就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんもママも寝る時間が欲しい!睡眠不足を解消する方法や習慣

赤ちゃんもママも寝る時間が欲しい!睡眠不足を解消する方法や習慣

赤ちゃんの子育てをしていると、「朝までゆっくり眠りたい」「夜も頻繁に起きるので、疲れが取れない」など、ママの寝る時間があまり取れないことに悩む方は多いでしょう。ここでは、赤ちゃんが朝まで寝るようになるのはいつからなのかや、寝かしつけの工夫などを確認していきましょう。

成長で変化する赤ちゃんの寝る時間

夜中もおっぱいやうんちで目覚めてしまう

赤ちゃんと実際に過ごすまでは、赤ちゃんに対してほとんど寝ているという印象を持っているママも多いのでしょう。確かに生まれたての赤ちゃんは、寝ている時間のほうが起きている時間より多いですよね。

しかし、寝ている時間が長くてもまとめて眠ることは難しいですよね。新生児の頃は1回の授乳でたくさんの母乳を飲めず、昼夜関係なくおっぱいを頻繁に欲しがるでしょう。うんちやおしっこをする回数も多く1日に10回くらいおむつ交換をするため、ママは24時間体制で赤ちゃんのお世話をするのに忙しいですよね。

赤ちゃんがある程度成長するまでは、夜中も日中と同じような間隔で目覚めることが多いでしょう。産後はママの体調も不安定なため、パパとの協力が必要です。

昼夜の区別がついて夜にまとまって寝る

生後3カ月頃になった赤ちゃんは、少しずつ昼夜の区別がつき生活リズムが整ってきます。朝は起きて活動する、夜は眠るという習慣ができると夜の睡眠時間は自然と長くなりますよ。

生まれたての頃は夜に1~2時間ずつ、こま切れにしか寝てくれなかった赤ちゃんが、夜にまとめて寝てくれるようになるとママは助かりますよね。しかし、赤ちゃんによってはこまめに起きて泣く子もいるので、赤ちゃんの成長を気長に待つことが大切です。

「赤ちゃんが寝ているすきに溜まっている家事をしておこう」「ネットを少し見て自由に過ごそう」など、ママの自由に過ごせる時間ができますが、体を休めるためにも赤ちゃんが寝たときは一緒に睡眠を取るとよいでしょう。

夜泣きや寝ぐずりが始まる

先ほどご紹介したように生活リズムが整うと、夜にまとまった睡眠を取れるようになる子が増えてきますが、その頃から夜泣きや寝ぐずりが始まる子も多いです。夜泣きが始まると「眠たいのに寝かせてくれないの」と落ち込むママもいるでしょう。

生後3カ月頃になると赤ちゃんの体もしっかりしてくるので、お散歩や買い物など、赤ちゃんと一緒にお出かけする機会も増えてきますよね。赤ちゃんは見たことのないものや聞いたことのない音など、さまざまなものにふれるため脳はたくさんの刺激を受けます。

知らない場所に行ったり、初めましての人に会ったりした日は、赤ちゃんが刺激を多く受けるため、夜泣きや寝ぐずりがひどくなる可能性がありますよ。

ママと赤ちゃんの睡眠不足と戦う日々

ママも朝までぐっすり眠りたい

赤ちゃんとの生活は癒やされることも多く、幸せを感じることが多いですよね。しかし、赤ちゃんのお世話は休みがないため、ママには休日もなく大変です。毎日育児を頑張っているママでも、睡眠がしっかり取れないと体調が悪くなるだけでなく、精神的にも疲れてしまうでしょう。

生後6カ月の赤ちゃんを育てている先輩ママの話では、出産をしてから朝までしっかり睡眠を取った記憶がないそうです。毎日の疲れで体調が悪く、赤ちゃんと一緒にいることが辛くなるなど、精神的にも追い込まれていたといいます。

「いつになったら朝まで寝られるのだろう」と悩むこともあるそうですが、時々はパパや祖父母に子どもを見てもらい休息を取る時間を作っているそうですよ。

寝られるときには寝て睡眠不足を解消

頻繁に起きる赤ちゃんでも「今日はお昼寝を2時間してくれた」「今日は夜泣きがなかった」など、赤ちゃんが寝てくれる日があるとママは嬉しいですよね。赤ちゃんが寝てくれたときはなるべく一緒に横になり、ママの疲れを癒やすことも重要ですよ。

赤ちゃんが寝ている間に家事をこなす、スマホやDVDを見るなど、好きなことをするというママもいますよね。しかし、赤ちゃんが寝ているときに起きていると、ママの睡眠不足はいつまでも解消することはできません。

睡眠が不足していると、ママも疲れが溜まり頭がボーッとしますよね。ママが元気に過ごすためにも寝られるときは睡眠を取るように心がけましょう。睡眠を少しずつでも取ると、体の疲れが楽になりますよ。

夜泣きがなくなり卒乳後には朝まで眠れる

「いつになるとぐっすり眠れるようになるの」「寝る時間が少なすぎてもう限界」など、体力面や精神面で限界を感じているママもいるのではないでしょうか。毎日まとまった睡眠を取ることができないと、「このままずっと、ぐっすり眠れるときがこないのではないか」と不安になりますよね。

赤ちゃんの夜泣きはいつまでも続くわけではありません。赤ちゃんの成長とともに少しずつおさまってくるものなので、「いつかは終わる」と思って疲れを溜めすぎないようにしましょう。

とくに、卒乳したあとは朝までぐっすり眠るようになります。授乳期はお腹が空いていなくても口が寂しくなって夜中に起きてしまっているので、卒乳後は安定してぐっすり眠る子が多いですよ。

睡眠リズムを整える習慣を心がけよう

太陽の光で昼夜の区別を教える

夜にしっかり眠れるようになるには、生活リズムを見直してみましょう。赤ちゃんが朝と夜を認識できていると、成長とともに夜にまとまった睡眠を取ることが多いですよ。

朝ぐっすり寝ていても、毎朝同じ時間に赤ちゃんを起こすようにしましょう。まずは、お部屋のカーテンを開け、太陽の光を全身で浴びるとよいですよ。太陽の光を浴びることで脳や体が活動し始めるので、日中に赤ちゃんが活発に動くようになります。

育児の疲れでママも朝早くに起きるのは大変かもしれませんが、赤ちゃんのためにも太陽の光を毎朝浴びて生活リズムを整えましょう。ほかにも、食事やお風呂、お昼寝や夜の寝かしつけの時間などを決めておくと毎日の生活リズムが整いやすいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC