就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児ウェアはどんな種類があるの?正しい着せかたと選び方とは

新生児ウェアはどんな種類があるの?正しい着せかたと選び方とは

体温を調節しやすいものを選ぼう

赤ちゃんは上手に体温調節することができないので、肌着や洋服で体温を調節する必要があります。季節や湿度によって服装を変えることはもちろん、朝夕の気温の変化や空調にも対応しやすいものを選びましょう。

夏の暑い時期は通気性のよい素材に半袖やノースリーブが基本ですが、冷房のきいた場所に行くときには、羽織れるものやおくるみを準備しておきましょう。冷たい風から赤ちゃんを守り、冷え過ぎを防いでくれます。

逆に冬場は寒さが気になって着せすぎてしまうことがあります。分厚いベビー服を1枚だけ着せるよりも、薄手のカバーオールにカーディガンやケープなどを重ねることで、気温の変化に臨機応変に対応することができます。

成長にあったサイズを必要な枚数選ぼう

産まれたばかりの赤ちゃんは、たった3カ月で体重がおよそ2倍に、身長は約10cm伸びるといわれています。しかし生まれたときの体重や身長も、その成長速度も個人差が大きいため、それぞれに適したサイズをその都度選ぶ必要があります。

ツーウェイオールやロンパースなど、長い期間に渡って着ることができるものは、あらかじめ大きめのサイズを用意しておいてもよいでしょう。最初は肌着を5~6枚、新生児ウェアが3~4枚あれば充分です。

同じサイズのものを一気に揃えるのではなく、赤ちゃんの成長の様子をみながら少しづつ買い足すのがポイントです。赤ちゃんの衣服は出産祝いでいただくことも多いので、買い過ぎないように注意しましょう。

新生児ウェアはどのように着せたらいいの?

基本の着せかたは肌着の上にウェアを1枚

肌着や新生児ウェアの種類が多く、季節ごとの合わせ方に迷ってしまいそうですが、基本は肌着にウェア1枚が基本と覚えておきましょう。ウェアの形状を変えることで、暑さにも寒さにも対応することができます。

春秋の過ごしやすい季節は、短肌着かコンビ肌着にツーウェイオールを重ねるのがベター。夏場は半袖のウェアで充分過ごせますが、赤ちゃんは汗をかきやすいので下着も着せるようにしましょう。

室内で過ごすのなら、冬は肌着2枚に長袖のウェアが定番です。短肌着とコンビ肌着を重ねて着せることで保温性が増しますし、寒い時期にありがちな着せすぎも防ぐことができます。

もちろん外出時には、季節に応じたアイテムを足すことを忘れないようにしましょう。

季節に適したウェアで調節してあげよう

季節ごとに半袖や長袖、肌着の枚数を使い分けるのが基本ですが、服の枚数や形状だけでなく素材にも注目してみましょう。体温調節が苦手な新生児の赤ちゃんが、どんな季節でも快適に過ごせるよう気温や湿度に合わせた工夫が必要です。

春から夏にかけての汗ばむ時期の肌着は、通気性と吸汗性に優れたガーゼや天竺がおすすめです。ウェアの生地も肌触りのよい綿や、吸水性の高いパイル生地のものを選ぶと、あせもなどの肌トラブルの予防になるでしょう。

秋冬のウェア生地は、伸縮性があって体になじみやすいフライスや、保湿性に富んだスムースがマストです。綿素材の肌着と合わせることで、乾燥しがちな季節も快適に過ごすことができるでしょう。

冬生まれは防寒ウェアも上手に組み合わよう

寒い季節に産まれた赤ちゃんは、退院するときやお宮参りのときの防寒も大切です。まだ首がすわっていないので、被せるタイプの防寒ウェアよりも前開きのベストやカーディガンのほうが着せやすくて便利です。

外出時でも室内でも、生後3カ月ごろまでの防寒にはおくるみが大活躍です。赤ちゃんを足先までしっかり包んで寒さから守ることができますし、抱っこもしやすくなります。

おくるみは包むだけでなく、おむつ替えのときに下に敷いたり、車移動のときにベビーシートの上から掛けたりといろいろな使い道があります。オールシーズン使えるものを1枚は準備しておくとよいでしょう。

帽子や靴下も防寒に役立ちますが、嫌がる赤ちゃんも多いので無理強いはしないようにしましょう。

新生児ウェア選びにおすすめのブランド

幅広い世代から信頼の高い「ファミリア」

ファミリアは1950年に神戸で誕生した国産ブランドです。ほかのメーカーに比べると価格が少し高く感じるかもしれませんが、製品に対する信頼の高さと品質のよさが、老舗ならではの安心感を与えてくれると思います。

色合いが控えめで上品なものが多く、優しくふんわりしたイメージのデザインが多いのが特徴です。おなじみの白いクマのイメージキャラクターも親しみやすく、子どもからご高齢の方まで幅広い世代から支持されています。

素材にこだわった着心地のよい服が揃っているので、よそ行きのお洋服を買い求めたり、プレゼントとして選ぶママも多いようです。また、衣類だけでなくポーチや帽子などの小物類や、ベビー食器なども人気です。

低価格で機能性抜群「ユニクロベビー」

赤ちゃんの成長は早いため、サイズアウトによる買い替えの多い時期は、コスパの高さも大切です。ユニクロベビーのウェアは洗濯をしても型崩れがしにくく、ストレッチ機能に優れているのが特徴です。

防寒ウェアなどはこまめに体温調節ができるように、脱着しやすいつくりになっているものが多いのもポイントです。ファスナーガードやウエストゴムなどもにもこだわり、着心地と機能性を重視したウェアは、普段着としても外出着としても重宝するでしょう。

シーズンごとに流行りのデザインやカラーなども抑えており、赤ちゃんのオシャレを手軽に楽しみたいママにおすすめです。またわざわざ店舗に出かけなくても、インターネットで購入できるのも嬉しいですね。
45 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版