就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ストローで赤ちゃんのおもちゃ作り!作り方と手作りおもちゃの魅力

ストローで赤ちゃんのおもちゃ作り!作り方と手作りおもちゃの魅力

身近なところに転がっているストロー。「このストロー、捨てるくらいなら、なにかおもしろいものに変身しないかな?」と思ったことはありませんか?ストローは、アイデア次第で楽しい手作りおもちゃになりますよ。ストロ−を使った手作りおもちゃのアイデアと、作るときに気をつけておきたいことなどを紹介します。

赤ちゃんの手先を鍛えるストローおもちゃ

集中力を高める「ストロー落とし」

集中力を高める「ストロー落とし」を紹介します。手先を動かすことで、脳の発達を促し、指の上手な使い方を学ぶことができますよ。

「ストロー落とし」は、穴の空いた容器の中に長さの違うストローを一つずつ落としていく遊びです。シンプルですが、やり始めると、子どもが夢中になります。

味のりの空き容器か、同じくらいの大きさの容器を100均から買ってきて、ふたにストローが通るくらいの穴をあけます。ドライバーなどを使うと、うまくあけることができますよ。穴のケバケバは取っておきましょう。

後は色々な長さのストローを準備したらできあがりです。穴の中にストローを落としてみましょう。穴の数を増やしたり、ストローを短くしたりすると、難易度も上がって楽しめますよ。

穴あきボードとストローで「ストロー差し」

人気の知育玩具に「ペグ差し」というおもちゃがあります。この「ペグ差し」をストローで自作してみましょう。

「ペグ」の代わりにストローを「ボード」の代わりに100均の穴あきボードを使います。ストローと穴の大きさをそろえておく必要がありますが、だいたい直径4mmぐらいにしておくと両方うまくそろいやすいようですよ。

次にストローを切っていきます。短いとつかみにくく、長いとつかみやすくなりますが、子どものスキルに合わせて、いくつか準備しておくとよいですね。難しいことを、あえてやりたがる子どももいますからね。

できあがったら、穴の中にひたすらストローを差していきます。ただ差してもよいし、形にこだわりながら差していくのもよいし、色々な楽しみ方ができます。

大きい小さいも学べる「ストロー通し」

大きさの違う種類のストローを準備するだけで「ストロー通し」のおもちゃができます。大きいストローに小さいストローを通すというだけの遊びですが、色々なバリエーションを設定することで、知育にもなりますよ。

準備したストローをそのまま使っても楽しいのですが、例えば、ストローの長さを変えることで、子どもの発想がさらに広がります。

長さが違うとどちらかがはみ出しますので、ストローを出し入れしたり、ストローをつないで長くしていったり、ストローを遠くに飛ばしたりして遊べます。遊びながら「長い」「短い」や「大きい」「小さい」という算数の基本の力もついていきますよ。

あまり短すぎると、誤飲の原因にもなりますので、適度な長さで遊びましょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんが目でみて楽しむストローおもちゃ

くるくるよく回る「ストロー風車」

ストローのツルツルした素材を利用して「ストロ−風車」を作りましょう。抵抗が少なくて、よく回りますよ。

風車の部分は、折り紙で作ります。それぞれの作り方でいいのですが、簡単なのは、対角線に切り目を入れて、中心に折り返していく作り方です。

うまく風車ができたら、中心につまようじを差します。先がとがっているので、大人がやってあげた方がよいかもしれませんね。

つまようじの先を、曲がるストローに差し込んで、できあがりです。風車を持って走ってもいいし、扇風機やドライヤーを当ててみても、よく回ります。

過ごしやすい季節になったら、手作り風車を持って、公園や広場に出かけてみませんか?きっと、子どもも、夢中になって走り回りますよ。

出た!が楽しい「いないいないばあ風船」

ビニール袋と紙コップ、そしてストローで「いないいないばあ風船」が作れますよ。ストローで息を吹き込むとビニール袋が「ばあ!」と膨らみます。

まずはビニール袋に顔を描きます。子どもに自分で描かせても面白いですよ。

次に、紙コップの下の方に穴を開けて、曲がるストローを差し込みます。そして、差し込んだストローの先をビニール袋に入れ、テープで止めます。

ストローで空気を吹き込んでみます。うまくビニール袋が膨らむようならうまくいっています。空気が漏れるようなら、その場所を見つけてテープでふさぎましょう。

最後に、ビニール袋を紙コップの中に押し込んで、できあがりです。「いないいないばあ」で一気に膨らませてみせましょう。きっと、子どもも大喜びですよ。

羽がひらひら「パタパタちょうちょ」

「パタパタちょうちょ」は、ちょうちょの羽が優雅にひらひら動くおもちゃです。なにか物語ができそうですね。

ちょうちょは色紙で作ります。半分に折って、ちょうちょの半分を描き、ハサミで切るとできあがりです。丸い紙を貼りつけたり、マジックで書き込んだりしながら、かわいいちょうちょにしましょう。

次に、ちょうちょの中心に、ストローをつけます。ストローの端に、ハサミでちょっと切り込みを入れておくと、二つ折りにしたちょうちょを挟むようにしながら接着できますよ。

これでできあがりです。ストローをゆっくり上下に動かしてみましょう。ちょうちょがフワフワ飛び始めますよ。

ちょうちょだけでなく、鳥や動物でもできそうですね。色々な生き物を作って楽しんで下さい。

赤ちゃん向け手作りおもちゃの魅力と注意点

子どもの興味関心にあわせて用意できる

赤ちゃん向け手作りおもちゃの魅力は、子どものそのときの興味関心に合わせて作れるところです。ある意味新鮮で、タイムリーなものが用意できますね。

市販のおもちゃは、どうしても「帯に短し、たすきに長し」で「おおむね満足でも細かいところが物足りない」ということがあります。その点手作りだと、子どもの好みに合わせた、今まさにほしいおもちゃが作れますよ。

子どもの成長に合わせて作れるということもありますよ。音の出るものが好きな時期ならば、中に鈴を入れてあげることができますし、ものを握れるようになったときならば、子どもの手のサイズに合わせた小物を作ってあげられますよね。

ネットやおもちゃ屋をあちこち探さなくても、今ほしいおもちゃが、我が家ですぐに手に入りますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事