就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシート装備のタクシーはあるの?安全な乗車のための豆知識

チャイルドシート装備のタクシーはあるの?安全な乗車のための豆知識

幼い子どもがいると、ぐずって抱っこ状態の買い物帰りなどに、タクシーを使いたくなってしまう場面が多々ありますよね。しかし、タクシーにはチャイルドシートが装備されていません。これっていいの?と疑問に思われた方も多いはず。今回は、その謎についてご説明いたします。

タクシーへのチャイルドシート装着は任意

法律によるとチャイルドシートなしでもOK

6歳未満の子どもを車に乗せるときにチャイルドシートの設置が義務付けられているのはご存じだと思います。

では、子どもを連れてタクシーを乗るとき、タクシーはチャイルドシートの設置義務があるのでしょうか。

答えは「設置義務なし」です。

道路交通法施行令第二十六条の三の二の三項には「チャイルドシートの使用義務免除」に関する一文が記述されており、そこには「六  道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき」は、チャイルドシートの使用義務は免除されると記されています。

ただし、カーシェアリングやレンタカーでは免除されないので注意しましょう。

チャイルドシートを使わなくてもよい理由

それでは、なぜタクシーはチャイルドシートの設置が免除されているのでしょうか?

それは、タクシーはどんな人がどんな状況で乗るのか予測できないからです。あらかじめ予測できたとしても、すべての人の要望に沿うことは不可能に近いでしょう。

常にチャイルドシートを積んでおけないの?という疑問も浮かびますが、そうすると、医療器具や車イスの利用者のスペースを奪うことになります。また、チャイルドシートは子どもの年齢によってもタイプが違うので、全種類積んでおくことは不可能なのです。

いっぽう、レンタカーやカーシェアリングは、個人が利用するもので子どもが乗ることがあらかじめ分かっているという前提なので、チャイルドシートは設置しなくてはなりません。

タクシーでチャイルドシートを使いたいとき

タクシーにチャイルドシートの設置義務はありませんが、希望すれば取り付けることができます。

たとえば予約する際、配車センターにチャイルドシートの有無を確認してみると、用意している会社もあるので、借りられるかどうか聞いておくとよいでしょう。また、自分で用意したチャイルドシートをタクシーに取り付けることも可能な場合もあるので、事前に相談してみましょう。

タクシーの移動で長距離の場合、ずっと抱っこだとママも大変です。また、いくら設置義務はないとはいえ、安全面で考えると、やはりチャイルドシートに乗せた状態が望ましいでしょう。

急遽タクシーを使う場合をのぞいては、できるだけ確認や準備をしておくことをおすすめします。

チャイルドシートの準備があるタクシー会社

地域の子育て応援団!全国子育てタクシー

乳幼児連れのママ、妊婦さんに嬉しい「全国子育てタクシー」を知っていますか?

乗車するタクシードライバーはすべて、子育てタクシードライバー養成講座課程を修了しており、乳幼児を連れた親子や妊婦さんに配慮ある対応をしてくれます。もちろんチャイルドシートも完備されています。

またさらに、「カンガルーコース」(要会員登録)にすれば、玄関先までドライバーが手荷物を運んでくれるそうです。

通常のタクシー料金で利用できるのもうれしいところです。ただし、迎車料金や時間外料金などは別途発生しますので注意してくださいね。地域によっても料金が異なりますので、まずは最寄りの子育てタクシーの公式サイトを検索して、確認してみてください。

都内なら日本交通のキッズタクシーが便利

都内であれば、日本交通の「キッズタクシー」がおすすめです。

日本交通がおこなっている、自宅から目的地までドアツードアで運んでくれるサービスです。子どもだけでも乗車させることができますし、チャイルドシートも要望に応じて用意してくれます。

利用シーンは、新生児の退院、赤ちゃんの健診、塾や習いごとの送迎、子どもだけでの里帰りなどさまざまです。

利用料金は、30分3,560円+メーター料金となります。

運転手は、キッズドライバーの身分証明として専用ネームプレートを所持しており、常に優しい運転を心がけてくれます。また、震災などの緊急時には、通信手段として、日本交通独自の無線システムを利用し現在地の確認や安全の確保をしてくれます。

大阪エリアのキッズタクシーは国際興業大阪

大阪でキッズタクシーを利用できるのは国際興業大阪です。

利用シーンは東京の日本交通と同じで、子育てに忙しいママたちの強い味方になってくれるでしょう。チャイルドシートは後部座席に固定して子どもを乗車させてくれます。

クレジットカード情報を登録することで予約や決済をネットで完結できるのも、忙しいパパやママにうれしいポイントですね。

時間制運賃として30分までごとに2,520円ですが、10km以上の長距離になると別途メーター料金を適用される場合もあります。

チャイルドシートは1台目まで無料、2台目から別途500円が加算されます。

ただ営業エリアは大阪市、吹田市、茨木市、摂津市が出発地の場合に限りますので、ご注意ください。

チャイルドシートなしで安全に乗車する方法

抱っこのときは大人だけシートベルト着用で

チャイルドシートなしで子どもとタクシーに乗るときの安全な乗り方についてご紹介します。

「大人だけがシートベルトをして、子どもは膝の上に乗せるか、抱っこ紐で固定」するのが一番安全とされています。シートベルトをするのは大人だけ?という疑問が浮かびますが、そこにはちゃんと理由があります。

それは万が一、タクシーが急停止してシートベルトがロックされたとき、シートベルトとママの間にはさまっている子どもが締め付けられる危険性があるからです。

大人用のシートベルトは、ある程度の座高が必要になるので、子ども(特に乳幼児)には使えないと思っておいた方がよいでしょう。

よって、シートベルトをした大人の膝の上で抱っこが、一番安全とされているのです。

1人で座れるときは後部座席の真ん中が安全

1人で座れるくらいの年齢の子どもの場合はどうでしょうか。

1人で子どもが座る場合、一番安全なのは「後部座席の真ん中」だとされています。理由は、真ん中にある2点式のシートベルトが子どもには安全であるということ、また万が一、左右どちらから追突をされても、ドアまでの距離が一番遠いためといわれています。

後部座席の真ん中は一番嫌われる席ですが、意外にも一番安全とされていたのですね。しかし、あくまで真ん中に2点式のシートベルトがあることが条件に含まれていますので、もしなかった場合には、助手席の後ろか、運転席の後ろに座らせましょう。

できれば1人だけでは座らせず、大人の膝の上で抱っこしてあげる方法で乗車することをおすすめします。

子連れで役立つ便利な商品を使おう

最後に、子連れタクシーの際に活躍しそうな便利グッズをご紹介します。

まずは「ベビーシート」です。最大の特長は、家の中では「ロッキングチェア」として使え、外に持ち運びに便利な「キャリー」、タクシーやレンタカーにも取り付けられる「チャイルドシート」と、1台3役の役割を果たすのです。

新生児から1歳くらいまでの、予防接種や定期健診、お宮参りなど、車を使って外出する場面が多い時期に活躍してくれそうです。

3歳頃から使える便利グッズが「携帯型チャイルドシート」です。折りたたむことができて、バッグやダッシュボードの中にも入るサイズになります。3点式シートベルトがあれば簡単に取り付けられ、3歳から11歳まで使えるのもうれしいポイントです。

まとめ

タクシーに乗るときに感じていた不安は、少しは解消できましたか?

タクシーではチャイルドシートがなくても、シートベルトをしたパパやママの膝の上でしっかり子どもを抱っこしてあげるのが、一番安全な乗り方だということが分かりました。

でも、より子どもの安全を考えたら、レンタルや携帯型でもよいので、チャイルドシートの準備はしておいた方がよさそうです。

最近は子育て支援サービスを実施しているタクシーも増えています。賢く使って、安全快適なお出かけを楽しんでください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR