就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

テレビが乳児に与える影響を知ろう!視力、音の影響や見るときの注意点

テレビが乳児に与える影響を知ろう!視力、音の影響や見るときの注意点

日々の情報ツールとして欠かせないテレビですが、テレビを乳児に見せることでの影響を気にしているママは多いのではないでしょうか。乳児にテレビを見せることでの体や脳への影響や注意点、教育ツールとしての使い方や安全対策についてもご紹介しますので参考にしてくださいね。

乳児がテレビを見ると視力がわるくなるの?

乳児の視力の発達について

生まれたばかりの赤ちゃんの目はまだ見えておらず、生後1~2カ月でも視力は0.01から0.02程度なので、ほとんど見えていない状態です。そこから少しずつ近くにあるものを見つめるようになり、2カ月目には色も認識できるようになります。

3カ月以降、視力は上がり続けて、両目の焦点が合いだすと人の形もなんとなくわかるようになり、生後5カ月で0.04以上になるとママやパパの笑顔も認識できるようになります。

生後半年にはお座りができることで見える範囲が広がり、1歳には視力は0.2以上になり小さいものでも見えるように。その後1歳から3歳の間に1.0近くまで視力がのびます。

このように乳児の視力はゆっくり少しずつ成長していきます。

乳児の視力が弱くテレビを見ていない

乳児の視力がよく見えるようになるのは1歳頃からで、生まれたばかりの頃はほとんど見えていません。一見テレビに注目しているように見えても、実はよく見えているわけではないのです。

乳児はテレビから色々な音が聞こえたり、色が変化する様子に惹かれてテレビが気になっているだけといえます。また乳児の視力はとても弱く、テレビの方を見ても目にはあまり影響がないといわれますが、乳児の視力低下とテレビに関する研究結果がないため、影響についてはっきりしたことはわかっていません。

そして気をつけた方がよいのはテレビを横から見ることです。癖になると左右の目で同時に物を見る力が育たなくなり、斜視になりやすくなるといわれています。

乳児はテレビの光の影響をうけやすい

テレビを至近距離で見たからといってすぐに目の発達に悪影響を与えることはないとされていますが、光の刺激が強いフラッシュのある画像を見たり、至近距離で1時間以上見続けたりしたときに、影響がないかはわかっていません。大人でもテレビを近くで見続けると頭痛がすることもあるので、乳児にとってもとても刺激が強いといえるでしょう。

できる限りテレビの光を避けた方が安心です。できたらテレビの前に柵をつくるなどして、2m以上は離すようにしましょう。

月齢が低い乳児ほど視力が未発達ではっきり見えないため、必要以上にテレビに近づいてしまうケースがあります。テレビをつけているときは、なるべく一緒に近くで見るなどして見守ることが大切です。

乳児にテレビの音は悪影響なの?

テレビの音はママの声を消してしまう

乳児の聴覚は大人よりも未熟です。大人のように雑音の中から相手の話し声を聞き分けることができないといわれています。そのため、絶え間ない雑音の中に長時間いた乳児はママの声と雑音の区別がつかず、ママの声に対する反応が鈍くなるといいます。

咳やくしゃみの音、突然なる電話の着信音でさえも乳児にとっては聞こえを遮断させる材料に。テレビをつけていれば一気に音が溢れますので、容易にママの声が消されてしまうということがわかります。

アメリカの医療研究機関の最新の調査研究では、「雑音が幼児に与える影響は深刻で言語学習の妨げになる可能性がある」ということを明らかにしました。ママの声だとしっかりわかってもらうためにもテレビの音には気をつけるようにしましょう。

言葉を覚えるのが遅くなることがある

乳児はママの言葉を何度も聞くことで覚えて会話ができるようになっていきます。長時間のテレビの音が雑音として聞こえてしまうと、乳児はママの声を認識できなくなり、言葉の発達に悪影響を及ぼし、言葉を覚えるのが遅くなるといわれます。

そして乳児は自分の声に反応してもらうことでも会話の練習をしますが、テレビを見続けることでママとの会話にキャッチボールが不足してしまいます。またテレビに慣れて受け身のコミュニケーションが定着してしまうと、自分から「遊びたい」などの気持ちを表現しなくなってしまい言語発達の遅れにつながる可能性も。

日本小児科学会でも2歳以下の赤ちゃんに長時間テレビを見せ続けることが言語発達の遅れにつながると発表していますので注意が必要です。

夜のテレビは睡眠の妨げになる

夜にテレビを見せることは、赤ちゃんの睡眠の妨げになりますので注意しましょう。テレビの音や光は脳に刺激を与えてしまい、なかなか寝つけない状態を招きます。

大人でもテレビやスマートフォンを寝る直前まで見ていると寝つきがわるくなりますが、乳児も同じです。また、いつもテレビがついていて音や光が絶え間なく続く状態だと、昼と夜の区別がつきにくいため、寝つきにくくなるともいいます。

これは乳児の中で昼は明るく周りの音がよく聞こえ、夜は暗くて静かであるという感覚がつきにくくなるためです。夜は暗くて静かで自然と眠くなるという体のリズムをテレビが崩してしまい、なかなか寝付けず睡眠を妨げることにつながりますので、テレビは時間を決めて見るようにしましょう。

乳児がテレビを見るときの注意点

テレビのつけっぱなしはやめよう

長時間のテレビは乳児の言葉の発達に影響を及ぼすことがわかりました。しかし朝の天気をチェックしたり、たまには息抜きでドラマを見たりとテレビを見たいこともあると思います。

日本小児科医会によると、2歳まではテレビを控えるべきとの提言がありますが、実際はなかなか厳しいのではないでしょうか。テレビをまったく見せないというのは難しいので、1日のうち2時間以上の長時間視聴を、できれば避けるようにしましょう。

またテレビのつけっぱなしはやめておきましょう。つけっぱなしにすることで知らずに長時間テレビを見てしまいますので、テレビはこまめに消すようにするとよいですよ。

日頃から時間を決めてテレビを見るようにする癖をつけると取り組みやすそうですね。

授乳中や食事中はテレビは消すようにしよう

授乳中や食事中はなるべくテレビを消すようにしましょう。授乳や食事は乳児にとって生命を維持するために大切なものです。

その間にテレビがついていると乳児の集中力が下がってしまい、思うように飲めなかったり食べられなかったりすることがありますので注意が必要です。またテレビに集中してすることで、食べ物への興味関心が薄れてしまい、食育にもよくありません。

環境を整える意味でテレビは消すようにしてくださいね。また授乳中にはママが赤ちゃんを「かわいい」と思うことがホルモンに影響し、母乳の出がよくなるといわれます。

乳児とのコミュニケーションを深めるためにも、ママも授乳中はテレビやスマートフォンをなるべく控えてみてくださいね。

テレビを見る角度に注意しよう

乳児にテレビを見せるときには、見せる角度にも気を配りましょう。テレビとの距離が離れていても斜めから見ていたり、見上げるように見るとその見方が癖になってしまいます。

見方に癖がついてしまうと物を見るときに顔を傾けるようになります。その結果首の筋肉のバランスがわるくなったり、片目だけ視力がわるくなるといった悪影響がでることも。

また両目のバランスがわるくなることから斜視になることもあるようです。テレビを見せるときは適度な距離をとり、テレビの真正面から見せるようにするとよいでしょう。

また、テレビを見せるときの高さも気をつけましょう。椅子に座らせたりテレビの高さを調節するなどして、目線の高さにテレビがくるようにするとよいですよ。

乳児のテレビ番組はママも一緒に楽しもう

乳児向けのものを見せるようにしよう

テレビは見せ方を工夫して使えば教育ツールになり言語の習得に役立ちます。おすすめは乳児向けの番組を見せることです。

そして番組を選ぶときは「音声と映像が一致していて、ゆっくり聞き取りやすいもの」を選ぶようにしましょう。これにより単語の記憶がしやすくなります。

乳児にはまだ単語と映像がセットで頭に入っていませんので、「太陽」という音声のときに「太陽」の映像が映るものを見ると単語を覚えることにつながります。また同じものを繰り返し見せると効果的です。

乳児は予想できることを楽しいと感じます。予想するためには繰り返し見せて覚えさせることが大切で、楽しいと感じると習得につながります。

お気に入りのものを見つけたら繰り返し見せて楽しませてあげてくださいね。

乳児向け番組でも視聴時間は短くしよう

乳児向けの番組を見せているとしても視聴時間は守り、短くするようにしましょう。乳児向け番組は短時間で区切られているものが多いので、その時間を守るようにすると視聴時間を短くしやすくなりますよ。

おすすめはママが「これを見たらテレビを消す」とあらかじめ決めておくことです。これができれば大体30分程度の視聴で終わることができます。

また乳児向け番組であっても授乳や食事中は見ないようにしましょう。食事への注意力が散漫になってしまい、いま食べているものへの興味が失われやすくなります。テレビを見るときはママが近くで一緒に見ることができるタイミングがベストです。

見せる番組の種類や視聴時間を考えてテレビをうまく活用していきましょう。

歌やダンスをしてスキンシップをしよう

乳児にテレビを一方的に見せ続けても、相互的なコミュニケーションを学ぶことはできません。しかしママも一緒に番組を楽しむのであればコミュニケーションのツールとして利用することができますので上手に活用していきましょう。

子ども番組は子どもの教育を考えた素晴らしい内容のものが多いので、時間があるときはママも一緒に子ども番組を見て歌やダンスを楽しみましょう。膝の上に抱っこして触れ合いながら見るだけでも違います。

また乳児向けの教材DVDなどでも同様です。歌やダンス、会話などのコミュニケーションを入れながら一緒に楽しむようにするとよいですよ。

大切なのはテレビを乳児1人で見せ続けないことです。ママと一緒に遊ぶ時間としてうまく活用できるとよいですね。

乳児がテレビ台に近づくときの対策について

ゲートを作ってテレビ台に近づけなくしよう

乳児はテレビの刺激を好むので放っておくとテレビに近づいてしまいます。テレビ周辺のものを口に運んだり、ときにはテレビに衝突することも考えられますので、安全対策をしっかりしておいた方が安心ですよ。

数ある方法の中でおすすめは、ゲートを作って乳児をテレビ台に近づけないようにすることです。ゲートがあれば周辺のものにも近づけないので安全です。

おすすめは、ただテレビの前に置くだけでよいタイプの自立タイプのベビーゲートです。テレビ用のゲートはしっかり固定する機能もついているものが多いので、よく動く子むけによいですよ。

またゲートが多少動いてもよいのであれば、ペット用のゲートを使用することもできます。大きさも丁度よく扉付きのものもありますので便利です。

画面をガードして傷つかないようにしよう

乳児がつかまり立ちを始めたり大きくなってゲートを超えられるようになると、全力でテレビ画面にも触ろうとします。テレビの液晶は傷つきやすく壊れると乳児の怪我にもつながりやすいので、画面もガードしておきましょう。

画面のガードには日本製のテレビガードがおすすめです。設置するテレビに合わせて製作してもらえて、ストッパーもしっかりしたものがついてきます。

画面を保護するためのアクリル板はブルーライトカット機能や光沢の有無も選べるようです。値段はテレビのサイズによって変わり、32型や37型は5,000円~6,000円前後、40型は8,000円前後で購入できます。

画面をしっかりガードして、思わぬ怪我や画面破損を防げるように対策しましょう。

テレビのコンセントにも気をつけよう

テレビ周辺のガードができたらコンセントまわりにも気をつけましょう。乳児はコンセントにも興味津々なので、コンセントをひっぱたりコードをなめたりと危険です。

乳児が怪我をしないように手軽にできる対策はコンセントカバーをつけることです。乳児が手でつかめるくらい小さいタイプのカバーは誤飲の恐れがあり危険なので、大きくて全体をおおうタイプをつけるとよいですよ。

また、テレビの置き場所によりコードが隠せるのであれば、家具の裏などにコードを隠してコンセントの存在を見せないようにするとよいでしょう。そして言葉が少しわかるのであれば「さわっちゃだめ」といい聞かせることも大切です。

テレビを安全に楽しめるように多方面から対策をしておきましょう。

まとめ

テレビが乳児に与える影響は、良い点も悪い点もあることがわかります。注意点をしっかりと理解し、食事中はテレビを消したり、乳児に1人でテレビを見続けさせないようにすれば、必ずしも悪影響につながるとは限りません。

うまく利用すれば親子のコミュニケーションや、乳児の言語習得といったツールとして利用できます。視聴時間を守り、よく考えながらテレビを利用し、生活の中で役立てていけるように工夫をしていきましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018