就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティママのお呼ばれスタイル!選び方からおすすめドレスの紹介

マタニティママのお呼ばれスタイル!選び方からおすすめドレスの紹介

結婚式というお祝いの場にお呼ばれするのはとてもうれしいことです。が、妊娠中では体型が変わっているため何を着ようかと悩んでしまいますね。せっかくだから新しいドレスを購入するか、レンタルにしておこうか…と悩むママに向けて、この記事では妊娠中のドレスの選び方やおすすめのショップをご紹介していきます。

マタニティ期のお呼ばれドレスの選び方

ドレスは妊娠周期を目安にして選ぶ

一般的に招待状が届くのは挙式の2~3カ月前です。

妊娠すると赤ちゃんの成長にともなって、お腹が大きくなるだけでなくバストやヒップサイズにも変化が出てくるため、結婚式で着るドレスを選ぶなら、式に参列する日が妊娠何カ月頃かを考えて選ぶとサイズの失敗が少なくなるでしょう。

たとえば、妊娠初期では体型に目立つ変化はありませんが、タイトなデザインでは途中で具合が悪くなるかもしれないのでサイズに余裕のあるものを選びたいですね。

妊娠中期以降になると、お腹も日に日に大きくなってくるので、お腹に引っ張られてスカート丈が思った以上に短くなってしまうことがあります。そうならないように、丈が長めのものがおすすめです。

ゆったりしたデザインが脱ぎ着しやすくてよい

妊娠中は、体調に波がある場合もあるので、体に負担をかけないようなゆったりとしたデザインのドレスを選ぶようにしましょう。サイズに余裕のあるものだと、着ていて楽なのはもちろん着替えも楽ですよ。

妊娠週数が進むにつれて、ママの体は妊娠前の体型と大きく変わってきます。そのため、一般的なレディース向けのドレスで単純にサイズの大きいものを選んだとしても、なんだか似合わない…と感じるママもいるかもしれません。

そういったときは、ゆったりしているけれどデザイン性が損なわれないマタニティ用のドレスがおすすめです。冷えにくいよう露出が少なかったり、授乳口がついていたりするので、産後の授乳期にも着ることができます。

購入するかレンタルするかも考えよう

産後に向けて揃えたいベビー用品もいろいろあるし、自分にばかりお金をかけるのも気が引けてしまう…というママもいるでしょう。そんな場合に、お金のかかるドレスを新調するのはとても悩ましいですね。

けれど、購入したドレスは当然ですが何度も着用できます。結婚式だけでなく、産後のお宮参りのときにも着られますし、シンプルなデザインならちょっとしたおでかけにも活躍してくれますよ。

レンタルのよさは、普通なら値段の張るようなブランドドレスを安価で着られるということです。ドレスや小物も一式でレンタルすればコーディネートに悩むことがないなどのメリットがありますが、万が一汚してしまうと保証金が発生することも。

それぞれのメリット・デメリットをよく考えて選びましょう。

【購入編】プチプラなお呼ばれドレス

可愛くてプチプラな「スウィートマミー」

授乳服マタニティウェアの「スウィートマミー 」は、2004年に授乳服とマタニティウェアの通信販売を専門として誕生したショップです。

おしゃれを楽しむ気持ちや育児を楽しむ気持ちをすべてのママに伝えるため、ものづくりに妥協はしません。オフィスシーンで着られるアイテムから、カジュアルなマタニティウェアまで幅広い商品展開で多くのママから支持されています。

その証拠に、日本最大のネットショップ支援サービスであるEストアーによって毎年開催されているネットショップ大賞で、2014年から2017年まで4年連続受賞を達成しています。

プチプラでかわいいアイテムが揃っているので、賢くお買い物をしたいママにとっては助かりますよね。

ワンピースが得意な「ミルクティー」

大手通販サイトのマタニティウェア部門で何度も1位に輝いている「ミルクティー」は、ワンピースの取扱数が豊富であると定評があります。

お腹を締めつけずに楽に着られるワンピースは、マタニティママの心強い味方なので、たくさんの中から選べるのはうれしいですね。

実は「ミルクティー」の店長自身も子育て中のママであるため、ママ目線で考えられているお店となっています。妊娠中だけでなく、産後にも着たくなるようなアイテムがたくさん取り揃えられていますよ。

カジュアルにも着られそうなワンピースから上品に着こなせそうなワンピースまで、幅広いので選ぶ楽しさがあります。スペシャルセールやノベルティプレゼントなど、いろいろと開催されるキャンペーンにも注目です。

おしゃれな服が揃う韓国系「ルクリア」

「ルクリア」という店名は、桜に似た美しい花の名前からつけられました。日本人スタッフがデザイン性と縫製技術の高い韓国へいき、厳選して仕入れたアイテムを多数取り揃えています。

見た目にはマタニティウェアや授乳服に見えないようなおしゃれなデザインのものばかりで、韓国の芸能人やアナウンサーも愛用しているそうですよ。

取り扱われているアイテムは日本人スタッフが実際にすべて試着して、 着心地やシルエットライン、動きやすさなどまで細かくチェックしています。

「ルクリア」の商品は、臨月時のウエストも想定して作られていますが、特にシルエットにこだわっているので産後にも普通に着られます。長い期間着まわせるのはうれしいですね。

【レンタル編】賢くおしゃれを楽しもう

口コミや検索機能充実の「ワンピの魔法」

「ワンピの魔法」はレンタルドレスの専門店です。専門店であるため、とにかく商品展開が豊富です。それゆえに、中にはどれを選んだらよいか迷ってしまう…というママもいるかもしれませんね。

でも、ご安心を。「ワンピの魔法」にはアドバイスを受けられる専用ダイヤルがあります。「このドレスにはどんな小物を合わせたらよいの?」「気に入ったドレスがあるけどサイズが心配…」といったお悩みに答えてくれます。

また、サイズや丈感、色味まで絞り込むことができる検索機能があるので、簡単に希望のドレスが見つかりますよ。実際にレンタルした人の口コミも反映されているため、不満な点も含めた正直な情報をもとにアイテムを選ぶことができます。

靴などもドレスにセット「ファンタドレス」

海外セレブが着こなすようなドレスを、日本でももっと身近に楽しめるようにという思いから誕生したのが「ファンタドレス」です。

いわゆるマタニティ専用ドレスではない、マタニティにも対応可能な普通のドレスをセレクトすることで、マタニティママにも着心地がよくおしゃれに着られるアイテムを揃えています。

靴や小物もすべてコーディネートされたものを借りられるため、組み合わせに悩まずにすむのも助かりますね。

商品ページで商品を着用しているモデルは妊婦なので、お腹がふくらんだ状態で着るとどういったシルエットになるのかが、とてもわかりやすいです。サイトでは実際にレンタルしたママのメッセージも紹介されているため、商品選びの参考になりますよ。

安くて種類豊富な「おしゃれコンシャス」

業界最大級のレンタルドレスショップ「おしゃれコンサス」なら、国内や海外のブランドドレスをお得な料金でレンタルできますよ。レンタル料金は2,900円からで、入会金や保証金も不要です。

すばらしいコストパフォーマンスであるため、できるだけコストを抑えて結婚式用の衣装を用意したいママにおすすめです。レンタルの期間は2泊3日から、追加料金不要で6泊7日までゆっくりと借りることができます。

マタニティ期は体型が変わりやすいので、届いた商品のサイズが合わなかったという場合も考えられます。その場合には、即日で代替商品を発送してくれるため安心して利用できますね。ポイントシステムで、レンタルするたびにお得になるのもうれしいメリットです。

まとめ

妊娠中は体に負担もかかりやすいため、できるだけゆったりとしたデザインを選ぶと安心でしょう。結婚式に参列するタイミングに、自分の体型がどのように変化しているのかをしっかりと考えることが、マタニティ期のドレス選びにはもっとも重要なポイントといえます。

ドレスを購入するか、レンタルするかはそれぞれのメリットとデメリットをきちんと考えて選びつつ、マタニティ期のお呼ばれを楽しんでくださいね。

今回ご紹介したお店はすべて、素敵なドレスが揃っているのでぜひ参考にしてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018