就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おしるし後の過ごし方が知りたい!出産前にしておきたい準備と心構え

おしるし後の過ごし方が知りたい!出産前にしておきたい準備と心構え

妊娠からおよそ10カ月たち、お産が近づくと「おしるし」と呼ばれる出血が起こることがあります。お腹が張りやすい臨月に血が出るため不安を感じるかもしれませんね。今回はお産が近づくと血が出る理由や、おしるしのあとの過ごし方、出産の前にしておきたい準備と心構えを紹介します。

出産前に「おしるし」のことを知っておこう

ママの体が出産の準備を始めたサイン

妊娠中の子宮口はゼリー状の「粘液栓」でふさがれていますが、お産が近づくと子宮頚管の粘液(おりもの)と一緒に剥がれ落ちます。赤ちゃんが子宮口から出ることができるのも、粘液栓が剥がれ落ちて子宮が収縮できるようになるからです。

粘液栓が剥がれ落ちるとき、赤ちゃんを包んでいる「卵膜」の一部が剥がれて血が出ることがあります。このときに出た血とおりものが混ざったものが「おしるし」です。

粘液栓が剥がれ落ちるのは赤ちゃんが子宮口近くに下がっているときなので、出産まであと少しになったといえます。

ただし、出産の日が近づいたからといって必ず血が出るとは限りません。「血が出ることがある」という程度に考えておくとよいでしょう。

色や量などその特徴は人それぞれ

おしるしは血とおりものが混ざったものですので、一般的には薄いピンクやオレンジ、薄い茶色をしています。

しかし、血やおりものの量には個人差があるため、ほとんど透明なおりもののなかに少量の血が混ざっているだけということがある一方、生理のときのような真っ赤な血が出て驚くということもあるようです。

おりものシートにつく程度の量であることが多いようですが、生理くらいの量が出る人もいます。下着が汚れることがあるため、臨月に入ったら外出時はナプキンを持ち歩くなど準備しておきましょう。

また、一般的なおしるしに見えても異常出血だったということもありますので、血が出たときは自己判断せず病院に相談しておくと安心です。

尿もれや破水、異常出血とは違うもの

おしるしは尿もれや破水、異常出血と似ていますが違うものです。尿もれは特に心配しなくてもよいですが、破水や異常出血は病院での適切な処置が必要になります。

破水とは卵膜が破れて羊水が流れ出ることで、そのまま放置すると赤ちゃんが感染症にかかるリスクがあるため速やかな受診が必要です。

子宮口から離れた場所の卵膜が破れたときはチョロチョロと出るため、尿もれやおしるしと区別しづらいかもしれません。独特な生臭いにおいがすることが多いので、においに注意してみましょう。

また、生理2日目くらいやそれ以上の出血があったときは胎盤剥離の可能性があります。赤ちゃんもママも危険な状態ですので、必要に応じて救急車を呼ぶなど、できるだけ早く病院に行きましょう。

出産の兆候「おしるし」後の過ごし方とは

おしるしの状況やその後の陣痛の間隔をメモ

おしるしはお産が近くなったサインの一つですが、すぐに赤ちゃんが生まれるということはあまりないため、慌てて病院に駆け込む必要はありません。

まずは落ち着いて、血が出た時間や量、色をメモしておきましょう。血が出たあとにお腹の張りや痛みを感じたら陣痛の可能性があるので痛みの間隔を測ってくださいね。

出血がすぐ治まってお腹の張りや痛みもないようなら、普段どおり生活して構いません。激しい運動は避けたほうがよいですが、家事をしたりお風呂に入ったりしてもよいですよ。

血が止まらないときや赤ちゃんの動きが少なくなったなど、不安に感じることがある場合はできるだけ早く病院を受診しましょう。出血量が多く激しい痛みがあるときは救急車を呼ぶことを検討してください。

丸1日後に陣痛がくるというケースもある

おしるしのあと陣痛がくるまでの時間は個人差があり、数時間以内に陣痛がきたというママがいれば、丸1日後に陣痛がきたというママもいます。

また、陣痛には出産に繋がる「本陣痛」と、出産に繋がらないまま痛みが治まる「前駆陣痛」がありますが、おしるしのあとにくる陣痛は前駆陣痛が多いようです。本陣痛がこなくても焦らないでくださいね。

おしるしや前駆陣痛は1度だけとは限らず、出産までに何度も繰り返すことがあります。初めてのおしるしから出産まで1週間程度かかったというママもいますので、まずは落ち着いて陣痛がくるのを待ちましょう。

ただし、おしるしのあとに本陣痛がくることもあります。「お産が始まってもおかしくない」と心の準備をしておくとよいですね。

遠方への外出を控えて普段どおりの生活を

おしるしから出産までにかかる時間には個人差があるため、「血が出てから◯時間で出産になる」ということはできません。

しかし、お産が近づいていることは確かなので、出産予定の病院から離れた場所への遠出は控えたほうがよいでしょう。買い物など日常の外出は問題ありませんが、陣痛や破水に備えておくことをおすすめします。

家事や入浴などの制限はないので普段どおりの生活を送りましょう。産後は自分の時間を持つことができなくなることが多いので、ひとりの時間を楽しむのもよいですね。

また、パパにできるだけ早く帰ってきてもらえるよう頼んだり、お酒を控えるようお願いしたりするとよいでしょう。入院グッズの最終チェックを行い、すぐ持ち出せる場所に置いておくと安心です。

「おしるし」の後にしておきたい出産準備

陣痛前に病院や身内と連絡を取り合う

本格的な陣痛がくると気が動転する可能性があるので、陣痛がくる前に病院や身内に連絡しておきましょう。

病院には現在の体調や状況、不安に感じていることなどを伝えてください。陣痛がきていない段階では自宅待機になる可能性が高いですが、受診が必要な状態か判断してもらうことができます。

また、パパとパパの両親、ママの両親に病院の連絡先や場所を伝えておきましょう。可能であればパパとママの両親同士で連絡先を交換し、お互い連絡できる状態にしておくとよいですね。

パパが仕事に行っている間におしるしがあったときは、血が出たことや陣痛がくるかもしれないことを伝えましょう。すぐ帰宅してもらう必要はないかもしれませんが、なるべく早く帰宅してもらえるとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj