就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがしゃべるのはいつから?話す目安とおしゃべりが遅い原因

赤ちゃんがしゃべるのはいつから?話す目安とおしゃべりが遅い原因

1歳を過ぎると、自分の子どもがいつしゃべり始めるのかと気になり始めますよね。同じ月齢の子がもうしゃべっていたりすると、自分の子は遅いのではと不安になることもあるのではないでしょうか。ここでは赤ちゃんがしゃべり始める平均的な時期や遅い原因、その解決法を紹介していきます。

赤ちゃんがしゃべり始める時期と前兆や言葉

赤ちゃんがしゃべり始める平均的な時期

赤ちゃんがいつしゃべり始めるかは個人差が大きいですが、平均的には1歳前後といわれています。また90%の赤ちゃんは、1歳5カ月までに意味のある単語を話すようになります。

しかし、しゃべり始める時期は、歩き始める時期よりも個人差が大きいといわれています。しゃべり始めるのが早い子と遅い子だと、8カ月以上も差があります。そのため、自分の子どもがなかなかしゃべらなくても焦らないでくださいね。

赤ちゃんは周りの大人がしゃべる言葉を聞いて真似をします。そのため、赤ちゃんとコミュニケーションを取ることはとても大切です。また、まだ言葉にもなっていないような喃語であっても、ゆっくりと聞いてあげると赤ちゃんは嬉しくなってもっと話したくなります。

しゃべり始める前兆はあるの?

赤ちゃんは生後2カ月頃からしゃべる練習をしています。クーイングと呼ばれる、喉の奥を「クー」と鳴らすような音を出し始めます。その後、「あーうー」といった喃語(なんご)を話し始めます。成長とともに喃語に子音を含めることができるようになり、生後7カ月頃には「あーあー」「まーまー」といった2音節の喃語を話せるようになっていきます。

このように、生後間もない頃から赤ちゃんは話す準備をしているのです。そして1歳前後でようやく、「まんま(ご飯)」や「ぶーぶー (車)」といった意味のある単語を話せるようになっていくのです。

何か欲しいときや怒ったときなどに、「んーんー!」といったりするようになれば、もうすぐしゃべり始めるという予兆でもありますね。

初めてしゃべる言葉で多いのは?

赤ちゃんが初めてしゃべる言葉で最も多いといわれているのが、「まんま(ご飯)」です。赤ちゃんにとって子音の中でも、マ行は発音しやすいので「まんま」という言葉を初めにしゃべる赤ちゃんが多いです。そのため、「パパ」よりも「ママ」を先にいう子も多いですよね。

その次に、バ行やパ行も発音しやすい子音であるといわれており、「ぶーぶー(車)」や「バイバイ」、「パパ」なども初めて話す言葉の上位に入っています。

日常生活で赤ちゃんがよく耳にし、興味を持っている言葉を初めてしゃべることが多く、食べることが大好きな赤ちゃんであれば「まんま」という言葉、散歩中によく車を見ている赤ちゃんであれば、「ぶーぶー」という言葉を最初にしゃべることが多いです。

赤ちゃんがしゃべらない原因。練習は必要?

赤ちゃんがまだしゃべりたくない場合も

赤ちゃんがなかなかしゃべり始めない場合、まだしゃべりたくないのかもしれません。例えばママが子どもとずっと一緒にいる環境の場合、子どもが言葉で何かを要求しなくても、表情から読み取ってママが先回りして何かをしてあげることってありますよね。

子どもの考えていることを理解してあげるのはとてもよいことですが、子どもは言葉で伝えなくても分かってもらえると思うと、言葉を話そうとしなくなってしまいます。

ほかにも、1人でテレビを見る時間が長い子どもは言葉が遅れることが多い、という研究結果も発表されています。テレビは見ているだけで情報がどんどん入ってくるため、子どもも夢中になってしまいますが、時間を決めて見せた方がよいのかもしれませんね。

1歳半健診の言葉の発達基準

1歳半健診ではまず前提として、話しかけたときに目を合わせるなど、周囲の声に反応することができているかどうかを確認します。

その上で、「わんわん」や「ママ」など意味のある単語を話せているかどうかを見ていきます。1歳半健診の時点で話せる言葉の数は、10個ともいわれています。しかし、1歳半健診では2〜3個話せればよいとしている自治体が多いです。

1歳半健診で言葉の遅れを指摘されると、自分の子どもになんらかの問題があるのではと不安になりますよね。しかし、1歳〜2歳は個人差の大きい時期ですし、1歳半健診では緊張してうまくしゃべることができない子どももたくさんいます。1歳半健診で話せないからといって、必ずしも異常があるというわけではないので安心してくださいね。

言葉を理解している場合は様子をみよう

赤ちゃんは言葉をしゃべるよりも先に、言葉を聞いて理解しているといわれています。同じ月齢の子どもはもうしゃべっているのに自分の子どもがまだしゃべらない、と不安に思っている方は、子どもの様子をよく観察してみてください。

まだしゃべることができていなくても、名前を呼ぶと反応したり、「ちょうだい」というとおもちゃを渡したり、大人が話す言葉を理解できているようであれば問題ありません。そのうちしゃべり始めるようになるでしょう。

しゃべり始める時期は個人差が大きいので、ほとんどの場合は3歳くらいまで様子を見ても大丈夫なことが多いです。それでもどうしても気になるようであれば、専門機関に相談してみるのもよいですね。

赤ちゃんの言語発達を促すためにできること

自然にわかりやすく話しかけてあげよう

赤ちゃんの言葉の発達を促すためには、自然にわかりやすく話しかけてあげるのが1番です。一昔前までは、言葉をシャワーのように浴びせるのがよいといわれていましたが、現在では適切な言葉を適度に話すのがよいといわれています。

例えば、おむつを替えるときに「おむつ替えようね」と話しかけたり、ご飯を食べているときに「お野菜おいしいね」と話しかけたりしてあげるとよいですね。

赤ちゃんが聞き取れるように、ゆっくりとはっきりと話しかけてあげることも大切です。また、「これ」や「あれ」といった指示代名詞は使わずに、物の名前をいってあげると語彙力も増えます。長すぎる文章は赤ちゃんが聞き取れないので、2〜3語で話しかけるようにしましょう。

絵本をたくさん読んであげよう

赤ちゃんにたくさん話しかけてあげたいけど、何を話したらよいかわからずに無言が続いてしまうこともありますよね。そんなときには絵本を読んであげましょう。書店や図書館に行けば、年齢に合わせた絵本もたくさん用意されているので、子どもの年齢に合わせた絵本を選んであげるといいですね。

赤ちゃん向けの絵本は、擬音が多く使われていたり、2〜3語の文章になっていたりと、赤ちゃんが聞き取りやすく興味を持ちやすい構成になっています。そのため絵本を読み聞かせることは、言語発達にとても役に立つのです。

また絵本に書かれている文章やリズムは、日常生活で話しかけるときの参考になります。子どもに話しかけるときに真似してみましょう。

同年代の赤ちゃんとのふれあいを!

子どもは子ども同士で遊ぶとたくさんの刺激を受けます。保育園や幼稚園に行き始めると、急におしゃべりが上手になったという話もよく耳にしますよね。

まだ入園前であれば、入園前の乳幼児のために施設を解放している保育園や地域の子育て支援センターに遊びに行ってみると、同年代の子どもたちとたくさん遊ぶことができます。

同年代の子どもたちが触れ合う場所に行くことは、ママにとっても大切なことです。同じくらいの月齢の子どものママ同士で、悩みを相談し合ったり、おすすめの小児科など子育てに役立つ情報も教えてもらえたりもします。ずっと家で子育てをしていると疲れてしまうので、こういった場所に行き大人と話をするのはママにとってもストレス発散にもなります。

まとめ

赤ちゃんの数ある成長の中でも、しゃべり始める時期というのは個人差が大きく、早い子と遅い子では8カ月も差が出ることもあります。同じ月齢の子がしゃべり始めていると不安になってしまいますが、自分の子どもの成長をしっかりと見てあげるようにしましょう。

まだしゃべることができなくても、子どもの中ではしゃべる準備を始めています。毎日絵本を読みきかせたり、笑顔でゆっくりと話しかけたりしながら、子どもの成長をゆっくりと見守ってあげるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018