就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の胸囲の正常値と平均より大きい、小さい場合に考えられること

新生児の胸囲の正常値と平均より大きい、小さい場合に考えられること

赤ちゃんを出産すると「うちの子はしっかり成長しているのかな」「体がほかの子と比べて小さい気がする」など、不安になるママも多いのではないでしょうか。とくに、胸囲が小さかったり大きすぎたりすると「何かの病気なのでは」と心配になりますよね。ここでは、新生児の胸囲について見ていきましょう。

新生児の平均胸囲と正常値について

新生時期の赤ちゃんの平均胸囲

赤ちゃんの成長を見守るなかで、体重や身長を気にすることが多いと思いますが、胸囲というのも赤ちゃんの成長を知る上で大切なチェックポイントです。胸囲と頭囲とのバランスを比較することで、成長速度に問題がないのか、遅いのか早いのかなどを判断することができます。

生まれたばかりの赤ちゃんの平均胸囲は約32cmのようです。新生児期は男の子も女の子もほとんど差はありません。少しずつ大きくなっていくように思えますが、実際には生後6カ月近くまでの成長速度は予想以上に速いと感じるでしょう。

男の子も女の子も、生後1カ月では平均胸囲が約37cmとなっています。1カ月で約5cmも大きくなっているなんてびっくりですね。

正常値の目安になるパーセンタイル値とは

乳幼児保健指導の改善に役立てるため、厚生労働省では10年ごとに全国的に乳幼児の身体発育状態を調査し、3、10、25、50、75、90、97パーセンタイル値を基に乳幼児の身体発育値と発育曲線を公表しています。

パーセンタイル値は、調査対象全体の人数を100として小さい数字から数えて何番目かというのを%で表示する方法です。たとえば、10パーセンタイルだとすると、小さい数字から10番目ということになります。

発育曲線は母子手帳にも記載されていますので、赤ちゃんの成長がどのくらいなのかの目安を知りたいときの参考にしてみましょう。基準の数値に当てはまらない場合でも、発育曲線に沿って同じようなカーブになっていれば、それほど心配しなくてもよいかもしれません。

赤ちゃんの胸囲が正常値外のときは

赤ちゃんの成長は平均的な正常値と比較することが目安となりますよね。ただ、目安となる数値に比べて「身長がなかなか伸びない」「頭が小さいような気がする」など、正常値外だと心配でしょう。

胸囲について見た場合、生まれたときから大柄の子は小柄の子に比べて多少大きいこともあるため、胸囲の大きさだけで何か異常があるのかどうかということは判断できません。また成長速度にも個人差があるので、初めは正常値を少し外れていた場合でも、少しずつ正常値の範囲内になっていくこともあるようです。

胸囲に比べてあまりにも頭囲が小さい場合は、脳の発育に問題がある可能性がありますので、かかりつけの小児科で相談するとよいでしょう。

新生児の胸囲測定の目的と頭囲との関係

胸囲と比較すると頭囲の異常を見つけられる

「赤ちゃんの胸囲を測定する必要性はなに?」と思うママも多いでしょう。胸囲と頭囲を比較することで赤ちゃんの異常を見つけるきっかけになります。もし赤ちゃんに異常があった場合に早く気づくことができるので大切なことです。

たとえば、胸囲に比べて頭囲が小さい場合は小頭症の可能性が考えられますし、1歳を過ぎてしばらく経っても頭囲に比べて胸囲が小さい場合は水頭症の可能性が考えられます。早く発見することで、治療方法の選択の幅が広がり、正常な機能や発育の維持に役立つかもしれません。

何人かの友人ママに聞くと「そこまで測るのは大変だし測っていない」という意見が多数ありました。赤ちゃんが動いて測定しにくいとは思いますが、念のために測定しておくと安心ですね。

出生時は胸囲より頭囲のほうが大きい

生まれたばかりの赤ちゃんを見るとすぐに気づくかと思いますが、出生時は胸囲より頭囲のほうが大きいです。成長とともに胸囲と頭囲の差は少なくなり、1歳を過ぎるころには胸囲のほうが大きくなります。

厚生労働省が公表している平成22年乳児身体発育調査によると、胸囲と頭囲の発育パーセンタイル値の中央値では以下のような結果が出ています。

【男の子】
・出生時…胸囲32cm、頭囲33.5cm
・1歳…胸囲46.1cm、頭囲46.2cm
・2歳…胸囲49.2cm、頭囲48.7cm

【女の子】
・出生時…胸囲31.6cm、頭囲33.0cm
・1歳…胸囲44.8cm、頭囲45.1cm
・2歳…胸囲47.9cm、頭囲47.5cm

新生児には胸が膨らむ赤ちゃんもいる

生まれて間もない赤ちゃんの胸が膨らんでいると、なにか病気ではないのかと心配になりますよね。胸が膨らんでいる赤ちゃんは珍しくはないので、特に心配する必要はないでしょう。

赤ちゃんはママのお腹のなかにいる間に、胎盤を介して女性ホルモンをもらっています。その影響で乳腺が発達し、男の子か女の子かに関係なく新生児には胸が膨らむ赤ちゃんもいるようです。また乳房にコリコリとしたしこりのようなものができたり、乳首から白い汁(魔乳)が出たりすることもあります。

ママから赤ちゃんに移行した女性ホルモンは、2~3週間で自然消滅し、胸の膨らみも無くなってくるので、何もせず様子を見ることが大切です。生後1カ月程度続く場合もあるようなので、慌てないようにしましょう。

新生児の胸囲が増えない場合は?

母乳、ミルク量の見直し

出産入院しているあいだは、赤ちゃんの成長や体調管理を病院のスタッフの方がしてくれるため、ママは安心して過ごせますよね。しかし、退院してからは赤ちゃんの1カ月健診まではお家でママが赤ちゃんを守っていかなくてはならず、不安な方も多いでしょう。

赤ちゃんの胸囲が増えていない場合、胸囲だけでなく体重も増えていないことがほとんどです。新生児のころに体重がしっかり増えていないときは、母乳やミルクの量を見直すことが大切ですよ。

とくに、母乳の場合は、赤ちゃんがどのくらいの量を飲めているのかが見て分かりづらいので、授乳前後に赤ちゃんの体重を量るとよいでしょう。少ないときは母乳を与える回数を増やすか、ミルクを与えるようにしてみてくださいね。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj