就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れ再婚でもう一度幸せを!再婚してよかったと思う経験談も

子連れ再婚でもう一度幸せを!再婚してよかったと思う経験談も

再婚には多くの困難がともないますが、最も多いと考えられているのが子連れ再婚です。子連れ再婚は不安要素がいっぱいで、再婚をすべきかどうか悩んでいるママも多いのではないでしょうか?そこで、ここでは幸せな子連れ再婚をするコツや、子連れ再婚で幸せになった体験談をご紹介します。

子連れ再婚は不安要素がいっぱい

子どもが新しいパパになついてくれるのか

子どもがいるママにとって、再婚は不安要素がいっぱいです。中でも子どもが新しいパパになついてくれるのかどうかは、大きな問題です。

再婚後に幸せな家庭が築けるかどうかは、再婚相手と子どもとの関係で決まります。新しいパパに対して子どもがどのように感じているのかが大切です。

ある日突然よく知らない人と住むようになる子どものストレスを考えれば、なつかなくて当たり前だと思った方がよいでしょう。

子どもがまだ小さいうちは、新しいパパになついてくれることが多いようです。また、ある程度の年齢に達していれば、ママの気持ちを理解してくれるでしょう。

一方、中学生前後の思春期を迎えた子どもは警戒心が強く、新しいパパとの関係はより一層難しくなります。

再婚相手が子どもに優しく接してくれるか

子連れ再婚の場合、再婚相手が子どもに優しく接してくれることが最低条件です。口では子どもがかわいいといいながら、実際は子どものことを考えない言動をするパパがいるのも事実です。

子どもにとっては新しいパパができる不安感がある一方で、スポーツや虫取りなど一緒に遊んでもらえるかもしれないという期待感を持っているかもしれません。一緒に遊んでくれる優しいパパであるかどうかは、子どもにとっては大きな問題です。

相手と一緒になりたいという思いが強すぎて子どもの気持ちを考えないと、再婚してから苦労をするケースはよくあることです。子連れ再婚の場合は自分の気持ちだけではなく、子どもの意見を尊重した方がよいでしょう。

もう結婚生活に失敗をしたくない

女性が再婚を考えるとき、自分は本当に幸せになれるのかどうかといった漠然とした不安感を抱くことも多くあるようです。一度結婚に失敗をしているからこそ、慎重になるのは当然です。

ましてや、子連れ再婚であればなおさらです。ママの都合で子どもに辛い思いをさせてしまったという負い目はどうしても残ってしまいます。

1人で子育てをしていると、不安になって心が折れそうになることもあります。そんなときには支えてくれるパートナーがいれば、どれだけ心強く感じられるでしょうか。

それでも、再婚を考えたときに過去の失敗経験がトラウマになってしまいます。幸せになりたいという強い思いと、二度と失敗はしたくないという気持ちで心は大きく揺れ動いてしまいます。

幸せな子連れ再婚をするコツは?

元夫の悪口を家族の前ではいわない

離婚後、1人で子育てをがんばってきたママだからこそ、再婚で幸せな家庭を築きたいものです。子連れでの再婚で今度こそ幸せになりたいという思いが強いほど、以前の結婚生活と比べてしまいます。

そのようなときに、よく元夫の悪口をいってしまうことがありますが、家族の前ではいわない方がよいでしょう。元夫の悪口は、幸せな家庭を築く上で必要がありません。

ママにとっては別れた夫は他人ですが、子どもにとってはパパであることに変わりがありません。子どもにとっては、ママからパパの悪口を聞かさせられるのはとても辛いことだと思います。

また、再婚相手にとっては前の夫の話はあまりよい気持ちはしないものです。再婚相手がすてきな男性であれば、前の夫と比べる必要はありません。

再婚相手と子どもが会う回数は徐々に増やす

幸せな子連れ再婚をするためには、再婚相手と子どもが過ごす時間を大切にした方がうまくいくようです。急いで親子関係を作ろうとしても、そんなに簡単にはできません。

再婚相手と子どもには血のつながりがありません。また、一緒に過ごした時間も思い出もまったくないのです。時間をかけて、少しずつ関係を築いていくことが大切です。

出会った当初は、彼と子どもとはお互いに距離をとってどことなくよそよそしいのが当たり前です。焦らずに、会う回数を少しずつ増やしていきましょう。

最初は週末に近くの公園に出かけたり、一緒に食事をしたりするのもよいでしょう。そして、子どもの気持ちを考えながら少しずつ一緒にいる時間を増やしていってあげましょう。

再婚相手に過度な期待や理想を押し付けない

最初の結婚に失敗をしたママだからこそ、今度の結婚では幸せになりたいという気持ちはより一層強くなるものです。だからといって、再婚相手に過度な期待や理想を押しつけてしまうことはよくありません。

結婚とは、男性と女性がお互いに助け合って幸せな家庭を築いていくものです。再婚相手に寄りかかりすぎてしまうと、相手には大きな負担となってしまいます。

「こんな夫であって欲しい!」「こんなパパになってもらいたい!」という再婚相手への期待は、自然に湧き上がってくるものです。でも、再婚相手への期待や理想が大きすぎると、自分の気持ちもイライラしてしまいます。

子どもと仲よくやってくれればそれでよいという程度の気持ちでいると、うまくいくようです。

再婚してよかった!幸せになった体験談

年齢差もお互いの子どもも理解しあった夫婦

離婚したり死別したりと理由はそれぞれですが、子連れ再婚でも幸せな家庭を築いているカップルは数多くいます。中には、年の差婚やお互いが子持ちのカップルでも幸せになったというケースもあります。

年の差婚での再婚では、夫婦げんかが少ないという話をよく耳にします。実際に年齢差のある子連れ再婚の夫婦に話を聞いてみると、男性が年上であれば奥さんが少しぐらい怒っていてもかわいく思えて喧嘩にならないと教えてくれました。逆に女性が年上の場合は、男性のわがままを受け止めてくれることが多いようです。

また、小学校1年生の子どもを持ったママと小学校5年生の子どもを持ったパパのケースでは、兄弟ができて子どもが毎日を楽しく生活するようになったと教えてくれました。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC