就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠検査薬はいつから使えるの?使うタイミングや注意点について

妊娠検査薬はいつから使えるの?使うタイミングや注意点について

妊活中の女性にとって、生理の遅れはとても気になることですし、期待してしまいますよね。そんなときにまず考えるのが妊娠検査薬を使うかどうかという点です。今回は妊娠検査薬を使うタイミングや注意点などを詳しくまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠検査薬とは?使い方とタイミング

妊娠検査薬は尿中のhCGに反応する

まずは妊娠検査薬で妊娠が分かる仕組みを解説していきますね。妊娠検査薬は尿の中に含まれるhCGホルモン、正式にはヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンに反応し、検査結果として表示されます。

このhCGホルモンは、妊娠していないときには生産されておらず、妊娠すると同時に徐々に分泌量が増えていきます。hCGホルモンが一定量を超えたときにのみ妊娠検査薬に陽性として反応を示しますので、このときに初めて妊娠している可能性が高いといえるのです。

排卵検査薬でも妊娠の有無が分かるとの噂もありますが、排卵検査薬はLH、正式には黄体形成ホルモンに反応するものですので、陽性反応が出たとしても妊娠が判定できるという確証はありません。

妊娠検査薬の使い方を正しく知ろう

妊娠検査薬には、妊娠検査薬、早期妊娠検査薬の2種類がありますが、それぞれ使用を開始する時期が異なります。どちらの場合も推奨される時期よりも早い時期での使用は、たとえ陽性反応が出ても正しい検査結果ではない可能性もありますので注意が必要です。

妊娠検査薬は、正しい使い方をすれば検査結果はほとんど間違いがないといわれています。正しい結果を得るためにも使用方法を守りましょう。妊娠検査薬の使用方法は、とてもシンプルです。

多くのものがスティック状になっていますので、指定の部分に尿をかけるか、紙コップに尿をとりスティックを浸します。あとは付属のキャップをしたら平らな場所に置き、結果が出るのを数分待ちます。

生理開始予定日の1週間後以降がタイミング

たった今、妊娠検査薬には早期妊娠検査薬、妊娠検査薬との2種類があるとお話ししましたね。早期妊娠検査薬を使うタイミングは生理予定日が目安ですが、妊娠検査薬の場合はもう少し遅めの生理予定日の1週間後以降が目安です。

妊娠しているかどうか早く知りたいたいからといって、生理予定日に妊娠検査薬を使用すると正確な結果を得ることができませんので、使用のタイミングを守ることが大切です。間違った使用方法で検査を行って陽性反応を得られたとしても、うっすらと反応することが多く、その後モヤモヤした気持ちを抱いてしまうでしょう。

結局、その後も何度も検査をしてしまったという人も多いので、そうならないためにも早いタイミングでの妊娠検査薬の使用は避けましょう。

妊娠検査薬を使うときの注意点とは?

生理不順は前回と前々回の生理情報が必要

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後以降の使用が目安ですが、毎月の生理周期が安定しない人、いわゆる生理不順の人の場合は、生理予定日自体を見極めるのが難しいですよね。この場合、前回の生理と前々回の生理情報が必要になりますので、普段から記録しておくことが大切です。

生理不順の人が妊娠検査薬を使用する場合には、「前回の生理開始日+前回の生理周期日数+1週間後」というのが目安となります。検査をしても陰性が続き、けれども生理がこない場合には検査のタイミングがずれている場合や、生理がこないほかの原因があることも考えられますので、一度病院を受診してみることを検討してみてくださいね。

生理不順も治療をすれば改善が期待できますので、ぜひ医師に相談してみてください。

フライング検査結果のリスクを知ろう

妊娠を望む女性にとって、生理予定日は本当に長くて待ち遠しいものです。妊娠検査薬の使用時期は、生理予定日よりもさらに1週間後ということもあり、毎日ソワソワして仕方ないのではないでしょうか。

中には、1日でも早く知りたいという思いが強くなり、フライングで検査をしてしまうケースも多いようです。しかし、フライング検査をする場合には、いくつかのリスクがあります。

まずは結果の信頼度が低いことです。正しい結果が得られる時期ではありませんので、妊娠していたとしても陰性と表示される場合があります。

そして、もう一つは化学流産を知ってしまう恐れがあるということです。のちほど化学流産については詳しくお話しますが、フライング検査をしなければ分からないことなのです。

陰性の場合はタイミングが早すぎる場合も

生理予定日から1週間後に妊娠検査薬を使用すれば、妊娠している場合にはおそらく濃くはっきりとした陽性反応を見ることができると思います。しかし、結果は陰性だったけれどもなかなか生理がこないという場合には、検査のタイミングが早すぎた可能性があります。

普段の生理周期が安定している人であっても、ストレスや病気などの影響があると排卵日が遅くなってしまうことは珍しくありません。正常な生理周期の場合、排卵日から14日前後で生理がくるはずですので、排卵日が遅くなれば同時に生理予定日にも遅れが生じる可能性が出てくるかもしれません。

妊娠検査薬の購入時には、念のために2本セットを購入し、少しタイミングをずらして再度検査をしてみるとよいかもしれませんね。

妊娠検査薬で病院へ行くタイミング

病院へ行くタイミングは6週目以降に

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合、妊娠している可能性があるということ自体は間違いありませんが、確実な妊娠判定をもらうためには産婦人科へ行って診断を受ける必要があります。そして、経膣エコーを使い、胎嚢(たいのう)を確認して初めて妊娠したということが分かります。

胎嚢とは、赤ちゃんが入っている袋のことをいいますが、この胎嚢が見えるのがだいたい妊娠6週目くらいです。妊娠している場合、生理予定日から1週間後は妊娠5週目にあたりますので、陽性反応が出てからもう1週間ほど後の受診がおすすめということになりますね。

早く病院に行くこと自体問題はありませんが、診察代が実費になることや、通院する回数が増えてしまうこともありますのであまり焦らないようにしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC