就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ペットが育児に与えるメリットを知ろう!飼うときの注意点もご紹介

ペットが育児に与えるメリットを知ろう!飼うときの注意点もご紹介

動物が好きなママはペットを飼いながらの子育てに興味があっても「子どもの教育によい」「衛生上、体に悪いかもしれない」、などいろんな憶測が飛び交って飼育をためらってしまうことがありますね。今回は子育て中に動物を飼うメリットや注意するべきことについてご紹介します。

ペットは子どもに与えるメリットがいっぱい

愛情や思いやりの心が育つ

ペットを飼うことで、子どもの思いやりの心や愛情などがはぐくまれます。心理学の研究調査では、ペットを飼っている子ども、その中でもただ家で飼っているというだけでなく、ペットと日常的にふれあい一緒に過ごした子どもは、過ごしていない子どもよりも人への思いやりの心や愛情深さを持っているという結果もあるそうです。

どんなに利口なペットでもしゃべることはできません。ペットがなにをして欲しいのか、思いやり、想像してあげる必要があります。

お世話をしながら一緒に過ごすことで、ペットに対して愛情が生まれます。子どもなりにペットに気を遣い、自分のやることが相手に影響することを理解することで、思いやりのある優しい子どもに育ってくれるでしょう。

コミュニケーション豊かになる

子どもがペットと一緒に遊んで仲よくなるには、言葉では話せない、 非言語のコミュニケーションで関係性を築くことが必要となります。言葉にしなくても相手の思いをくみ取ることは子どもの思いやりの心や共感を育てることにもつながります。

ふだんからペットと接して「こうして欲しいのかな」「なにを考えているのかな」と想像力を働かせることは、対人関係でも相手の気持ちや事情を想像する習慣ができることにつながります。その結果、観察力も高まり、コミュニケーションをとる力も、子どもたちに自然と備わっていきます。

ものいわぬペットとのふれあいは、子どもがこれらのコミュニケーション能力をはぐくむのに最適な体験だといえるでしょう。

子どものよき遊び相手にもなる

少子化が進んでいる現代では、「両親と子どものみ」という核家族が多くなってきています。子どもが1人っ子だったり、きょうだいと年が離れていて遊べなかったりという場合でも、仲よしのペットがいれば寂しくありません。

さらに、じっくり話を聞いてくれるのもペットのよいところ。誰にもいえない話をこっそりペットにだけ打ち明けたり、子どもにとっての支えとなったりしてくれるかもしれません。

また、ペットの種類にもよりますが特に犬や猫は、赤ちゃんを可愛がってくれることが多いです。赤ちゃんが泣くと駆けつけるペットが多いのも事実です。

きょうだいのような役割をしてくれるので、頼もしいですね。そんな1人っ子の家庭にこそ、ペットを飼育するのはおすすめともいえるかもしれません。

ペットを飼う際に親が注意すべきこと

子どものアレルギーやペットの病気

ペットを飼う際に特に気をつけたいのが、動物アレルギーや病気です。ペットを飼い始める前に、子どもに、そしてほかの家族にも、そのペットに対してアレルギーがないことを確認しておきましょう。

動物アレルギーの症状に多いのは咳、喘息、目のかゆみ、くしゃみや鼻水など、花粉症に近い症状や、重い症状になると嘔吐などがあげられます。また、ペット自身の病気についても気を付ける必要があります。

犬には狂犬病のワクチン接種が義務付けられていますし、保険がきかないペットが病気になったときの治療費の負担も覚悟しておかなければいけません。人間よりも寿命が短いペットたちの命の責任を担っているのは、ほかの誰でもない飼い主であることを忘れないようにしましょう。

ペットを育てる環境について

ペットを飼う前に、まずは冷静にペットを飼える環境であるかを考える必要があります。なにかペットを飼いたいという気持ちがあっても、その環境が整っていなければ飼うことは難しいでしょう。

例えば、犬を飼うための環境と、ウサギやモルモットを飼うための環境とではまったく異なります。また、マンションやアパートと比べて戸建てのお宅では、犬を飼いやすい環境だと思われがちです。

しかし住宅が密集しているような地域では、鳴き声が近所迷惑となり大きな住民トラブルに発展してしまう可能性がありますので、戸建てだからといって飼える環境が整っているとは限りません。このように、飼える環境にあるのかを冷静に考えることは大切なのです。

親も責任ある飼育姿を子どもに示す

ペットを飼うことは子どもに与えるメリットがいっぱいですが、一方で親もしっかりペットの面倒を見てやらないと、逆に子どもにマイナスの影響を与えてしまうこともあります。親が責任を持って命あるものを大切にする姿を子どもに見せることが大切です。

たとえば、ペットの調子が悪くてもほったらかしにしておく、毎日きちんとえさをやらないなど、親が大切に世話をしていないと、逆に子どもに悪い影響を与える可能性があります。ペットの世話は親が子どもと一緒にするというスタンスの方がよいかもしれませんが、子どもに強制するのは避けましょう。

ペットをただ子どもに与えさえすればよい、ということではなくペットの飼育への、親の関わり方が大切です。

ペットと生活する前に子どもと話すべきこと

家族の中で飼育のルールを決める

ペットのお世話を継続して行うことは大変です。子どもが飼いたいといい「自分がちゃんとお世話をする」と約束しても、継続してお世話できない場合も多くあります。

最終的には親がお世話をしなくてはならない可能性が高いのですが、誰がどこまで、どんなことをお世話するのかを相談しておく必要があります。小さい子どもにもできるのは、水やりやえさやりです。

大体のペットに必要なこれらは適量さえ教えてあげれば、幼児でもできるお手伝いです。ペットの定番である犬の場合、散歩が必須ですが小さい子が1人で散歩させることは難しいので、親の付き添いが必要です。

犬の散歩はいつも子どもも一緒に付き合ってもらうようにするなど、散歩の現状を子どもに見せることが大切になってきます。

ペットにも、老いや寿命があるということ

どのペットも大切な命であることを子どもにお話ししましょう。絵本などを使ってもよいかもしれません。

ペットを飼うということは、家族が増えるということです。子どもにとっては「きょうだい」と例えるのがわかりやすいでしょう。大切な「きょうだい」は小さくて自分では生きていけないから守ってあげなくては、と思ってくれるかもしれません。

ただ、どんなに大切な存在であっても、ペットとの別れは必ず来るものです。ほとんどのペットは人間より寿命が短く、残念ながら私たちよりも先に亡くなってしまいます。「先に死んでしまうのが悲しいから飼わない」という選択肢もあるかもしれません。

ですが、子どもたちは愛するペットの死を通して、限りある命の大切さを学ぶのではないでしょうか。

どんなペットがいい?ペット選びは慎重に

【ハムスター】
ハムスターは飼いやすさ・人気ともに安定して高い評価を得ています。ペット不可の物件でも飼えることが多く、ケージで飼うので部屋も汚れにくくて掃除も容易です。安価で購入もでき、えさや用具などにあまり費用もかかりません。

【ウサギ】
ウサギは、大きな鳴き声はないので近所迷惑になることもなく安心して飼えます。草食動物で悪臭になりやすい物は食べないので、定期的に掃除をしていれば臭いが気になるおそれも少ないでしょう。

【犬:トイプードル】
定番の犬の中でも飼いやすく、人気のある犬種がトイプードルです。人気の秘密は、その社交性と人懐っこさです。しつけもしやすく温厚な面も兼ね備えているので、とても飼いやすいです。

まとめ

ペットと子どもが一緒の生活は、もちろん大変なこともありますが、その分子どもに与えるメリットはたくさんあります。しかし、一方で注意しなければいけない点もあり、安易な気持ちで家族に迎え入れるのは控えたいですね。

子どものアレルギー体質についても事前に確認したうえで、飼育できる環境かどうか確認してみるとよいでしょう。ペットを飼い始める前に家族と話し合ったりペットをすでに飼っている人に相談したりしながら検討できるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018