就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児日記を簡単に始めるコツ!日記の選び方や続けるポイント

育児日記を簡単に始めるコツ!日記の選び方や続けるポイント

妊娠・出産時期に病院からもらうことも多い育児日記。どうせ書くなら自分好みの手帳で、長く書き続けたいですよね。とはいえ、どんな内容を書けばよいのか、三日坊主にならない方法はあるのか、気になるママも多いでしょう。今回は育児日記の選び方や書き方など、シンプルに続けられる方法を具体的に解説します。

育児日記はどれにする?選び方のポイント

育児日記をつける目的を明確にしよう

赤ちゃんにまつわるできごとを記録する育児日記は、ママによって使い方はさまざまです。育児日記として販売されているノートは見た目も中身も色々で、どれがよいのか迷ってしまいますよね。そんなときは、「育児日記に何を記録したいか」をまず考えてみてください。

育児日記で一番メジャーなのが、赤ちゃんの健康管理を目的とした使い方です。赤ちゃんの食事や、排泄などの生活パターンを把握することができるため、病院受診の際にも役立ちます。次の子を出産した場合にも、時系列に記録されているため参考にしやすいです。

赤ちゃんが大きくなってから、育児日記をプレゼントしたママもいるそうです。一緒に読み返して、愛情を再確認できる時間が持てれば素敵ですね。

ポケットつきなどの機能をチェック

手帳を購入する前に、その機能性も確認しておきたいですね。

通院するときは保険証・診察券をはじめとしたカード類のほか、検査結果や予約票を紙面でもらうことも多くなります。育児日記本体にポケットやスライダーバックが付属しているものであれば、紙類をまとめて保管しておけます。

育児日記を選ぶ際には、デザインも大きな要素になります。シンプルなアイテムが好きなママにおすすめしたいのが、革や合皮素材のノートカバーです。

育児手帳には可愛らしいデザインのものが多いため、内容は気に入ったものの、デザインが気に入らなかったママもいるのではないでしょうか。革のノートカバーをかけるだけで、カフェにも似合うお洒落な育児日記のできあがりです。

外出先でも書くならコンパクトなものがよい

育児日記を書く目的、手帳の機能性についてチェックできたら、最後に「どこで使う予定なのか」を決めておくとよいでしょう。

日記やアルバムとして自宅でのみ育児日記を使用するのであれば、たくさん書き込める大きめサイズのノートがおすすめです。とくに、ダイアリーページに写真を貼る場合は小さいサイズにすると、ページ内におさまりきらない可能性があります。

しかし、母子健診や病院受診などで持ち歩く予定があるなら、カバンに入れてもかさばらないサイズであることが望ましいです。育児日記はA5サイズが多いですが、変形サイズやB6サイズなどのコンパクトな手帳も販売されています。

用途に応じて手帳のサイズを選べば、ストレスなく長く使えそうですね。

さあ始めよう!簡単につけられる育児日記

シンプル「新版わたしの育児ノート」

「新版わたしの育児ノート」は、シンプルで実用的なのが最大の特徴です。記入項目は必要最低限ながら、赤ちゃんの睡眠状況や授乳、うんちなどの生活リズムを簡単に記録できます。

生活リズムの記録と日記が見開き1週間で確認できるため、見返しやすくなっています。ママの予定を書き込む欄もあるため、一冊で赤ちゃんとママ両方の予定を管理できるのが便利です。

お金や育児に関するアドバイスが充実しているほか、全ページに育児ミニ百科・お役立ちコメントが書かれているのも素敵ですね。

普段から日記をつけているママだと、シンプルすぎて物足りないと思うかもしれません。しかし逆に、「何を書いたらよいのか分からない」と悩むママにとっては使いやすい一冊です。

多機能付き「ミドリHFダイアリー」

育児手帳の中でも、とにかく機能が多いことが特徴の「ミドリHFダイアリー」。アルバムページや名前の由来、各種イベントページ、いただいたものリストやメモページなど、かゆいところに手が届く機能的なノートです。

シリーズ展開が多いことも特徴の一つです。ノートのサイズは一般的なA5サイズのほか、少し大きめのB5サイズ、持ち歩きに便利なB6サイズが販売されており、期間はいずれも1年用になっています。

ノート自体はリングノートになっています。ペンホルダー付きのPVC製のノートカバーがついているため、汚れを気にせず持ち歩けます。

また、B6サイズにはノートカバーにスライダーバックがついているため、ちょっとしたものを入れておくのに便利です。

家族共有可「パパっと育児@赤ちゃん手帳」

アプリ版の育児日記がたくさんある中で、「パパッと育児@赤ちゃん手帳」の大きな特徴は二つあります。

一つは生活リズムや予防接種スケジュールなどの通知機能があること。「ミルク」「睡眠」「うんち」などの項目があり、入力すると赤ちゃんの生活リズムを把握し、食事やおむつ替えのタイミングで通知してくれます。

また、生活リズムを自動でグラフ化し、1週間単位で確認することもできます。

もう一つは多機種に対応していること。0歳から6歳までの記録が可能なため、その間に携帯電話の機種変更をすることもあるでしょう。

PCとのデータ共有や複数の携帯端末とデータ共有ができるため、機種変更などを気にせず長くアプリを使うことができます。

育児日記をつけるときのポイント

29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事