就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにプールの楽しさを教えよう!親子で楽しくプールデビュー

子どもにプールの楽しさを教えよう!親子で楽しくプールデビュー

子どもの習いごとで人気のある「プール」。しかし子どもが嫌がったり、送迎が大変だったりするかもしれません。そんなときは、パパやママから、プールの楽しさについて教えてみませんか?今回は、楽しくプールデビューする方法や、パパやママでも教えられる「泳げるようになるための基礎」などを紹介します。

水に慣れよう!お風呂やプールで遊ぼう

お風呂遊びから始めよう

プールデビューを成功させるためには、「水に慣れる」ことが第一です。多くの子どもははじめ、顔に水がかかることや、水に顔をつけることを嫌がりますよね。そんなときは、お風呂遊びから始めてみましょう。まず、お風呂遊びの中で、「水に慣れる」を目標にしてみてください。

たとえば、お湯のかけ合いっこをしてみましょう。はじめは手加減してくださいね。少し顔にかかる程度からはじめて、慣れてきたらバシャバシャと本格的にかけて遊んでみましょう。

また滝行のように、頭からシャワーをザーッとかける遊びもよいですよ。怖がるようなら、パパやママが抱っこをして一緒にシャワーをあびてみると、意外とできるものです。楽しい遊びの中で、水に慣れることが大切ですよ。

浅いプールで遊んでみよう!

お風呂遊びで水に慣れてきたら、今度は子ども用の浅いプールで遊んでみてください。市民プールやレジャー施設のプールなど、子ども用スペースとして浅いプールを設けているところが多くあります。

お風呂とはまた違い、たくさんの水に囲まれながら遊ぶことで、より水に慣れ親しむことができるでしょう。プールの端から端まで、水の中を歩き回ってみるのもよいですよ。水中での移動を体験することは、水になれる上では大切なことです。

周りの子どもが上げる水しぶきや、水の揺れを体全体に感じさせてあげましょう。慣れるまでは手をつなぐなど、子どもが安心するように、支えてあげましょうね。徐々に水の感覚がわかれば、一人で上手にバランスをとることができますよ。

プールのルールを守り、準備運動を忘れずに

プールには、危険がつきものです。ちょっとしたことが、けがや事故につながることもあります。楽しむためにも、しっかりとルールを守りましょう。

「プールサイドを走らない」は、みなさんご存知ですよね。プールサイドは水に濡れて滑りやすく、転ぶととても危険です。特に小さな子どもは、手をつないで歩くようにしましょう。またそれぞれの施設によって、決まりごとが違います。使用できる浮き輪の種類や、水着、スイミングキャップの着用などさまざまです。事前に調べておきましょう。

そして、準備運動も忘れないでください。手首や足首など、体の関節をまんべんなくゆっくり回します。その後軽くジャンプして全身をほぐし、深呼吸で呼吸を整えましょう。

顔つけ、息継ぎができるようになろう!

基本は鼻から吐いて口から吸う

楽しく水慣れができたら、今度はちょっとレベルアップをして、泳げるようになるための基礎を練習してみましょう。まず「水に顔がつけられる」「息継ぎができるようになる」です。

子どもは、水が顔にかかったときや、水に顔をつけているとき、必死で息を止めていませんか?もしかすると、口や鼻で水を吸い込み、苦しい思いをしたことがあるのかもしれません。このような経験から、水に顔をつけることが苦手になってしまう子どももいます。

そんなときは、はじめに顔つけの練習するのではなく、水中で鼻から息を吐く練習をしてみましょう。水の中で基本の呼吸は、「鼻から息を吐いて口から吸う」です。この呼吸は、のちに泳ぐためにも大切なポイントになります。

洗面器、お風呂、プールと練習しよう

子どもになにかを教えるときは、しっかりと「段階を踏む」ことが大切です。いきなり広いプールからスタートするのではなく、洗面器、お風呂、それからプールといったように、少しの水から始めていきましょう。

水中で鼻から息を吐く息継ぎの練習は、鼻と口を水につけることから始まります。もし怖がる場合は、洗面器よりさらに小さなコップからはじめるとよいですよ。コップの水に鼻だけ入れ、鼻から息を吐く練習をします。慣れてきたら徐々に洗面器、お風呂、プールと練習の場所を変えていきましょう。

基本の息継ぎが上手になったら、顔つけに進んでみます。手ですくった水からはじめてもよいのです。徐々にステップアップして成功体験を積むことで、子どものやる気もおきますよ。

プールでボビングしてみよう

次のステップは「息継ぎ」です。プールの中でジャンプをくり返し、水中に顔を入れたり出したりして呼吸をする「ボビング」を練習してみましょう。

ボビングは泳ぐときの息継ぎを練習することができます。練習するにあたって、まずしっかり頭まで潜ることができるようにしましょう。はじめは、パパ、ママが子どもの脇に手を入れ支えたまま「ブクブク」といって潜らせます。そして「パッ」といって水面から顔を出してあげましょう。リズムよく潜ったり出たりすると呼吸がしやすいので、「123パッ」の4拍子のリズムで行うとよいですよ。

さらにボビングは、水中で体のバランスをとる練習にもなります。両足をしっかりそろえて床を蹴り、ジャンプをすることも上手にできるコツですよ。

力を抜いて浮いて、泳いでみよう

だるま浮き、けのびの練習をしよう

次は、もうワンランク上の「だるま浮き」「けのび」の練習をしてみましょう。

まずは、だるま浮きです。その名の通り、水の中で両ひざを両手で抱え体を丸め、「だるま」の形になって水に浮きます。このとき、頭が後ろにそってあごが上がると、うまく浮きません。おへそをみるように、あごを引きましょう。また力を入れて膝を抱えても、浮きにくくなります。程よく力を抜くことがポイントです。

水に浮く感覚がつかめたら、こんどは体を伸ばして浮く「伏し浮き」を練習してみましょう。浅いプールで行うと、成功しやすいですよ。

伏し浮きができたら、「けのび」に挑戦です。上半身を伏し浮きの姿勢にし、足を浮かすときに壁を蹴り、伏し浮きの姿勢のまま進んでみましょう。

バタ足の練習してみよう

けのびができるようになったら、次はバタ足です。まずはプールサイドのふちに浅く腰かけ、足だけ動かす「腰かけキック」を練習してみましょう。バタ足の基本は足の付け根から動かすことです。ひざが曲がっていたり、足首が曲がって親指が上を向いていたりしないように、まっすぐ伸ばしてバタ足をしましょう。

上手に腰かけキックができるようになったら、けのびの姿勢にバタ足をつけます。はじめはビート板を使って、水中でのバタ足の練習をしましょう。そして徐々にビート板なしのバタ足へと、移行していきます。

足が沈むと水圧により、バタ足に多くの力が必要となります。そのため、水面を足全体で叩くように意識してみてください。余計な力がかからず、体もフラットに保てます。

たくさん褒めて、楽しむことが大事!!

今までの説明に共通していえることは、「たくさん褒めて、楽しむことが大事」ということです。

パパやママは「水を好きになってほしい」「泳げるようになってほしい」といった気持ちから、焦ったり、厳しく指導してしまったりすることがあるかもしれません。そうすると、子どもは楽しくないですよね。パパやママはできない部分を叱るのではなく、少しでもできたところを見つけて、たくさん褒めてあげましょう。なんでも「楽しい」「面白い」「好き」といったプラスの感情を持つことは、上達への近道ですよ。

さらに、子どもにとってパパやママに認めてもらうことは、自信につながります。その自信は次のステップへのチャレンジ意欲へとなるのです。褒めて、楽しむが大切ですよ。

まとめ

子どもの「プールデビュー」。なんとなくイメージがついたでしょうか?専門コーチのいる水泳教室で泳ぎを習うのもちろんよいですが、パパやママに教わることも、子どもにとっては親子の特別な思い出になることでしょう。「もっと教え方を詳しく知りたい」という場合は、練習方法をインターネットなどで検索することができます。動画も見ることができ、わかりやすいですよ。

身体的、精神的にさまざまな成長をもたらすプール。子どもだけではなく、パパママにとってもよい運動になることでしょう。ぜひ今年の夏、親子でチャレンジしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018