就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬生まれの子どもに準備したい!快適に過ごすための住環境と冬グッズ

冬生まれの子どもに準備したい!快適に過ごすための住環境と冬グッズ

待ちに待った赤ちゃんとの対面が楽しみな一方で、寒い時期に生まれる赤ちゃんのためにはどのような準備が必要なのだろうかと心配になってしまいますよね。赤ちゃんが風邪をひかずに快適に過ごせるようにするにはどのようなものを揃えていけばよいのか、そのポイントについてご紹介していきます。

赤ちゃんを迎えるために住環境を整えよう

暖房器具は安全性を考えて選んで

赤ちゃんは自律神経の発達が未熟なため、自分でうまく体温を調整することができません。冬場に赤ちゃんが過ごす部屋は室温20〜23℃、湿度40〜60%が理想的だとされています。退院してからも赤ちゃんが快適に過ごせるよう、周りの大人が暖房器具を使って室温を調整したり、服の枚数を調節したりする必要があるのです。

暖房器具にはさまざまなものがありますが、ねんねのときだけでなく成長してからも安全に使えるものがよいですよね。空気が乾燥したりよどんでしまったりするもの、触るとやけどをしてしまうものは避けた方がよいでしょう。

とくに床に置いて使うタイプのものは、触れても熱くない、転倒時自動停止機能やチャイルドロック機能がついているなど、安全面を重視して選びましょう。

出産までに暖房器具の掃除を済ませて

エアコンは高い位置にあるので、小さい子どものいる家庭でも安心して使える暖房器具の一つです。赤ちゃんに直接風が当たらないよう風向きを調整する必要はありますが、部屋全体を暖めて快適な状態を保ってくれますよね。

冬の生活に欠かせないエアコンですが、内部はカビがとても発生しやすいもの。もしカビが発生したままだと、エアコン使用時にカビが風にのって部屋中にまき散らされてしまいます。

赤ちゃんがカビの胞子を吸い続けると、くしゃみや喘息、アトピーなどの皮膚異常などの症状が出てきてしまう恐れがあり危険です。免疫力の弱い赤ちゃんのためにも、退院後からすぐに使えるよう掃除をしておきましょう。大きなお腹での作業は危険ですので、パパや業者にお願いしてくださいね。

オイルヒーターは電気代に注意

火を使ったり換気が必要だったりする暖房器具は、乳幼児のいる家庭では使いにくいですよね。その点オイルヒーターは、以下のような理由から赤ちゃんのいる家庭でも安心して使えると評判が高いですよ。

・音が静かなので赤ちゃんの眠りを妨げない
・仮に触ってしまっても、やけどするほど熱くない
・メンテナンスがほぼ不要
・風を起こさずに空気をあたためるので、空気が汚れず乾燥しない

新生児のころであればとくに、きれいな空気の中で過ごしてほしいですよね。しかし、オイルヒーターは部屋があたたまるまで時間がかかる、電気代がほかの暖房器具に比べると高い、というデメリットもあります。とくに電気代は1カ月で数万にも及ぶこともありますので注意しましょう。

冬生まれの子どもにはどんな格好をさせる?

防寒ウエアは1~2枚でOK

赤ちゃんの出産準備を進めるにあたり、肌着やベビーウェアがどれほど必要なのか心配になりますよね。とくに寒い季節の出産であるが故に、防寒具はどれほど買えばよいのか悩んでしまうことでしょう。

退院後の赤ちゃんはまだまだ免疫力が弱いため、1カ月健診までは自宅で過ごすことが望ましいとされています。1カ月健診後もインフルエンザなどの感染症にかかる恐れがありますので、人混みをさけて近所を散歩する程度で十分です。防寒ウェアは数枚あればこと足りるでしょう。

赤ちゃん用の防寒ウェアにはさまざまなものがありますが、フード付きで手足や足先まですっぽり覆える防寒用のツーウェイオールやカバーオールがあると、ベビーカーや抱っこ紐でのお出かけのときに便利ですよ。

ベストがあれば体温調節に便利

赤ちゃんはとても汗っかき。暖房器具で快適な状態が保たれた室内で過ごすのであれば、冬場でも「肌着一枚+ベビーウェア一枚」で十分です。分厚く吸水性の悪い服を着せていると汗をかいてしまいますので、吸湿性にすぐれた綿100%の肌着や服を着せてあげましょう。

寒さが気になるときには、お腹を冷えから守れるように丈の長い肌着を重ねる、肌着やウェアをフライスやニットキルトなどの保温性の高い綿素材に変える、ベストを活用する、などの方法が有効です。

とくに室温や気温に応じてかんたんに羽織らせることができる薄手のベストは、一年を通じて活躍してくれるすぐれものです。体温調整機能が未熟な赤ちゃんを冬の寒さから守る上で便利ですので、外出の際にも持ち運ぶとよいですよ。

外出時は帽子で頭を保護してあげて

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ毛がしっかりと生えそろっていないため、寒い日の外出では頭が寒くないか、つい心配になるものです。出産準備で用意すべきものは多くありますが、冬生まれの赤ちゃんにはお出かけのときに帽子があると便利ですよ。

大人でも凍えてしまいそうな日には、帽子のあたたかさがありがたいもの。冬の気温に慣れていない赤ちゃんが外の寒さに驚いて泣いてしまわないよう、身体だけでなく頭も防寒してあげましょう。

ただし帽子は赤ちゃんのデリケートな頭皮に直接触れるものですから、素材選びには注意が必要です。もこもことした化繊の帽子は可愛らしいものですが、吸湿性が悪く頭に汗をかいてしまう恐れがあります。赤ちゃんの肌にやさしい綿素材のものがおすすめですよ。

あると便利なお役立ち冬アイテム

おしりふきウォーマーで快適おむつ替え

新生児のおむつ替えの回数は多く、一日に10回以上おむつ替えをするというケースもあります。授乳や沐浴など、新米ママには覚えるべきことが山のようにありますが、おむつ替えを手早く終わらせることもまた、慣れないうちは大変なことなのです。

そんなママの強い味方となってくれるのが「おしりふきウォーマー」という便利アイテム。つめたいおしりふきだと機嫌が悪くなって泣いてしまったり、思うようにおむつが替えられなくて困ってしまったりすることもありますが、あたたかいおしりふきだと機嫌よくおむつを替えさせてくれますよ。

寒い冬の夜におむつを替えるときに赤ちゃんに寒い思いをさせなくて済みますし、うんちのときに強くこすらなくても拭けるので赤ちゃんの肌に負担が少ないですよ。

加湿をして暖房による乾燥を防いであげて

退院したばかりの赤ちゃんは一日のほとんどを室内で過ごすことになりますが、冬の寒さで風邪をひいてしまわないように、室温には気をつけなければなりませんよね。

赤ちゃんが室内で快適に過ごせるようにするには暖房が欠かせませんが、暖房使用時には空気が乾燥しないように加湿をすることが大切です。空気が乾燥した状態だとのどや気管支も乾燥し、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまうのです。

加湿器を使用する場合には内部でカビが発生しないようこまめに手入れをする必要があり、手間だと感じてしまう方もおられるかもしれません。しかし、感染症などへの抵抗力の弱い赤ちゃんを守るためにも、温湿度計などでこまめに湿度をチェックしてあげることが大切なのです。

フード付きブランケットなら首まで暖かい

赤ちゃんを寝かしつけるときに包んだり、寒さが気になるときにさっとお腹にかけてあげたりと、数枚持っておくと何かと助かるのがブランケット。大きめのバスタオルでも十分代用は可能ですが、一枚はフードつきのものを持っておくと便利ですよ。

とくに夜間の授乳や寝かしつけのときは、寒さが気になって赤ちゃんがなかなか寝ついてくれないことがあります。フード付きのブランケットがあれば、身体を巻いてあたためるだけでなく、頭にフードをかぶせて寒さをしのぐことができますよね。

体温調整が苦手な赤ちゃんを頭からすっぽり覆えるので、身体だけでなく首元や肩も同時にあたためてあげられます。寝入ってから暑そうにしているときにはフードを取るだけで済みますので、一枚あると便利ですよ。

まとめ

生まれてくる赤ちゃんが寒い思いをしないように、風邪をひいてしまわないようにと、さまざまな防寒グッズを用意していきたいのが親心。冬生まれであるからこそ心配なことは多々あるかもしれませんが、妊娠中から少しずつ用意をしておくことで産後の不安を解消することは可能です。

お住まいの地域の環境や赤ちゃんが過ごす部屋の温湿度によって必要なものは異なりますが、記事を参考にご家庭に合わせた冬用グッズを購入していただき、安心して出産に臨めるようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018