就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新米ママあるある!子育てして初めて知ったことやびっくり失敗体験談

新米ママあるある!子育てして初めて知ったことやびっくり失敗体験談

赤ちゃんが生まれて、いろいろどうすればよいか分からないことだらけの新米ママには、どのような「あるある」があるのでしょうか? 「自分以外もこんなふうに思っているママがいるのか」 「こんな大変なことほかの人も同じように思ってるのかな」など、いろんなママたちの体験談を参考に育児を頑張りませんか。

新米ママは時間が取れずいろいろ大変

赤ちゃんが寝ない!寝ても離れられない

はじめて赤ちゃんのお世話をしてみて、「赤ちゃんってこんなに寝てくれないものなんだ」とびっくりするママも多いのではないでしょうか。おむつを替えて、授乳もしたばかりで、快適なはずなのに寝てくれないことがよくありますよね。

たとえば、赤ちゃんへの授乳は3時間おきが目安とされていますが、赤ちゃんによっては1~2時間ぐらいの間隔で目を覚まして飲む場合があります。とくに、1度にたくさん飲めない赤ちゃんは、頻繁に起きてしまう傾向があるようです。

また、うんちやおしっこも1日に何度もしますので、寝てくれたと安心していても、いつ泣きはじめるのか分かりません。寝ているあいだに、掃除や洗濯などをしようと思っても離れるのがむずかしいですよね。

一日があっという間。自分の時間がとれない

出産後、退院してから家に帰ると、赤ちゃんのお世話で忙しく、気がついたらもう夜になっていたなんてことが毎日のように続きます。はじめは、赤ちゃんが可愛くてなんでもしてあげたい気持ちで楽しめますが、続くとママも疲れきってしまいます。

もちろん自分の時間をつくるのもむずかしいですよね。出産前は、「自分の時間がなくなるなんて大げさだな」と思っていたママも、実際の育児で時間がないことを実感することが多いようです。

近所にちょっと買い物に出かけるだけでも、準備が大変ですし、途中で泣かれることもあり、スムーズに進まずとても時間がかかってしまいます。まだ手際よくするコツを掴めていない新米ママは、自分の時間をとる余裕がありません。

せっかく準備したベビー用品を使わなかった

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、出産前に必要なベビー用品をいろいろそろえておきたくなりますよね。はじめてのときは、育児雑誌やインターネットで調べてそろえることも多いでしょう。

でも、そのなかには、なくても大丈夫なものや、使わなかったというものもたくさんあったのではないでしょうか。たとえば、服やおむつは、必要ですがサイズが合わなくて使わなかったということもありますよね。

友人ママに聞くと、「思ったより赤ちゃんの成長が早く、おむつがすぐにキツキツになって、いっぱい買いだめしたのに余ってしまった」ということでした。生まれてから買い足したほうがよいものもありますし、出産してすぐに必要なものでなければ、あとでじっくり考えてからの購入がよさそうです。

新米ママのあるある共感できる体験談

授乳やゲップをさせることが大変

赤ちゃんはお腹がすいたら、自然にミルクをほしがって飲んでくれると思っていませんでしたか。

食欲旺盛な赤ちゃんはお腹がすいたら泣いて飲みたがるので、授乳しやすいですが、食欲より寝ることを優先する赤ちゃんは、平気で4~5時間寝続けることもあります。「よく寝るから楽だな」と思っていると、赤ちゃん健診に行ったら、「起きなかったら起こして授乳してね」といわれて、びっくりしたママも多いのでは。寝ている赤ちゃんを起こして授乳するのも大変だと気づかされますよね。

授乳後にゲップをさせることも大変で、背中をトントンしてもさすっても、うまくさせることができません。諦めて寝かせたときに、ゲップをしてミルクを吐いてしまうこともしょっちゅうあります。

赤ちゃんのうんちの色にびっくり

はじめて赤ちゃんのうんちの色を見たときはびっくりしますよね。大人と同じような色をしていると思ったら、緑色のうんちで、さっそくお腹でもこわしているのか、病気なのかと心配したママも多いでしょう。

緑色をしたうんちは健康な状態で、日が経つとだんだん黄色とかベージュ色のやわらかいとろっとしたうんちになります。たまに、緑色に戻ることもありますが、腸内で酸化したり、うんちが空気にふれて酸化したりすることでも緑色になることがあるようなので心配ないですよ。

完全母乳か完全ミルクかによっても色や固さ、臭いに違いがあります。離乳食をはじめてしばらくすると、少しずつ大人のうんちの色に近づいてきて臭いもきつくなってくるでしょう。

名前の呼び間違いや記入間違い

自分たちで赤ちゃんの名前をつけても、まだ呼び慣れていないため、名前を呼び間違えることもありますよね。とくに、パパ・ママの名前と似たような響きだったり、1文字違いだったりすると間違えやすいのではないでしょうか。

友人ママは、「パパと赤ちゃんの、はじめの1文字が同じだからよく間違えてたけど、子どもが成長して2人同時に呼ぶことが多いから今も間違えている」といっていました。

病院で名前を記入するときにも、赤ちゃんの名前を書くところに間違えて、ママ自身の名前を書いてしまったという経験があるというのも、新米ママに多いことですよね。自分以外の情報を記入する機会はあまりないので、緊張して間違えてしまうのでしょう。

新米ママのあるあるどきっとした失敗談

赤ちゃんがベビーカーでけがをしてしまった

赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカーですが、気をつけていないと赤ちゃんがけがをしてしまうこともありますよね。

たとえば、ママが気づかないあいだに、赤ちゃんがベビーカーからずれて落ちそうになっていたり、折りたたむときや開くときに、赤ちゃんの指を挟みそうになったりしたというママもいます。

ほかにも、エスカレーターにベビーカーを乗せて、段差に引っかかっている光景も目にすることがあります。エスカレーターへの乗り入れはとても危険ですので、乗せないようにしてくださいね。

友人ママには、ベビーカーのシートベルトを止めるバックルに、赤ちゃんの太ももを挟んでしまったことがあるという失敗談を聞いたことがあります。

体温調整が難しい赤ちゃんの洋服選び

赤ちゃんが大人に比べて体温が高いということは分かっていても、ちょっと寒かったら暖かくしてあげようと思いますよね。分厚い服を着せたり、ブランケットを掛けてあげたりしたことで、汗をかいて暑そうにしていることがよくあります。赤ちゃんは自分で体温調整できないので、ママが見極めてあげましょう。

友人ママは、はじめての子育てのとき、赤ちゃんがよく寝ながら布団を蹴って足を出していたので、暑いのかと思って服を薄めのものにしていると、風邪をひいて熱を出したそうです。それからは、赤ちゃんの体を触ってみて、冷えていないか確認するようにしているとのことでした。

見ても判断しにくい場合もありますので、赤ちゃんに触れて確認するのもよいですね。

赤ちゃんの爪切りに失敗。やり方と対処法

赤ちゃんの爪を切ろうとすると、動いてなかなかうまく切れないこともよくありますよね。失敗して切り口がガタガタになったり、めくれたような感じになったりしてしまうと、赤ちゃんが自分で顔や体を傷つけてしまい危ないです。

赤ちゃんの爪を切るタイミングは、寝ているときが1番安全でしょう。赤ちゃん用の爪切りはいろいろありますが、小さいはさみのタイプだと、皮膚を挟んでけがをさせる心配がないのでよいかもしれません。

切るときのポイントは、深爪に注意すること、爪の両端をややスクエア状に切ること、1度に全部切ろうとしないことなどです。もし深爪になってしまったり、爪が割れてしまったりした場合は、絆創膏や不織布テープなどで保護して様子をみましょう。

まとめ

赤ちゃんが生まれてはじめての育児をしているママには、うまくいかないことが多く、たくさんの不安があることでしょう。そんなとき、ほかのママたちもいろいろ経験して、悩んだり失敗したりしながら頑張っているんだということを思い出してみてください。

自分以外にも同じようなことをしているという安心感で、「自分も頑張りすぎないでいい」と思えるようになります。気持ちが楽になって、子育てを楽しむ元気ももらえますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018