就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

人気のリトミックをもっと知りたい!子どもを伸ばすリトミックの魅力

人気のリトミックをもっと知りたい!子どもを伸ばすリトミックの魅力

音楽に合わせて体を動かすリトミックは、幼児の習いごととしても人気です。3歳以下でも楽しくできるとして多くのママに喜ばれていますが、ダンスや体操とはどんなところが違うのでしょうか。子どもの才能を伸ばすといわれているリトミックについて調べてみました。

リズム遊びだけではないリトミックの奥深さ

始まりは音楽家を育てる教育法だった

リトミックというと、小さな子どもが音楽に合わせて体を動かす「リズム体操」を思い浮かべるママも多いはずです。音楽を使った幼児のためのプログラムと思っているママも多いかもしれませんね。

実は、リトミックの始まりは19世紀後半のスイス、音楽家の「エミール・ジャック=ダルクローズ」が音楽家を育てるための教育法として開発しました。リトミックで多くの人がイメージするリズム体操はこのプログラムの一部であり、子どもの発達によい効果があると考えられていることから幼児教育に応用、採用されています。

最初は音楽家育成のプログラムでしたが、音楽家にならなかったとしても感性を磨き、体を音に合わせて動かすことで脳にたくさんの刺激を与えて発達を促すことが期待できます。

子どもの可能性を伸ばすリトミックの効果

リトミックには様々な効果があり、幼児のころから親しむことで子どもの可能性を最大限に引き出すことができるかもしれません。ママも好きな音楽を聴くと気持ちが落ち着き、リラックスできますね。妊娠中は胎教としてクラシック音楽を聴いていたかもしれません。

音楽を聴くことは、それだけで情緒を安定させ、自立神経を整える作用があります。そこに自由に体を動かすという要素を加えると、リズム感や運動能力も同時に養われていきます。

周りのみんなと違う動きであっても、自由に表現するのがリトミックです。違いを受け入れる社会性やコミュニケーション力・表現力はもちろん、聞いた音楽に即興で動きをつけるため、聴力や集中力も高まるといわれています。

年齢別に楽しめる魅力的なカリキュラム

リトミックに年齢制限はなく、0歳児からでも「親子リトミック」を楽しむことができます。リトミック教室には各年齢に合わせたカリキュラムがあるので、対象年齢を確認してレッスンを受けてみましょう。

まず、0歳児の場合は音楽に合わせて楽しい雰囲気をママと一緒に味わいます。親子のスキンシップを中心に楽しみ、ママのリラックスにも効果的です。

1歳児のクラスではママと一緒に音に合わせて楽器を叩いたり、踊ったり、自由な発想でリズム体操を楽しみます。2歳児になると、よりダイナミックな動きができるようになり、みんなで同じステップを練習することもありますよ。

3歳になるとママと離れてレッスンをする教室も出てくるでしょう。みんなで同じ動きを取り入れ、協調性を学びます。

さっそくリトミックを始めよう!

地域のリトミック教室を探してみよう

リトミックを体験してみたいというママは、早速地域のリトミック教室を探してみましょう。友だちの中にすでにリトミック教室に行っている子がいる場合は、同じところに体験に行ってみるのもよい方法です。

最近ではネット検索を使って簡単に調べることもできますが、体験レッスンに参加して子どもに合うかどうかを見極めるのも大事です。リトミック専門の教室に限らず、地域の公民館、児童館などでも親子リトミックを定期的に開催していることがあります。教室に行くよりもリーズナブルで気軽に参加できるレッスンもありますよ。

育児情報誌や地域の情報誌などをチェックしてみると、通いやすいリトミック教室がみつかるかもしれませんね。

幼稚園や保育園で取り入れていることも

リトミックが幼児教育に取り入れられるようになってから、幼稚園や保育園でもアクティビティとしてカリキュラムに組み込まれることが増えてきました。幼稚園や保育園の特徴としてリトミック教育を掲げている園もあるようです。

保護者にとっても情緒豊かに育ってほしい思いがありますので、習いごととして別の教室に通わなくてもリトミックができるのは嬉しいですね。リトミックを取り入れている幼稚園や保育園では、毎日の保育の時間割の中に組み込んでいる場合もあれば、時間外のアクティビティとして一定料金を支払ってレッスンを受けることができる場合もあります。

そこの園児ではなくても受け入れ可能な場合があるので、情報を集めてみる価値はあるかもしれませんね。

自宅でも楽しめるリトミックのヒント

リトミックが教育法と分かると、なんだか身構えてしまいそうになりますが難しく考えることはなく、自宅でも簡単に楽しむことができます。DVDや無料動画にも、子どものためのリトミック教材がたくさんあります。

ママがリードするのは難しそうと感じるときは、こうした教材に頼って親子で楽しんでみてもよいでしょう。お気に入りのキャラクターがきちんと指導をしてくれるので、子どもも親しみながら音楽に合わせて体を動かすことができます。

ただ、ママが昔から遊んでいた手遊びや、歌やダンスも立派なリトミックの一つです。歌ったり、楽器を鳴らしたり、気負わず自由に表現するのがリトミックです。まずは日々の生活の中に「音楽」を取り入れることから始めてみてもよいですね。

親子で楽しむ新しいリトミックの形

英語リトミックでバイリンガルを目指そう

月齢の低い乳児や幼児にとって、音楽と言葉は同じ耳から入る情報であり、そこに英語や日本語という違いはありません。そこで、0歳児から始めることのできるリトミックで、英語も同時に学んでしまおうというレッスンが人気を博しています。

ただ英語を机に座って学ぶのと違い、音と運動を組み合わせて英語に触れ合うことでより効率的、自然に英語を身につけられると考えられています。まだ言葉を発するようになる前の段階であっても、英語でリトミックは耳からの情報が豊富にあるため英語耳を養うにも効果的であるのかもしれませんね。

英語でリトミックを学ぶには、インターナショナル保育園や英会話学校でクラスを設けている場合がありますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj