就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

専業主婦ならではの子育てストレス!悩み解決法と解消法を伝授します

専業主婦ならではの子育てストレス!悩み解決法と解消法を伝授します

専業主婦というと、世間から見ると「1日中家にいられるなんて気楽ね」という印象を持たれがちですが、専業主婦ならではの子育てストレスもあり、1人で悩んでいるママも少なくありません。そこで今回は、専業主婦の悩み解決法とストレス解消法についてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

専業主婦ならではの子育てストレス

子どもと離れられなくて自分の時間がない

ワーキングマザーの場合、仕事に行くときは子どもを保育園に預けて仕事に行くことがほとんどなので、子どもと離れて過ごす時間があります。まだかわいい盛りの子どもを置いて働きに行くことに寂しさを感じているママもいると思いますが、同時にそれが親子関係のよい潤滑油ともなっています。

しかし専業主婦の場合、幼稚園に入園前の子どもの場合、1日中子どもと一緒に過ごしているので、ママには自分の時間がまったくといっていいほどありません。中にはトイレに行く時間すらままならないということもあるでしょう。

たまには自分1人の時間が欲しいと思っているママも少なくありません。これは人として当たり前の欲求なので、罪悪感を持つ必要はありませんよ。

専業だからと家事育児に完璧を求められる

専業主婦の場合、パパがママに家事育児を任せっきりで分担しないというケースも多いことでしょう。家事も育児もママの仕事というように思っているパパが多いので、完璧にこなさないとパパから批判されてしまうということもあります。

子どもがなにかいたずらをすると「ママの教育がなっていないから」、部屋が散らかっていると「掃除が完璧じゃない」とパパから注意されることもあるかもしれません。

このように、「なんでもできて当然」という視点で見られるとママも「完璧にこなさないと」というプレッシャーからストレスを感じてしまうことでしょう。しかしママだって人間です。日によっては疲労感から思うように家事をこなせないこともありますし、子どもの相手に疲れてしまうこともあるでしょう。

誰にも褒めてもらえなくて達成感がない

専業主婦は、家事も育児も「できて当たり前」という目で見られてしまい、どんなにキレイに掃除をし、育児を頑張っても誰にも褒めてもらえず達成感を感じにくいことでしょう。それに対して仕事は、報酬という対価があるので達成感を感じやすく頑張りがいもあります。

さらに家事も育児も家庭という閉鎖的な空間で行うため、日中ママの話し相手がいないということもストレスの一因となります。職場なら、同僚との交流の中で一緒に愚痴をこぼしたり、協力したりなど孤独感を感じることもありません。

家で子どもといると「私はこんなに家事も育児も頑張っているのに」という思いがママの中に蓄積してしまい、ママ自身の存在価値まで見失ってしまうこともあるでしょう。

子育てストレスから解放される解決策

預かり保育を使って自分の時間を持つ

ワンオペ育児で、ママが1人で過ごす自由時間を持てずにいると、ストレスもどんどん溜まっていってしまいます。かといって仕事が忙しいパパには預けることができないし、実家にも頼れないという場合には、預かり保育を利用するのも一案ですよ。

預かり保育を利用できるのは、仕事をしているママだけと思ってしまいがちですが、専業主婦のママでも利用することができます。核家族化が進んでいる現在、ママが1人で育児を頑張っている場合も多いですよね。

そんなママを応援するために、地域自治体や各保育サービスにおいて預かり保育を実施しているのです。数時間でも子どもを預け、自分の時間を持つことができれば、また気持ちを新たに育児や家事を頑張ることができますよ。

休日はパパに家事育児を手伝ってもらう

1人で家事育児のすべてをこなしているママは、適度にストレス発散しないと落ち込んでしまいます。平日パパの仕事が忙しい場合は、休日に家事育児の分担をしてもらえるようお願いしたいですね。

「仕事が休みの日ぐらい、家でゆっくり休みたい」といわれてしまうかもしれません。しかし仕事に休日はあっても、家事と育児には休日はなく1週間働きっぱなしです。

たとえばパパに子どもを動物園や水族館へ連れて行ってもらえると、子どもはパパと2人のお出かけに喜びますし、ママはその間少し休むこともできます。もしくは料理が得意なパパの場合、週末に料理を担当してもらうのもよいですね。

パパに家事や育児を手伝ってもらう場合は、できるだけパパの得意分野でお願いするのがよいでしょう。

自分のためのプチ贅沢をたまにする

簡単にストレス発散できる方法として、たまには自分のためのプチ贅沢をしてみるのもおすすめです。これなら、パパにお願いしなくても普段思いついたときにすぐに実行に移せるので、こまめに発散できます。

たとえば、たまにはランチに出前を頼んでみたり、子どもとの散歩ついでにママの好きなスイーツを買いに行ったりするなど、日常の中のプチ贅沢でママの心を癒してみましょう。いつもとは違う贅沢をすることにより、「また頑張ろう」と自分を励ますことができますよ。

パパやほかの人から優しくしてもらうことを期待するのではなく、まずはママ自身がママを褒めて労わることが大切です。毎日頑張っている自分をたまには甘やかすことも必要ですよ。

ストレスゼロは無理でも解消法ですっきり

子どもと一緒でも可!外に出る

子どもと一緒に朝から晩まで家にこもっていると、閉塞感を感じストレスも倍増してしまいます。わが子は可愛いものの、まだ言葉が通じない年齢だと会話もできないのでちょっと辛く感じてしまいますよね。

そんなときは少し面倒でも子どもと一緒に外に出るようにしましょう。天気がよい日なら公園を散歩するだけでもママの気分が少しすっきりすると思います。もし天気が悪く散歩が難しい場合は、近くの商業施設へウィンドウショッピングに出かけてもよいですね。

キッズコーナーのある施設なら、そこで子どもを遊ばせることができるので、ママはもちろん子どもにとってもよい気分転換になります。児童館や図書館も子どもとのお出かけ先におすすめですよ。

子どもを預けて美容院に行く

普段は髪を振り乱して家事や育児に奮闘しているママだって、たまには美容院に行ってキレイになりたいですよね。パパの休みの日に子どもを預ける、もしくは保育サービスの一時保育などを利用して、美容院へ行ってみましょう。

近所の美容室でもよいですし、少し足をのばして雑誌などで評判の美容院にいってみてもよいですね。ほんの数時間の外出でも、鏡の中に映るキレイに髪をブローされた自分の姿にストレスも忘れることでしょう。

思い切って髪をバッサリと切ると、気持ちもスッキリとして新しい自分を発見できるかもしれませんよ。髪型によってはイメージチェンジをすることができるので、ママの気分転換にはぴったりです。ママがキレイになると、パパも子どもも喜んでくれますよ。

子どもと一緒にいっぱい寝る

子どもが小さいうちは、夜中に何度も授乳やミルクなどで起こされ、ママも細切れ睡眠になってしまっていると思います。睡眠不足のままでいると、つい小さなことでもイラッとしてしまいますよね。

日中、子どもが昼寝をすると、その間に家事を済ませているママも多いと思いますが、たまにはその手を休めて思い切って子どもと一緒にお昼寝してみましょう。多少掃除ができていなくても、健康に害はありません。

夕食の支度が間に合わないときは、スーパーのお惣菜や冷凍食品を利用するのもありです。少しでも子どもと一緒に体を休めることの方が、疲れているママには必要ですよ。睡眠不足が続いてしまうと免疫力も下がり、病気にかかりやすくなるので、たくさん寝るように心がけましょう。

まとめ

今回は、専業主婦ならではの子育てストレスが溜まる理由や解決策、および解消法についてお話ししましたが、いかがでしたか?仕事をしているパパやワーキングマザーからみると、専業主婦が羨ましく思えるときもあるかもしれませんが、専業主婦のママは自分時間がほぼゼロの状態で毎日頑張っています。

なるべく子育てストレスを溜めないようにしたいものですよね。ストレスを感じたらこまめに発散するようにし、適度に自分を甘やかすようにしましょう。笑顔で頑張るママの姿が家族の元気の素にもなっていますよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018