就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママチャリで筋トレデビュー!毎日の習慣を利用してキレイになる方法

ママチャリで筋トレデビュー!毎日の習慣を利用してキレイになる方法

ママチャリ筋トレのポイントは?

力をいれずに「らく~」にこぐ

ママチャリで筋トレをするときは、力をいれないで「らく~」に漕ぐイメージで自転車に乗りましょう。自転車のギアは軽くして、軽い重さでトレーニングすると有酸素運動になります。

有酸素運動は、30分から40分ほど続けることで効果が期待できますよ。頑張り過ぎると、からだのどこかに力が入ってスピードがあがり、息切れするほどになれば無酸素運動になってしまうので気をつけましょう。

ペダルを軽く回すイメージでらくに漕いでいきましょう。からだが自転車にかける重さは、サドル部分に5割、ペダル部分に4割、ハンドルに1割でぺダルに立っている感覚をイメージしながら乗ります。

脚に負担をかけないことが、足が細くなる近道です。

初めは短距離で1人乗りしてみよう

ママチャリでの筋トレは、初めは短距離で1人乗りを試してみます。今まで使っていたママチャリを筋トレ仕様にチューニングしているので、まずは安全面もしっかりと確認しましょう。

ハンドルやサドルの位置やママチャリに乗ったときの姿勢など、確かめながら短距離を乗ってみるとよいですよ。早くスリムなからだを手に入れたいからと頑張り過ぎては、長く続かないものです。日常の仕事先や買い物など、今まで車で行っていた場所などにママチャリで行くのもよいですね。

ママチャリで有酸素運動を続けることが、ダイエットにもつながります。初めは短距離を走ってみて、無理のない距離を走ることができるようになれば長距離も無理なく漕げるようになるはずです。

運転しながら呼吸も意識

自転車に乗っての有酸素運動は、必ず呼吸も意識しながら自転車を漕ぎましょう。呼吸を意識しないで自転車を運転していると無酸素運動になってしまうので注意します。

深い呼吸を続けながら自転車を漕ぐと、酸素がからだ中にいきわたり血液の流れもよくなりますよ。血の流れがよくなると、脳にも栄養が運ばれやすくなり、認知症などの脳の病気予防にもつながります。

そのほか心肺機能の向上も期待できますよ。初めはできなくても、だんだんと整った呼吸で自転車に乗れるので焦らないでゆっくりと呼吸をしましょう。

自転車に乗ってゆっくりと呼吸しながら運転することで、自然とからだにも変化が現れるはずです。焦らないで、ゆっくりとした呼吸で自転車に乗れるとよいですね。

まとめ

ママチャリでの筋トレデビューはいかがでしたか?毎日の生活習慣のなかで、身近にあるママチャリを利用してみましょう。

初めは自転車に乗るコツが必要ですが、仕事や買い物ちょっとしたお出かけ時にママチャリを利用するだけで、筋トレ効果が期待できますよ。ハードな筋トレと違って、ママチャリに乗るときに、ちょっとした工夫とコツを取り入れるだけでダイエットができるので忙しいママにもおすすめです。

ママチャリで筋トレするときは、安全面でのお手入れを忘れずにしましょうね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND