就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの泣き声にイライラしたら。泣く理由とイライラへの対処法

赤ちゃんの泣き声にイライラしたら。泣く理由とイライラへの対処法

心に余裕があるときは、どこかで赤ちゃんが泣いていても「泣いているな~、可愛いな~」と思えるのに、自分が子育てに追われていると、赤ちゃんが泣くたびにイライラしてしまうというママはいないでしょうか。赤ちゃんが泣く原因と、イライラしたときの対処法についてご紹介します。

赤ちゃんがずっと泣いているのはどうして?

泣くことは赤ちゃんにとって唯一の意思表示

この世界に生まれ落ちてから、赤ちゃんは日々たくさんのことを少しずつ学んでいきます。言葉もその一つで、赤ちゃんは最初から話せるわけではなく、成長するにつれて会話ができるようになりますよね。

それでも赤ちゃんはたくさんのことをママに伝えたいのです。そこで唯一の意思表示「泣く」という方法をとります。

「お腹が空いた」「眠い」「寒い」などの不快感で泣くことはもちろん、「つまらないな」「甘えたい」などの心理的要求も泣くことで伝えています。様々な対策をとってもダメ、万策尽きたというとき、ある先輩ママは赤ちゃんが「ママ好きだよ!」「愛してるよ!」といった心の叫びで泣いていると考えるようになってからイライラが減ったそうです。素敵なエピソードですよね。

赤ちゃんが泣く理由は様々

「ママだから泣いている理由が分かるでしょ」といわれるとママも困りますよね。赤ちゃんが泣く主な原因には不快感を伝えたい、心理的要求がある、体調が悪いなど様々です。これらはママも気がつきやすいですが、中には原因がみつからない場合もあるでしょう。

夕方になると激しく泣きだす「黄昏泣き」や夜中に起きて泣きじゃくる「夜泣き」などは、なぜ起こるのか諸説ありますが、明確にこれが原因と判断できるものではありません。どちらも赤ちゃんが成長すれば自然となくなるので、気長に待つのがよいとされています。

また、赤ちゃんは泣いて心肺機能を高めている、ストレス発散しているといわれることもあります。「大声で泣くのは元気な証拠」と思えるママの余裕が必要なのかもしれませんね。

体調不良を訴えている場合も

「いつもと様子が違う」「何かおかしい」と感じたら、病院に行きましょうとはよくいわれますが、何が違うのか、おかしいのか明確な答えがあるわけではありませんよね。ママの直感や日ごろの観察力が試されるものでもあります。

赤ちゃんには泣くことしか何かを伝える手段がありません。その中でも病気やケガなどで起こる痛みや不快感は、見逃すと一大事にまでつながる可能性があります。深刻なものでなくても、お腹にガスがたまっていたり、どこかにケガをしていたりするかもしれません。

なかなか泣き止まない場合は、全身をくまなくチェックして熱を測り、ミルクを飲む量やうんちの色はいつもどおりかなどもう一度確認してみましょう。心配な場合は病院へ行ってくださいね。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

泣き止まない赤ちゃんへの対応法と注意点

不快の原因を取り除いてみる

赤ちゃんが泣き始めたら、おむつを新しいものに交換する、授乳をするなど、いつもどおりのお世話をしてみましょう。おむつの蒸れが不快なのかもしれませんし、空腹なのかもしれません。 部屋の気温が高すぎないか、低すぎないか、赤ちゃんのお腹や背中を触ってみて汗ばんでいないか、冷たくないか触ってみると適温かどうか判断できます。

また、かゆい、痛いなども泣くことでママに伝えています。いつものお世話をしても泣き止まない場合は、全身をくまなく見て、腫れや炎症、傷などがないか確認してみましょう。

お腹にガスがたまっていると黄昏泣きの原因になるともいわれます。授乳の際に空気を飲み込まないように注意する、毎回げっぷを出すようにするなどでガスがたまるのを防げますよ。

場所を移動したり音を鳴らしたりする

赤ちゃんは刺激によって泣き止む場合もあります。刺激といっても激しすぎるとそれがまた泣く原因になってしまうので、穏やかな刺激がポイントです。

たとえば、赤ちゃんを抱っこして違う部屋へ移動したり、外に散歩に出たりすると効果的ですよ。音の出るおもちゃを鳴らしたり、ママが歌ったりすると赤ちゃんは興味をひかれて泣き止むかもしれません。赤ちゃんが好きな音楽などを探して流してみるのもよいかもしれませんね。

ママがいつもと違う動きをしたり、声を出したりするなど、泣き止ませるのではなく赤ちゃんを笑わせるつもりで挑んでみるとママのストレスもたまりにくいのではないでしょうか。赤ちゃんの好みもあるので、色々試してみましょう。

あやそうと強く揺さぶるのはNG

赤ちゃんはママの抱っこ、さらにゆらゆらと揺らしてもらうのが大好きですよね。ママが赤ちゃんをあやすときにもこの方法は有効です。

ただ、ゆらゆらの度がすぎるのは心配です。激しく揺さぶられることで起こる「乳幼児揺さぶられ症候群」は、最悪の場合命を落とすことがあり、そうでなくても将来重い後遺症が残る可能性もあるものです。

「1秒間に3~4回往復する速さ」を激しい揺さぶりとする研究結果もあります。これがどのくらいの早さなのか、枕やぬいぐるみを使って疑似体験してみるとよいでしょう。意外と「激しい」という速さではない印象を持つかもしれません。

イラッとしているとつい早くなるので、赤ちゃんをあやすときはくれぐれも注意しましょう。

赤ちゃんの泣き声が辛いと感じたときは

安全な場所に赤ちゃんを置いて離れてみる

赤ちゃんに辛く当たってしまいそうだと感じたら、ほかの部屋に移動するなど一時的に距離を置くのも一つの方法です。ママは1分程度でも目を閉じて深呼吸し、伸びをする、ジャンプをする、枕を投げるなど、ストレスを発散するような動きをしてもよいですね。

赤ちゃんの安全が確保できているならば、ヘッドホンをして好きな音楽をワンフレーズ聞くのもよいでしょう。新生児のころの写真を見たり、妊娠中の日記を読み返したりして赤ちゃんへの愛しさをよみがえらせるのもアイデアです。

とにかく気分を一新して赤ちゃんに笑顔で向き合えるように、上手に感情のコントロールをする必要があります。リフレッシュして心にゆとりができたら、また赤ちゃんの元に戻りましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版