就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛を上手にカット!切り方の基本や男女別のコツとは

赤ちゃんの髪の毛を上手にカット!切り方の基本や男女別のコツとは

自宅で赤ちゃんの髪の毛を切りたいとお考えのママは多いですよね。実際にチャレンジしようと思うと、どのように切ればよいのか、気をつけることはあるのかなど、わからないこともでてきます。そこで今回は、赤ちゃんの髪の毛の基本的な切り方や男女別での切り方のコツをご紹介します。

赤ちゃんの髪の毛の基本的な切り方を知ろう

繊細な髪の毛はつまんで少しずつ切る

カットというと「髪の毛を濡らしてから、くしでといて、それから…」と考えますよね。ただ、赤ちゃんの繊細な髪の毛は濡らしすぎると頭に張りついて切りにくい場合があります。濡らすときは、濡らしたママの手を軽くなでつけるか、濡らしたくしでとかすようにしましょう。

基本的に赤ちゃんの髪の毛を切るときは、つまんで少しずつ切るとよいですよ。この方法だと、赤ちゃんが多少動いても、はさみが当たる心配が少なく、少しずつ切ることで短くなりすぎる失敗を防ぐことができます。

髪の毛をつまむときは、サイド、えりあし、後頭部、つむじ、前髪などに分けるとやりやすいです。途中でぐずって、続けるのが無理なようなら日を改めて、何日かに分けて切りましょう。

基本は量や長さを調整する程度でOK

赤ちゃんによって髪の毛が生え揃うまでの期間が違います。1年でしっかり生えている子もいれば、3年くらいでやっと生え揃う子もいるでしょう。生え揃うまでは長さや量にばらつきがありますので、基本はそこを調整する程度でOKです。

たとえば、えりあしの長さだけが気になる場合は、えりあしを切るだけでよいですし、前髪が目にかかってきたと思ったら前髪だけを切ればよいでしょう。とくにバランスが悪くなければ、全体的に切る必要はないですよ。

量が少ない場合は長さを調整するだけでよいですが、量が多い場合はすきばさみを使って軽くしましょう。すきばさみを使う場合も、先ほどご説明したような感じで量の多い部分をつまんで毛先を切ってくださいね。

赤ちゃん用のヘアカット用品を使う

赤ちゃんのカットをするときは、赤ちゃん用のヘアカット用品を使うことをおすすめします。大人と同じものを使ってもできますが、頭の小さな赤ちゃんには使いにくいかもしれません。また、赤ちゃん用はケガをしにくいように、はさみに丸みやガードがついているので安全です。

赤ちゃんのカットには、はさみ、すきばさみ、くしがあればよいでしょう。くしは多少大きくても使えますので、ママが持っているものを代用してもよいですね。男の子の場合はバリカンがあると便利ですが、音が大きいと怖がってしまうので、音の小さいものを選びましょう。

部屋でカットする場合は、床に新聞紙やレジャーシートを敷いて、切った髪の毛の後片付けがしやすいようにするとよいですよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

女の子の髪の毛を切るコツが知りたい

髪の毛が薄いまたは短い部分にあわせて切る

髪の毛が薄い、あまり伸びないという赤ちゃんでも、部分的に長くなっていたり、たくさん生えている部分があったりすることがあります。そのままだとバランスがよくないので、薄いまたは短い部分にあわせて切るとよいでしょう。

ただ、女の子の場合、「できるだけ長く残しておきたい」と思うママが多いと思います。短い部分とまったく同じ長さにあわせて切ると短くなりすぎてしまうときは、目立たない程度の長さに近づけて切るとよいでしょう。とくに、正面から見たときの左右の長さをあわせることがうまく仕上げるポイントです。

また、薄い部分が気になる場合は、たくさん生えている部分をすきばさみで少し軽くすると、薄い部分が目立ちにくくなりバランスがよくなりますよ。

サイドやえりあしを整えて丸みを出す

赤ちゃんのうちは、女の子か男の子か見た目で判断しづらい場合もありますよね。女の子らしく仕上げるコツは、サイドやえりあしを整えて丸みを出すことです。アウトラインに丸みがあると、女の子らしく可愛らしい印象になりますよ。

くしで髪の毛全体を自然にとかしてから、角があれば丸みをつけてなめらかにつながるように切りましょう。そのほか、不揃いになっている部分があれば、その部分だけ切るとよいですよ。

サイドとえりあしを分けて切ると境目に角が残りやすいので、サイドからえりあしにかけてのアウトラインが丸くなるように意識しながら切りましょう。また、みつえりの部分から丸みをつけて切りはじめると失敗しにくいですよ。

すきばさみで「ぱっつんカット」も可愛い

大人がすると「自分で切って失敗したのかな?」と思われがちな「ぱっつんカット」も、赤ちゃんがやると可愛いく女の子にぴったりです。

ぱっつんカットは前髪を横にまっすぐ切るだけなのですが、カットを嫌がって動いたり泣いたりする赤ちゃんも多く、案外難しいかもしれませんね。そんなときは、すきばさみでまっすぐ切ってみるのもおすすめです。

切っている途中で赤ちゃんが動いてがたついても、すきばさみならそれほど気にならないでしょう。まっすぐ切るだけでも、毛先に軽さが出るので、まっすぐさもありつつ自然な印象に仕上げることができます。また、すきばさみでも同じ位置で何度か開閉すれば、長さを切ることもできます。

最後に、はみ出した部分があれば切りましょう。

男の子の髪の毛を切るコツが知りたい

すきばさみとバリカンで「ツーブロック」

ここ最近、大人、子どもに関わらず男の子に人気のツーブロックもコツさえつかめばそれほど難しくはありませんよ。すきばさみとバリカンを使ってチャレンジしてみましょう。

ツーブロックとは、基本的にはサイドの耳上の部分を短くして上の部分を少し長めにするヘアスタイルです。刈上げる高さを決めてから、バリカンで刈上げします。刈上げしない部分の髪の毛はヘアクリップで留めるか、人指し指と中指で挟んで持ち上げましょう。バリカンの長さ設定は、9~12mmぐらいがおすすめです。

刈上げ以外の部分は、すきばさみを使って多い部分を少なくしたり、ツーブロックの境目の毛先を軽くして馴じませたりしましょう。最後に、毛先をつまんで少しずつすきばさみで切って長さを調節してくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事