就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中でも美容を大切にしたい。キレイなママを目指すための美容法

育児中でも美容を大切にしたい。キレイなママを目指すための美容法

毎日育児と家事に追われ、ママは自分のことは後回しになりがちです。でもやっぱり子どものためにも、そして自分のためにもキレイで素敵なママを目指したいですよね。そこで今回は、時短のスキンケア方法や美容維持に必要な栄養素、キレイなママになるための習慣についてお話ししたいと思います。

キレイなママの時短スキンケアを学ぼう

クレンジングと洗顔はワンステップで

家事や育児で忙しいママは、なかなか自分のスキンケアの時間をとることも難しいと思います。スキンケアの基本はまずは洗顔です。

洗顔料は、メイク落としと洗顔がひとつになったW洗顔不要のタイプがおすすめです。メイクを落とした後、さらに洗顔をする必要がないので時短になります。

W洗顔などで顔を洗いすぎると、本来必要な皮脂まで落としてしまい、肌が過剰に反応して余計に皮脂が出たり、逆にかさついたりなどトラブルの原因になります。肌に刺激の強い石油系界面活性剤を使った洗顔料は使わないようにし、できるだけ肌に刺激の少ない優しいタイプのクレンジング洗顔料を使うようにしましょう。

洗顔料に気をつけるだけでも、肌のコンディションがよくなりケアの時間も少なくて済みます。

シートマスクで放置しながらしっかり浸透

お風呂上り、子どもの世話をするのにバタバタとしてしまい、顔に化粧水、乳液をつける暇もないママも多いことでしょう。そんなとき、シートマスクを利用してみましょう。

お風呂上りにシートマスクを顔に貼り放置しておけば、その間に子どもの世話をすることもできます。友人の子どもは、最初はシートマスクをしたママの顔にびっくりしたそうですが、今ではすっかり慣れて面白がってくれるそうです。

マスクは美白や保湿、敏感肌用など色々なタイプがあるので目的にあったものを選ぶようにしましょう。マスクの前に、ぬらしたタオルを電子レンジで蒸し、ほんの20秒ぐらい顔に当ててから冷蔵庫で冷やしたシートマスクをすれば、肌への浸透率も高まり効果アップしますよ。

オールインワンは正しい選び方を参考に

コスメショップやドラッグストアに行くと、色々なオールインワンゲルを見かけますね。たくさんのメーカーから出ているので、気になっているものの何を基準にして選んだらよいのか迷ってしまうママもいるでしょう。

【乾燥が気になる】
保湿力をうたっている商品がおすすめです。セラミドやヒアルロン酸などが配合されているものがよいでしょう。

【美白が気になる】
ビタミンCもしくはビタミンC誘導体、ビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化作用がある成分が入っているものがおすすめです。

【肌のハリ、弾力が気になる】
コラーゲンやエラスチン入りのものがよいでしょう。エイジングケアをうたっている商品もハリや弾力には効果ありです。

美容に欠かせない栄養素を上手に取り入れて

美容も健康もカバー「ビタミン類」

ビタミンが不足すると、様々なトラブルの原因になります。ビタミンはタイプによって役割があります。

【ビタミンB2】
粘膜や皮ふなどの健康状態のカギになるビタミンです。不足すると皮ふの代謝が悪くなります。

【ビタミンB6】
皮ふや髪の毛に必要なケラチンを作ります。過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあります。

【ビタミンC】
コラーゲンの生成を助け、体の免疫力を高める効果があります。不足すると、シミやシワの原因になります。

日頃からビタミン摂取を心がけたいですね。食品では、ビタミンAやビタミンC、さらにビタミンEが一度にとれるマンゴーがおすすめです。ビタミンB類が多く含まれるバナナもよいでしょう。

どうしても不足しがちな「ミネラル類」

ミネラルも色々ありますが、中でも特に亜鉛、鉄、銅、硫黄、マンガンなどは美肌を作るために欠かせません。特に亜鉛は、シミの元であるメラニンを作る活性酵素を除去する働きがあります。

さらに亜鉛は新陳代謝を補助する働きもあるので、美肌を意識するママには欠かせない成分です。ほかにもマンガンや銅は、肌の弾力を維持するために必要なミネラルとされています。

ミネラル類は貝類、海藻、レバーなどの食品に含まれているので、積極的に摂取するようにしましょう。ほかにもサプリメントで補ってもよいですね。

最近はミネラル入りのファンデーションも色々と出ているので試してみましょう。体内からそして肌の上からミネラル摂取を心がければ完璧です。

抗酸化作用に注目「ポリフェノール」

ポリフェノールには様々な種類があり、すべてに共通しているのは抗酸化力が強いということです。美肌のカギとなるポリフェノールをご紹介します。

【クロロゲン酸】
主にコーヒーに含まれます。ゴボウやサツマイモ、リンゴなどにも含まれ美肌効果があるといわれています。脂肪の蓄積を妨げる効果もあり一石二鳥ですね。

【オレウロペオン】
コラーゲンの生成を助け、メラニンの生成を防ぐ効果があり、美肌維持には欠かせないポリフェノールのひとつです。

【レスベラトロール】
肌をはじめとした身体の老化を防ぎ、アンチエイジングに効果的なポリフェノールとして近年注目を浴びています。ブドウに多く含まれます。

サプリメントや食品で上手に摂取するようにしたいですね。

キレイなママをつくる3つの習慣

正しい姿勢でスタイル良く

歩いているときや座っているとき、疲れて猫背になっていませんか?猫背は周りから見ていても美しくなく、だらしなく疲れてみえます。

また、猫背になると首がぐっと前に出るため肩こりはもちろんのこと、血行が悪くなり老廃物も溜まるので疲れやすくなります。老廃物が溜まると、顔もくすみがちになり手足もむくみやすくなるので気をつけたいですね。

座っているときや立っているときに体幹を意識するようにしましょう。膝立ちをすると、正しい姿勢がわかりやすいです。膝立ちをしてそのときの姿勢を覚えるようにしてみましょう。

バランスボールや寝る前の簡単なストレッチなどもして猫背を改善するようにしたいですね。正しい姿勢でスタイルよいママを目指しましょう。

家族に感謝し、自分も褒めてあげる

外面的な美しさは、内面の充実度が大きく関わってきます。家事や育児にバタバタと忙しくしていると、ついパパや子どもにあたってしまうこともあるかもしれません。あたられた方も気分が悪くなり、つい不機嫌になってしまいます。

家庭内で不機嫌の悪循環を作らないよう、ママが積極的に家族に感謝することから始めてみましょう。感謝をするということは、相手を思いやるということです。

思いやりの気持ちが家族に伝わると、相手のストレスも軽減し、ママに対しても自然と優しい振る舞いが返ってくることでしょう。ときには自分で自分を褒めることも必要です。

日記をつけることもおすすめです。毎晩寝る前に、その日ママが頑張ったことを記録し、自分で自分を褒めてあげてもよいでしょう。

早寝早起きで生活リズム安定させる

美容のためにはママの生活リズムを安定させることも大切です。できるだけ夜更かしは避け、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

特に睡眠は大切です。睡眠中に分泌される代謝酵素や成長ホルモンの働きにより、肌の修復と再生が行われます。さらに成長ホルモンは眠り始めの3時間が一番重要なので、この間にいかに熟睡するかが美容のカギともいえます。

子どもと一緒に早めの夕食をとるママも多いと思います。夕食が早いとママが寝る前に小腹が空くこともありますよね。

しかし寝る直前に何かを食べてしまうと、睡眠中の代謝に使われるはずの酵素が消化に使われてしまい、代謝がうまく行われず体の老化を引き起こしてしまいます。寝る前の間食は避けるようにしましょう。

まとめ

今回はキレイなママでいるための美容法についての記事でしたが、いかがでしたか?毎日育児と家事に忙しくても、一女性として美容には気をつけたいですよね。

エステやダイエット器具に頼らなくとも、日常生活の中の小さな積み重ねで「キレイを目指す」ことはできます。まずは毎日の簡単なスキンケアや食生活から改善するようにし、キレイな姿勢を心がけることから始めてみましょう。

「ローマは一日にして成らず」というように「美」も一日で作りだすことはできません。毎日コツコツと続け、魅力的で素敵なママを目指しましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018