就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦で野球観戦デートを楽しもう!大人の楽しみ方や子どもの預け先

夫婦で野球観戦デートを楽しもう!大人の楽しみ方や子どもの預け先

子育て中のパパやママのなかには、野球観戦が趣味の方もいますよね。しかし、子どもが小さいと野球場に行くのも大変なので「野球観戦はお家で我慢している」という方も多いでしょう。ここでは、夫婦で野球観戦に行く場合の楽しみ方や、子どもの預け先などをご紹介します。

ママとパパで野球観戦デートを楽しみたい

野球観戦は子連れだとちょっと大変

野球好きなパパやママは、たまには球場に行き野球観戦したいと思っている方も多いのではないでしょうか。「そろそろ試合を観に行きたい」と思っても、小さな子どもがいると連れて行ったほうがよいのか悩みますよね。

野球観戦をする場合は、好きなチームが試合をする球場まで足を運ばなければなりません。お家から徒歩で行ける距離ならまだよいですが、電車や車などで行く場合だと小さな子どもを連れて行くのは大変です。周辺の駅や道路なども野球観戦に行く方で混んでいるため、人混みのなかを子どもを連れて歩くのは危ないですよね。

また、「野球の試合は2時間で終わる」などの決まりがなく、試合が長引くこともあるので小さな子どもが一緒に行くと飽きてぐずり出す可能性もありますよ。

大人だけなら少し刺激的な球場グルメも満喫

大人だけで野球観戦をするときは試合を楽しむだけでなく、球場グルメも満喫してみてはいかがでしょうか。球場によっておすすめのグルメがたくさんあるので、試合を応援しながら食事も楽しみましょう。

たとえば、神宮球場では日本唐揚協会と一緒に開発された、肉汁たっぷりの唐揚げが販売されています。ビールとの相性もピッタリなので、パパと一緒に乾杯すると気持ちがさらに盛り上がりそうですね。

ほかにも、東京ドームではホットドッグやハンバーガーなどの軽食以外に、丼ものや焼き鳥などのたくさんのメニューが食べられます。小さな子どもがいると食べられるメニューが限られるため、大人だけで行くときはビールを片手に、おいしいグルメを楽しむとよいですよ。

同じユニフォームでペアルック。恋人気分に

夫婦で好きな野球チームが同じだと、一緒に野球観戦に行って盛り上がれますよね。子どもがいると夫婦で過ごす時間も少ないので、野球観戦に行くときは同じユニフォームを着てペアルックを楽しんでみませんか?

恋人同士だった頃は「デートで野球観戦に行く際にペアルックで楽しんでいた」という方も多いかもしれませんね。しかし、子どもが生まれてパパとママになると「ペアルックなんて恥ずかしい」「子どもとのペアルックはよいけれど、パパとのペアルックなんて今更できない」など、子どもが生まれたことで恋人同士のように楽しむことが恥ずかしくなってしまうことがあるでしょう。

野球観戦はユニフォームで応援する方が多く、ユニフォームのペアルックを着るとデートが盛り上がりそうですね。

夫婦2人で観戦するなら座席選びも楽しもう

夫婦2人でゆっくり観戦するならペアシート

「たまの夫婦2人の時間なので、ゆっくりと野球観戦したい」と思っている方も多いですよね。小さな子どもがいると毎日が忙しく疲れているパパやママも多いので、野球観戦しながらリラックスできると幸せでしょう。

阪神甲子園球場では「ブリーズペアシート」という2名掛けのシートがあります。こちらの座席はクッション性が高く、長時間座っていても腰やお尻が痛くならないのも嬉しいですよね。

カウンターが付いているので、球場グルメや飲み物を並べて快適に試合を観られるでしょう。普通の席では隣の人との間隔が狭いですが、こちらのシートは隣の席との間隔が空いているので夫婦2人きりの空間ができ、試合を観ながらくつろぐことができますよ。

迫力満点!エキサイトシート

「野球を間近でじっくり観たい」「迫力を感じられる席で観てみたい」など、実際のプロ野球の試合を間近で観てみたいという方も多いですよね。そのような方には、試合の流れを間近で感じることができるエキサイトシートがおすすめですよ。

横浜スタジアムの「エキサイティングシート」は、ファンなら一度は座ってみたいと願う憧れの席といわれています。座席が少なくなかなか予約が取れず、予約が空いていたとしても価格が高いので結婚記念日デートの思い出に取ってもよいですよね。

エキサイトシートは値段が高い分、プロの野球選手と同じ目線で試合を見届けることができます。間近で選手が見られてボールがネットまで飛んでくることも多いので、野球好きのパパやママは興奮すること間違いなしですよ。

大人だけだからこそ低予算の立ち見席

小さな子どもがいると、立ち見席だと試合中ずっと抱っこしないと見えないためパパやママは大変ですよね。しかし、夫婦2人だけで行く場合であれば、立ち見席でも十分に楽しむことができるでしょう。

先輩ママの話では、結婚記念日のデートで野球観戦に夫婦でお出かけしたそうです。球場グルメや雰囲気を楽しめたらよいということで、価格の安い立ち見席のチケットを購入したと話してくれました。

立ち見席では周りの方と一緒に声を出して応援してストレス発散し、球場グルメを食べたりビールで乾杯したりなど、夫婦でリフレッシュできてよかったと言います。チケット代が安い分、食事やお土産など、ほかのことにお金をかけることができるのが嬉しいですよね。

観戦中の子どもの預け先をどうする?

夫婦水入らずで過ごすために祖父母にお願い

夫婦2人で野球観戦に行きたい場合、子どもの預け先に悩みますよね。実家が近い方は、祖父母に子どもをみてもらえると安心でしょう。

パパやママと離れても子どもが寂しがらないように、日頃から祖父母とたくさん交流を深めておくとよいですよね。祖父母になついていると、子どもも泣かずに楽しんで過ごすことができます。子どもが楽しんでくれていると分かると、パパやママも心配なく夫婦で野球観戦を楽しめてよいですよね。

子どもが飽きないようにおもちゃやお菓子、ジュースなど、預けるときはいろいろなものを持参するとよいですよ。時間が長くなると子どもが寂しがる可能性があるので、試合が終わったら早めに帰宅できるよう頑張りましょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版