就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児ウェアはどんな種類があるの?正しい着せかたと選び方とは

新生児ウェアはどんな種類があるの?正しい着せかたと選び方とは

赤ちゃんの衣類は種類や素材が多くて、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。新生児にどんな服を着せればよいのか、また季節ごとにどのような点に注意すればよいのか、悩んでしまうママも多いのではないでしょうか。新生児ウェアの基本をしっかり押さえて、赤ちゃんとおしゃれを楽しみましょう。

新生児ウェアとは?どんな種類があるの?

新生児ウェアとは肌着の上に着せる洋服

新生児の間に外出する機会は少ないと思いますが、お宮参りや退院時などの外出時に着るベビー服を、新生児ウェアといいます。ツーウェイオールやカバーオール、セパレートタイプなど形状や素材もさまざまなので、発育段階や季節に合わせて選ぶとよいでしょう。

赤ちゃんは早いペースで服のサイズが変化しますが、その成長速度は個人差があります。新生児サイズをたくさん準備したのに、1カ月ほどで小さくなってしまったということも珍しくありません。

おむつ替えやよだれなどで汚れてしまうことも考えて、3~4枚準備するママが多いようです。洗いかえの分をとりあえず用意しておき、様子をみて1サイズ大きめのものを買い足すのもよいかもしれません。

長く使えるツーウェイオール

ツーウェイオールはその名のとおり、足元のスナップボタンの留め方次第で2通りの使い道ができるベビー服です。まっすぐ止めればベビードレスとして、ズボンのように分けて止めればカバーオールとして使用することが可能です。

おむつ替えの頻繁な時期は、そのたびに何度もボタンを付け外しするのはとても大変な作業ですよね。面倒になって外しっぱなしになってしまいがちですが、ベビードレスなら足元をペロッとめくるだけで簡単におむつを替えることができて便利です。

少し大きめのサイズを用意しておいても、途中で形状を変えて長い期間使うことができるので問題ありません。寒い時期に産まれた赤ちゃんなら、ベビードレスの裾が長めの方が寒さも防げてよいでしょう。

動くようになったらカバーオール

生後2カ月を過ぎたあたりから、赤ちゃんは足の動きが活発になってきます。足を元気よく動かすようになって、ベビードレスの裾がはだけてしまうことが多くなったら、カバーオールへ変えてみましょう。

カバーオールはツーウェイのようにベビードレスとしては使えませんが、股下にはスナップがついており、おむつ替えもしやすい構造になっています。手首や足首にはゴムが入っており、赤ちゃんの体にフィットするように作られているので保温性も高めです。

よく似た服にロンパースがありますが、下着としての用途が多く、カバーオールに比べて裾が短めだったり、ブルマタイプになっているのが特徴です。ロンパースも含めてカバーオールと表記されている商品もあります。

新生児ウェアはどんなものが適しているの?

通気性・吸湿性のよい綿100%素材が基本

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ肌が薄く、外部からの刺激にとても敏感です。乾燥や紫外線はもちろん、自分の汗やおしっこが原因で、乳児湿疹やあせもなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

通気性や吸湿性のことを考えるなら、やはり化学繊維よりも自然素材のものを選びたいですね。その中でも綿(コットン)は温かみのある優しい素材で肌への刺激も少ないため、敏感肌で汗をかきがちな赤ちゃんにピッタリです。

できるだけ綿100%のものを選び、新生児ウェアだけではなく下着の素材も自然素材のものにこだわるようにしましょう。綿は自然素材の中でも特に柔らかく汗を吸ってくれて心地よく、赤ちゃんも安心の肌触りです。

着替えがしやすい前開きタイプのもの

新生児期の赤ちゃんは、おむつ替えやミルクの吐き戻しで着替える回数も多くなりがちです。赤ちゃんだけでなく、ママの負担を軽くするためにも、前開きタイプの新生児ウェアを準備しておくのが基本です。

短下着などは紐で結ぶタイプがほとんどですが、新生児ウェアはスナップボタンが主流です。ファスナーが付いているものもあり、どちらを選んでも問題ありませんが、ファスナータイプには気を付けなくてはいけない点もあります。

まず、ファスナーが赤ちゃんの肌に直接触れないように注意しましょう。もちろん首やあごを挟んでしまわないように気を付けなくてはいけません。またファスナーの部品が赤ちゃんの口に入らないように配慮が必要です。

襟元はシンプルなデザインのものを選ぼう

可愛くオシャレなデザインのものが多い新生児ウェアですが、安全性も考えて選ぶ必要があります。とくに襟元は赤ちゃんの口や首に近く、手でも触りやすい位置にあるためできるだけシンプルなつくりのものを選びましょう。

ボタンやビーズなどが縫い付けられたものは赤ちゃんの口に入ってしまう可能性がありますし、長い紐やリボンは首に巻き付いてしまう恐れがあります。リボンはママが結ぶタイプではなく、チョウチョ型にしたものをしっかり縫い付けてあるものがよいでしょう。

襟元をオシャレにしたいのなら、襟型のスタイを付けるという方法もあります。首もとが汚れたときにサッと交換することができますし、カラーバリエーションも豊富なのでおすすめです。

新生児ウェアを選ぶときのポイント

縫い目が外側、もしくはないものを選ぼう

新生児の赤ちゃんの肌はとても敏感なので、肌着などの縫い目やタグなどが擦れて、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。必ず縫い目が外側についているものか、縫い目のないものを選びましょう。

市販のベビー用肌着のほとんどが、縫い目を外側にしたつくりになっていますが、念のため購入時にチェックするのを忘れないようにしましょう。袋に入った状態では分かりにくいので、心配ならばお店の人に確認してみるとよいでしょう。

気を付けなくてはいけないのが、プレゼントなどで手縫いの肌着をいただいたときや、自分でベビー肌着を縫うときです。赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、布や糸の素材だけではなく、縫い方にも注意が必要です。

体温を調節しやすいものを選ぼう

赤ちゃんは上手に体温調節することができないので、肌着や洋服で体温を調節する必要があります。季節や湿度によって服装を変えることはもちろん、朝夕の気温の変化や空調にも対応しやすいものを選びましょう。

夏の暑い時期は通気性のよい素材に半袖やノースリーブが基本ですが、冷房のきいた場所に行くときには、羽織れるものやおくるみを準備しておきましょう。冷たい風から赤ちゃんを守り、冷え過ぎを防いでくれます。

逆に冬場は寒さが気になって着せすぎてしまうことがあります。分厚いベビー服を1枚だけ着せるよりも、薄手のカバーオールにカーディガンやケープなどを重ねることで、気温の変化に臨機応変に対応することができます。

成長にあったサイズを必要な枚数選ぼう

産まれたばかりの赤ちゃんは、たった3カ月で体重がおよそ2倍に、身長は約10cm伸びるといわれています。しかし生まれたときの体重や身長も、その成長速度も個人差が大きいため、それぞれに適したサイズをその都度選ぶ必要があります。

ツーウェイオールやロンパースなど、長い期間に渡って着ることができるものは、あらかじめ大きめのサイズを用意しておいてもよいでしょう。最初は肌着を5~6枚、新生児ウェアが3~4枚あれば充分です。

同じサイズのものを一気に揃えるのではなく、赤ちゃんの成長の様子をみながら少しづつ買い足すのがポイントです。赤ちゃんの衣服は出産祝いでいただくことも多いので、買い過ぎないように注意しましょう。

新生児ウェアはどのように着せたらいいの?

基本の着せかたは肌着の上にウェアを1枚

肌着や新生児ウェアの種類が多く、季節ごとの合わせ方に迷ってしまいそうですが、基本は肌着にウェア1枚が基本と覚えておきましょう。ウェアの形状を変えることで、暑さにも寒さにも対応することができます。

春秋の過ごしやすい季節は、短肌着かコンビ肌着にツーウェイオールを重ねるのがベター。夏場は半袖のウェアで充分過ごせますが、赤ちゃんは汗をかきやすいので下着も着せるようにしましょう。

室内で過ごすのなら、冬は肌着2枚に長袖のウェアが定番です。短肌着とコンビ肌着を重ねて着せることで保温性が増しますし、寒い時期にありがちな着せすぎも防ぐことができます。

もちろん外出時には、季節に応じたアイテムを足すことを忘れないようにしましょう。

季節に適したウェアで調節してあげよう

季節ごとに半袖や長袖、肌着の枚数を使い分けるのが基本ですが、服の枚数や形状だけでなく素材にも注目してみましょう。体温調節が苦手な新生児の赤ちゃんが、どんな季節でも快適に過ごせるよう気温や湿度に合わせた工夫が必要です。

春から夏にかけての汗ばむ時期の肌着は、通気性と吸汗性に優れたガーゼや天竺がおすすめです。ウェアの生地も肌触りのよい綿や、吸水性の高いパイル生地のものを選ぶと、あせもなどの肌トラブルの予防になるでしょう。

秋冬のウェア生地は、伸縮性があって体になじみやすいフライスや、保湿性に富んだスムースがマストです。綿素材の肌着と合わせることで、乾燥しがちな季節も快適に過ごすことができるでしょう。

冬生まれは防寒ウェアも上手に組み合わよう

寒い季節に産まれた赤ちゃんは、退院するときやお宮参りのときの防寒も大切です。まだ首がすわっていないので、被せるタイプの防寒ウェアよりも前開きのベストやカーディガンのほうが着せやすくて便利です。

外出時でも室内でも、生後3カ月ごろまでの防寒にはおくるみが大活躍です。赤ちゃんを足先までしっかり包んで寒さから守ることができますし、抱っこもしやすくなります。

おくるみは包むだけでなく、おむつ替えのときに下に敷いたり、車移動のときにベビーシートの上から掛けたりといろいろな使い道があります。オールシーズン使えるものを1枚は準備しておくとよいでしょう。

帽子や靴下も防寒に役立ちますが、嫌がる赤ちゃんも多いので無理強いはしないようにしましょう。

新生児ウェア選びにおすすめのブランド

幅広い世代から信頼の高い「ファミリア」

ファミリアは1950年に神戸で誕生した国産ブランドです。ほかのメーカーに比べると価格が少し高く感じるかもしれませんが、製品に対する信頼の高さと品質のよさが、老舗ならではの安心感を与えてくれると思います。

色合いが控えめで上品なものが多く、優しくふんわりしたイメージのデザインが多いのが特徴です。おなじみの白いクマのイメージキャラクターも親しみやすく、子どもからご高齢の方まで幅広い世代から支持されています。

素材にこだわった着心地のよい服が揃っているので、よそ行きのお洋服を買い求めたり、プレゼントとして選ぶママも多いようです。また、衣類だけでなくポーチや帽子などの小物類や、ベビー食器なども人気です。

低価格で機能性抜群「ユニクロベビー」

赤ちゃんの成長は早いため、サイズアウトによる買い替えの多い時期は、コスパの高さも大切です。ユニクロベビーのウェアは洗濯をしても型崩れがしにくく、ストレッチ機能に優れているのが特徴です。

防寒ウェアなどはこまめに体温調節ができるように、脱着しやすいつくりになっているものが多いのもポイントです。ファスナーガードやウエストゴムなどもにもこだわり、着心地と機能性を重視したウェアは、普段着としても外出着としても重宝するでしょう。

シーズンごとに流行りのデザインやカラーなども抑えており、赤ちゃんのオシャレを手軽に楽しみたいママにおすすめです。またわざわざ店舗に出かけなくても、インターネットで購入できるのも嬉しいですね。

デザインが豊富で高品質な「コンビミニ」

ベビー用品のブランドとして有名なコンビですが、その子会社であるコンビネクストが展開しているブランドがコンビミニです。コンビミニが販売するウェアの特徴は、製品の仕上げの丁寧さと、お手頃な価格でしょう。

コンビミニのウェアは赤ちゃんが毎日着るものなので、着心地や機能性だけでなく、ママが赤ちゃんに着せやすいかどうかまで考えられて作られています。洗濯後の縮みによる品質チェックも行われているので、安心して着せることができますね。

素材にまでこだわった肌着も評判がよく、ウェアのデザインが豊富なのも魅力的です。品質と価格のバランスがよく、丁寧に作られているため、お手頃な値段で長く使えるとママたちの間でも人気のメーカーです。

まとめ

新生児ウェアや肌着は種類がたくさんあるので、素材も考慮するとなるとコーディネートに悩んでしまうかもしれませんね。しかし季節ごとの基本パターンをおさえておけば、それほど難しく考える必要はありません。

赤ちゃんの肌に直接触れる肌着は、素材選びが重要です。できるだけ綿100%のものを選び、ウェアの素材も気温や湿度に適したものをチェックしましょう。

着回しが効くデザインのものならば、少し大きめのサイズを買っておいても大丈夫です。赤ちゃんの成長に合わせて、楽しみながらコーディネートできるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018