就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

デビットカードの特徴や使い方。メリットを知って上手に活用しよう

デビットカードの特徴や使い方。メリットを知って上手に活用しよう

クレジットカードやキャッシュカードは認知度が高くよく使いますね。しかし、デビットカードについては「それなに?」というママも多いでしょう。最近ではCMでも流れているので、聞いたことがあっても実際に使っている人は少ないかもしれません。そこで、デビットカードの特徴や使い方、メリットなどをご紹介します。

デビットカードにはどんな特徴がある?

引き落としのタイミングにポイントあり

デビットカードは、クレジットカードと同じようにカードを使って決済するときに使います。では、いったいなにが違うのでしょう。

一番の大きな違いは、銀行から引き落としをされるタイミングです。クレジットカードは、各クレジットカード会社が設定する引き落とし日に利用した金額が引き落とされますが、デビットカードは、カードで決済するとすぐに銀行から引き落とされます。

これは、デビットカードは銀行から発行されるという性質が関係しています。そのため、デビットカードを持つためには、発行している銀行の普通預金口座を開設する必要があるでしょう。また、カード決済するとすぐに引き落としがされる都合上、使用限度額は口座残高を超えない範囲になっています。

お金の管理がしやすいのもメリット

クレジットカードはそのときに引き落とされるものではないため、請求書がきたり実際に引き落とされたりするまでに時間差があり、合計額が把握しづらくなります。その点、デビットカードは銀行残高から即時引き落としとなるため、買い物をしたあとの残高がはっきりと分かります。しかも、限度額が口座の残高となるため予想外の買い物額になることはないでしょう。

最近では、銀行の残高が分かるアプリが多くありますね。デビットカードの口座を持っている銀行の専用アプリや無料の一括口座管理アプリを使う方法もありますので、自分が扱いやすい方を使って残高を管理するとよいでしょう。

デビットカードはクレジットカードと違い、一回払いのみです。そのため、管理もしやすくなりますよ。

海外で現地通貨として引き出せることも

海外旅行によく行くママには海外のATMにも対応し、現地通貨も引き出すことができる便利な機能がついたデビットカードがありますよ。ただし、ATMを設置している会社から手数料をとられるカードもありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

デビットカードは、ATMで現地通貨を引き出すと手数料はかかることがありますが、金額が明確なため安心です。一方、クレジットカードでキャッシングを利用すると、利用日数により金利が変わるため、借入金額や返済の仕方により返済額が大きくなってしまうでしょう。

JCBやVISAと提携している銀行が発行するカードは海外でも使えますが、それ以外のカードは使えないこともありますので、注意が必要ですよ。

デビットカードの使い方と支払方法

使い方はクレジットカードとほぼ同じ

デビットカードの使い方は、基本的にクレジットカードと同じです。VISAやJCBつきのデビットカードは、加盟店で使うことができますよ。ただし、一部即時決済に対応していないお店では使うことができません。

使い方は、会計のときにクレジットカードと同じようにデビットカードを渡し、支払回数は一括払いを選びます。次にサインまたは暗証番号入力を求められることがありますので、その場合は対応しましょう。

JCBやVISAのついたカードは、Amazon、楽天市場などの大手ショッピングサイトでも使えますよ。しかし、個人サイトなどではクレジットカードの使用は可能でもデビットカードは遠慮してほしい旨が書かれている場合もありますので、購入前に確認しましょう。

支払方法は一括払いのみ

デビットカードは即時決済という性質上、一括払いしかできません。購入代金は、その場で引き落とされます。購入金額が大きくても分割払いができないので気をつけてくださいね。

ここで心配になるのが「もし残高不足だったらどうなるの?」ということでしょう。これは発行した各銀行のカードにより対応が変わってきます。

残高不足時は使えないカード、立て替えて支払われたのちに遅延金とともに立て替え分を請求されるカード、立て替え決済をしてくれ期限までに入金をすませれば使えるようになるカードなど対応はさまざまです。

自分が持っている、または持とうとしている銀行のカードは、残高不足のときにどのような対応をするかを使う前にきちんと把握しておきましょう。

あらかじめ口座残高を確認しておくとよい

もし、自分が持っているデビットカードが立て替え可能なものだったとしても、やはり借金となりますから、できるだけ避けたいものですね。そこで、デビットカードで買い物をする予定なら口座残高を常に確認しておくことをおすすめします。

「子どもが小さいしATMでいちいち残高確認するのは面倒だわ」と思うママもいますね。そんなママはデビットカードを発行している銀行専用アプリか、口座一括管理アプリを利用してみましょう。

銀行専用アプリには、銀行が作っているアプリとアプリ会社が作っているものとがあります。前者は入金や振込などもできますが、後者は管理のみとなります。一括管理アプリも管理のみですね。

自分に合うものを選んで、残高を確認するようにしましょう。

日本のデビットカードは2タイプある

金融機関が発行する「J-Debit」

J-Debitとは、手持ちのキャッシュカードをデビットカードのように利用できるものです。「それならデビット機能つきキャッシュカードとなにが違うの?」と思われるでしょう。

デビットカードとの共通点は、銀行残高から即時引き落としがされるところです。そのため、使い過ぎを防ぐことができますね。

二つの違いは、手持ちのキャッシュカードをそのまま使用できること、手数料・年会費などが不要なところでしょう。また決済のときにサインは不要で、暗証番号のみで使用できます。

ただし、J-Debitは日本独自のサービスのため、日本以外では使うことはできません。国内でも利用できるコンビニはまだ少なく、オンライン決済もできない不便な面もあるので気をつけましょう。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC