就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

コンビのチャイルドシートの魅力とは?選び方や人気モデルをご紹介

コンビのチャイルドシートの魅力とは?選び方や人気モデルをご紹介

コンビのチャイルドシートは設置のしやすさや、使い心地、安全性などで多くのママから人気を集めています。チャイルドシートを購入するとき、コンビの商品を検討するママも多いでしょう。チャイルドシートはどういうところに注目して選べばよいのかまとめましたので参考にしてみてくださいね。

コンビのチャイルドシートの特徴は?

チャイルドシートの種類が豊富

コンビのチャイルドシートは「新生児対応チャイルドシート」「チャイルド&ジュニアシート」「ジュニアシート」など、種類が豊富です。子どもの成長や車の大きさ、どのように使いたいかなど、希望に合ったタイプを見つけることができます。

たとえば、新生児から長く使いたいなら、ロングユースタイプの「ウィゴー ロング ムーバーサイドプロテクション エッグショックIJ」や「ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH」などがおすすめです。新生児~7歳ごろまで長く使えるので、1台買えば着用義務期間をカバーできますよ。

新生児対応モデルだけでも、座席への装着が簡単なISOFIX対応モデルとシートベルト対応モデルを合わせて10種類以上と豊富です。

独自素材「エッグショック」で安全性が高い

平坦な道路を走るときや車を発進させるとき、ブレーキをかけたときなど、ママにとってはたいしたことのない振動でも赤ちゃんにとっては大きな衝撃になってしまいます。特に、首のすわっていない赤ちゃんは自分で頭を支える力がないので心配ですよね。

コンビのチャイルドシートは衝撃吸収力の高いエッグショックを搭載しているので、振動や衝撃から赤ちゃんのやわらかい頭を守ることができます。従来のウレタンに比べて、エッグショックは約3倍の衝撃吸収力があり、3mの高さから卵を落としても割れないという安全性の高さです。

赤ちゃんに振動や衝撃が伝わらないように工夫して車を運転することが大切ですが、もしものときのことも考えると、エッグショックは安心感がありますね。

設置や装着が簡単でママの負担も少ない

チャイルドシートはどれも簡単に設置や装着できるのではないかと気楽に考えているママも多いでのではないでしょうか。しかし、説明書をよく見ても分かりづらく、慣れるまではむずかしいようです。

コンビのチャイルドシートはどのタイプも設置や装着が簡単で、負担も少ないので多くのママから人気があります。シートベルトをチャイルドシートのどこに通すのかはガイドがあるので分かりやすく、シートベルトを固定するためのロック機構もあるので安心です。

チャイルドシートは自分の車に一度設置すればずっとそのままではありません。子どもの成長に合わせて設置方法を変えるタイプや、実家や友人の車に乗るときなどに設置しなおす機会もありますので、取り扱いが簡単かどうかは大切です。

チャイルドシートの選び方を知っておこう

子どもの年齢や使用期間を考える

チャイルドシートは種類によって「子どもが何歳から使用できるのか」「何歳まで使用できるのか」「体重は何kgまで適応しているのか」などが違います。チャイルドシートを選ぶときは、子どもの年齢や使用期間を考えましょう。

コンビのチャイルドシートは新生児~4歳ごろまで使えるタイプや、新生児~7歳ごろまで適応している長く使えるタイプ、1歳ごろ~11歳ごろまで対応しているジュニアシートもあります。

新生児対応していないタイプだと出産してからしばらくは車で赤ちゃんと一緒にお出かけできませんので、すぐにでも使う予定がある場合は新生児対応タイプが必要です。

また、子どもがすでに1歳を過ぎている場合は、1歳から使えるタイプを選ぶと使える期間が長くなりますよ。

ISOFIXなど取り付け方法で選ぶ

コンビのチャイルドシートには、シートベルト対応モデルとISOFIX対応モデルがあります。もし、新生児のうちから車に乗せてお出かけしようと考えているならISOFIX対応モデルが便利ですよ。

ISOFIXはシートベルトを通して固定するという手間がありません。ISOFIX専用の金具にチャイルドシートのコネクターを差し込むだけで簡単に取りつけられます。シートベルトで固定するタイプのように、しっかり固定できていなかったり緩んだりする心配がなく安心です。

ほかにも、サポートレッグがついているとよりチャイルドシートを固定しやすくなり、安定感も高まります。サポートレッグはレバーで長さを調節して床に固定するものです。選ぶときにいるかいらないか検討しましょう。

適合車種を事前に調べておく

どのチャイルドシートでも自分の車に設置できるとは限りませんので、選ぶときは適合車種を事前に調べておきましょう。

たとえば、新生児対応チャイルドシートの場合は進行方向に対して後向きに設置しますが、車によっては後向きに設置できないこともあります。ほかにも、シートベルト固定タイプだと2点式シートベルトには対応していません。

2012年7月以降に発売されている新車にはISOFIX取付金具の装備が義務付けられていますが、この場合もすべての車に設置できるとは限りません。自分の車が適合しているかどうかの確認は必要です。

適合車種はコンビのホームページ「コンビチャイルドシート取付確認車種リスト」ですぐに確認することができます。

コンビのチャイルドシートの人気モデルとは

新生児対応シリーズは特に支持が高い

普段の買い物や友人とのランチ、実家への帰省など、新生児のときでも車で一緒に移動することは多いでしょう。そのため、新生児対応シリーズは特に支持が高いです。

コンビの公式オンラインショップでのランキングを見ても以下のように新生児対応モデルが上位になっています。

・1位
コンビ ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-650 Ltd

・2位
コンビ ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-650 Ltd

・3位が
ウィゴー ロング ムーバー サイドプロテクション エッグショック IJ

新生児対応モデルのなかでも、360度回転できるタイプが特に人気のようです。

ゼウスターンは360度回転する

コンビのチャイルドシートのなかでも、シート部分が360度回転するゼウスターンシリーズが人気を集めていました。今では、新生児対応チャイルドシートのほとんどに360度回転機能が備わっています。

シートを回転できることで、車高が低い車や狭い車でも赤ちゃんの乗せ降ろしが楽にでき、車内で赤ちゃんのお世話をするときにも便利です。シートはボタン一つで回転させることができるので、赤ちゃんを抱っこしながらでも楽に乗せることができます。

新生児のあいだは体が小さく体重も軽いので、シートが回転しなくても特に不便さを感じませんが、成長してくると乗せ降ろしに不便さを感じるでしょう。もし、どれにしようか悩んでいるなら360度回転タイプがおすすめです。

ネルームは設置が簡単なISOFIXに対応

コンビのなかでも圧倒的人気を誇っているネルームシリーズにも、ベーシック機能が詰め込まれたISOFIX対応モデルの「ネルーム lite ISOFIX」があります。

上記でもご紹介しましたが、ISOFIXは差して押し込むだけで簡単に設置できるのが特徴です。また、「ネルーム lite ISOFIX」はほかにも、以下のような便利な機能が備わっています。

・前向きでも後向きでも指1本で3段階のリクライニング
・どのリクライニングポジションでも指1本で360度回転
・肩ベルトの長さ調節はレバー操作だけ
・開閉式のUVカットサンシェード搭載
・サイドプロテクションが高め設計
・通気性や快適性に配慮したエアスルーシート
・手洗いできるウォッシャブルシート

まとめ

コンビのチャイルドシートには回転タイプやISOFIX対応タイプなど、いろいろなタイプがあるのでどれにしようか悩みますよね。長く使えるものなので、値段が少し高くても使いやすいタイプを選ぶのがおすすめです。

友人ママに聞くと「やっぱり回転できるタイプにすればよかった」と後悔していました。車が小さめなので子どもが成長してくると、乗せ降ろしに不便さを感じているようです。

今回ご紹介した選び方や人気モデルを参考に、買ってから後悔しないようにじっくりと考えてみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR