」

「ピタゴラスイッチ」土曜日 7:45~8:00
「ピタゴラスイッチ ミニ」月~金曜日 7:30~7:35

4~6歳児を対象にした「考え方」を育てる番組。ふだん何気なく暮らしている中にある、様々な法則や不思議な構造などを、音楽やアニメーションでわかりやすく解説してくれます。

特に人気が高いのは「ピタゴラそうち」のコーナー。身近にあるいろいろな日用品を組み合わせて、ビー玉がゴール目指して転がっていく様子は、一度見たら目が離せません。番組を見た後、子どもがおもちゃやブロックを使って「ピタゴラそうち」を作っていた、という話はよく聞きます。

子どもたちが思わずやってみたくなるような、積極性や考える力を育てる内容になっています。

感性を育ててくれる「デザインあ」

「デザインあ」土曜日 7:00~7:15
「デザインあ 5分版」月~金曜 7:25~7:30

私たちの身の回りに、当たり前に存在していると思われているデザイン。実は様々な工夫を加えることで「使いやすさ」「美しさ」「心地よさ」が実現されています。番組では子どもたちの「デザイン的思考と感性」をはぐくむことをコンセプトにしています。

あらゆるデザインを、斬新な映像や音楽で表現することで、子どもたちにデザインの面白さを伝えてくれる内容です。番組はリズミカルかつスピーディーに展開するので、大人が見てもかなり楽しめます。あるママは、「子どもと一緒になっておじいちゃんが真剣に見ていた」と話していました。子どもと一緒にデザインの世界を学んでみるのもいいですね。

まとめ

ママとしては子どもがテレビに集中してくれている時間はのんびりとできるので、正直ありがたいと思ってしまいますよね。まったく見せない、という教育方針のママもいると思いますが、現代社会ではなかなか難しいことです。

家庭内で、テレビを見るときの場所や時間などのルールを設けて、節度をもって視聴すれば、メリットもたくさんあります。子どもと一緒に同じものを見て、テレビを通じた親子のコミュニケーションの時間を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018