就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが喜ぶ保護者会の出し物!保育園のイベントで成功するヒント

子どもが喜ぶ保護者会の出し物!保育園のイベントで成功するヒント

保育園の役員になると行事やイベントにかかわることも増えてきますよね。保護者主催の行事では、子どもたちが喜んでくれて、さらに保護者もやってよかったと思える出し物を企画したいものです。保育園の行事を特別なものにするコツや、保護者が行っている一般的な出し物を紹介しますので参考にしてくださいね。

謝恩会だけじゃない保護者会主催の出し物

夏祭りやバザーでの模擬店

夏祭りやバザーの模擬店は子どもたちに人気です。とくに食べ物の模擬店は年齢に関係なく楽しめるところがよいですよね。

フランクフルトやカップ入りのから揚げは歩きながら食べることができます。そのため飲食用に机やのスペースがいらないので、狭いスペースでも出店しやすいですよ。

カレーややきそばを出店するときは、座って食べられるように椅子や机があった方が親切です。カレーや焼きそばはたくさん作ると混ぜるときに力がいるので、お父さんたちに協力してもらいましょう。

食物アレルギーの保育園児がいる場合は、アレルギーの内容を先生に確認しておいたほうがよいですよ。せっかくなので園児全員が食べることができる食べ物の模擬店を出店したいですね。

保護者会主催の行事はプロに出張を依頼する

保護者会が主催する行事の場合は、企画から運営まで保護者会に任せてもらうことになります。日程などは保育園の先生と相談しても、やること自体は保護者会が決めることになるでしょう。

しかし保育園に子どもを通わせている親は、共働きがほとんどです。行事のために時間を作りたくても、忙しくてできないということもありますよね。

そんなときは、子どもに喜んでもらえるようにプロの出張サービスを利用するのも一つの方法です。プロは子どもにも慣れているので、園児の心をつかんでうまく盛り上げてくれるでしょう。

人形劇などは年齢が低くても楽しむことができます。子どもたちがよく知っている絵本を題材にした劇などでストーリが簡単なものを依頼するようにしましょう。

謝恩会は保護者が一丸となって作り上げる

謝恩会はお世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるためのものです。そのため基本的に謝恩会は保護者が主催となって進めることになります。

会場や会費をどうするか、先生への記念品をどうするかなど決めごとが多くなるでしょう。また謝恩会までの準備や当日の準備、司会進行などに多くの人手がいりますよ。

謝恩会は保護者が一丸となって作り上げていきたいものです。謝恩会では子どもたちと楽しい時間を過ごして先生方に喜んでもらいたいですよね。

そのためにも子どもが喜ぶ出し物も考えたいですね。保育園や先生にちなんだクイズなども盛り上がりますよ。会場の飾り付けや司会進行などが得意なパパやママもいるはずです。

声をかけ合い、保護者全員で作り上げるようにしましょう。

外部の業者に依頼するとき気を付けたいこと

やっぱり気になる予算の面

謝恩会でイベントをやりたいと思っても、気になるのは予算の面ではないでしょうか。一般的に保護者会の会費は子ども一人あたり月400円程度の場合が多いです。1年間にすれば、一人4,800円程度ですね。

園児の人数分の保護者会の会費にバザーの収入などが加算されたものが収入となり、この費用で保護者主催のイベントが運営されます。

ある程度のお金が使える場合は、前にお話ししたようにイベントをプロに依頼するのも一つの方法です。50,000円くらいからパフォーマンスを依頼できる会社もありますよ。

パパやママが出し物をするかプロに依頼するか迷う場合は、無料で見積もりを出してもらえる会社もあるので相談してみるとよいですよ。

保育園側のNGを最初に確認しておこう

保護者主催で出し物の企画をするときは、保育園側にその企画でよいかどうか確認しておくことが大切です。とくに保育園児のアレルギーについて聞いておくことをおすすめします。

たとえば、動物とのふれあう企画をしても動物アレルギーの子が多ければ、全員の子どもたちに楽しんでもらうことができません。欠席する園児が多ければ、先生は残念な気持ちになりますよね。

小麦粉や卵などのアレルギーの子がいる場合は、ケーキやクッキーなどを配るのも控えたいものです。決定する前にアレルギーのことがわかれば、全園児が食べられるものを選ぶことができるでしょう。

ある程度の企画ができたら、最終的に決定する前に保育園側に確認しましょう。

子どもが喜ぶ人気の出し物

謝恩会の出し物には、子どもたちが喜んでくれるような出し物をしたいですよね。動きのあるパフォーマンスは小さい子どもでも飽きることなく楽しんでくれます。

マジックショーは帽子の中からなにかが飛び出すこともありますね。子どもたちは、目の前で起こる奇跡に歓声をあげながら喜んでくれるでしょう。

一つの風船から動物などの形を作るバルーンアートも保育園のイベントとして人気です。作ったバルーンを子どもたちにプレゼントすれば、さらに喜んでもらえるでしょう。

マジックショーやバルーンアートは、コツがわかれば保護者が行うこともできます。プロに依頼するのも一つの方法ですが、予算がない場合は簡単なものに挑戦してみましょう。

保護者の出し物の集大成は謝恩会で披露

練習時間が限られるから自主練が大事

謝恩会の出し物を保護者がする場合は、練習をしなくてはいけません。しかし保育園に子どもが通っている家庭は、共働きが多いため役員が集まって練習する時間が取りづらいものです。

そのため、それぞれが家で練習してきたものを全員で集まれるときに合わせてみることになるでしょう。家庭での自主練ならちょっとした時間にすることができますよね。

手品など本番まで子どもに知られたくないものは、子どもが寝た後にこっそり行うことになるでしょう。先生への感謝の歌などは、子どもが起きている時間に一緒に練習するのも楽しいですね。

パパやママが歌っていると、子どもも覚えて歌えるようになるでしょう。謝恩会で子どもが一緒に歌ってくれると盛り上がるので嬉しいですね。

定番の合唱やダンスは子どもが好きな曲で

家庭で歌を練習するときは、音程やリズムに迷うこともあるでしょう。全員で歌うときは、なんとなく曲の感じがつかめても、家で自主練することになるとわからないものです。

謝恩会の曲は定番のものを選ぶ方がよいですよ。合唱に慣れないパパやママでも練習しやすいです。

ダンスの出し物をするときも有名な曲を選びましょう。自主練しやすいだけでなく、本番では子どもたちが一緒に踊ってくれるかもしれません。

たとえば、「マル・マル・モリ・モリ!」や「ようかい体操第一」などは、踊ったことがあるという子どもも多いのではないでしょうか。曲がかかると自然に体が動いてしまいますよね。

「ぼよよん行進曲」や「勇気100%」は元気が出る曲なので謝恩会におすすめです。

歌に手話や楽器を取り入れて挑戦しよう

謝恩会は先生に感謝の気持ちを伝える特別な日です。合唱に手話や楽器を取り入れるとさらに思い出深い演出になるでしょう。

たとえば「世界に一つだけの花」は、よく聞く曲なので歌詞を見なくても歌えるというパパやママも多いと思います。楽譜を持たなくてもよいので、手話が付けやすいですよ。

また、「ともだちはいいもんだ」や「さよならぼくたちのほいくえん」は子どもの曲なので保育園の謝恩会におすすめの曲です。幼稚園にある鈴などの楽器をかりて、歌に合わせて演奏すると、体育館や講堂に音が響いて感動的ですよ。

ギターなどが弾けるパパやママがいればさらに盛り上がることでしょう。歌に工夫をすることが思い出に残る行事にするコツですよ。

まとめ

はじめて保育園の役員になると不安なことも多いものです。バザーや謝恩会など保護者主催の行事をどうすればよいか気になりますよね。

パパやママがパフォーマンスできればよいのですが、仕事などで忙しい場合はプロに依頼する方法もありますよ。保護者会費を把握して、予算内でできるか相談してみましょう。

保護者が合唱などをする場合は、自主練がスムーズにできるように定番の曲を選びましょう。YouTubeなどで練習ができれば便利です。

謝恩会では歌に手話や楽器演奏を取り入れて、思い出に残る演出にしましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj