就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティの記録を手帳に残そう!選び方やメリットと使いやすい手帳

マタニティの記録を手帳に残そう!選び方やメリットと使いやすい手帳

妊娠中のママに特化された日記が「マタニティダイアリー」です。妊娠中にしか書けない気持ち、ママや赤ちゃんの様子などを記録しておくと次の妊娠時に参考になりますし、「書く」という行為が妊娠中のママのストレス発散にも役立ちますよ。今回は日記を書くメリットとともにおすすめの手帳をご紹介していきます。

マタニティダイアリーってなに?選び方とは

ママや赤ちゃんの様子を記録する妊娠日記

マタニティダイアリーとは、妊娠が判明したときからのママの気持ちや赤ちゃんの成長の様子などを母子手帳とは分けて記録する妊娠日記のことです。貴重なマタニティ期間を記念として形に残しておきたいというママにおすすめです。

マタニティダイアリーにはさまざまな種類があり、シンプルに毎日のできごとなどを日記として記録するもの、ページごとにマタニティライフの過ごし方などのアドバイスが載っているもの、エコー写真の保存もできるものなどがあります。

また、赤ちゃんが誕生したあとに、1歳までの成長の記録を残しておけるものなどもあります。最近では、子どもが大きくなったときにプレゼントする目的でマタニティダイアリーを書くというママも多いですよ。

持ち運べる手帳なら気軽に使いやすい

ブログやSNSアカウントを使ってマタニティダイアリーを書くママも多いです。ほかの妊婦との交流や情報交換ができるといったメリットがあります。アプリを用いれば写真や動画も簡単に記録できますね。

ただし、上記の方法では他人の目にふれることも考慮する必要があり、すべてを正直にさらけ出すことがむずかしい面もあります。

その点、手書きの手帳などであればママ自身の素直な気持ちなどをつづることができます。バッグに入るほどの大きさであれば、持ち運びが簡単でどこでもすぐに記入することができますし、いつでも読み返せる安心感もあります。

妊娠前から手帳を利用しているママなら、手持ちの手帳を使って妊娠中の記録をつけるとより気軽に続けやすいでしょう。

手帳を選ぶときは自分の目的に合わせて

マタニティダイアリー用の手帳を選ぶときには、まずは「どのような使い方をしたいのか」という点を明確にしておくことがポイントです。

たとえば、エコー写真などをたくさん貼り付けたいなら写真を貼るスペースが多いタイプがよいでしょう。フリースペースが多いタイプなら自由に書き込みがしたいママに向いています。

マタニティ期や出産の知識や情報を得られる参考書の要素が強いタイプなら、体重管理などママ自身のマタニティ期の過ごし方をチェックするために役立ちますよ。

どのような記録をどのくらい自分で書き込みたいのかなどを明確にして、できれば実際に中身を確認して購入できれば、自分のイメージにあったマタニティダイアリーを作ることができるでしょう。

マタニティ時期のことを手帳に記すメリット

楽しいマタニティライフを送ることができる

マタニティ時期は、ホルモンバランスの変化などによってママ自身の体調に波がある場合もあり、ときには不安になったり落ち込んだりすることもめずらしいことではありません。そんな気分がふさぎがちなときには、日記を書くということをおすすめします。

ママの心の中の憂鬱な感情やもやもやした気持ちを文字にしてみましょう。「書く」という行為で気持ちが少しずつ整理されて落ち着いてくるから不思議です。

また、これから生まれてくる赤ちゃんのことを思いながら日記を書くと赤ちゃんを迎える楽しみが倍増するでしょう。マタニティダイアリーを書くことで、適度にストレスが発散されるためマタニティライフがより楽しいものになりますよ。

子どもに大切な思い出をプレゼントできる

大切な思い出を書き記したマタニティダイアリーは、子どもが大きくなったときにプレゼントすることができます。

子どもが受け取ったときに、「ママが自分を妊娠中に感じた素直な気持ち」「自分の誕生を待ち遠しく思っている気持ち」「自分が誕生したときにパパとママ、まわりのみんながどれほど喜んだのか」など、自分がどれほど愛されているのかを知ることができるのではないでしょうか?

また、自分は愛されるべき人間である、ということを子ども自身が実感できることは子どもの自信となり、これから生きていくうえで心の支えとなりえます。ママの愛情がたっぷり詰まったマタニティダイアリーは子どもにとって、きっと、なにものにも代えがたい宝物となるでしょう。

第2子を妊娠したときに参考にできて便利

マタニティダイアリーには妊娠中のママの体の変化などをできるだけくわしく書いておくと、第2子を妊娠したときに役立つ資料になりますよ。

たとえば、妊娠中の体重の増え方やつわりの症状、妊娠中にどのように過ごしていたかといった内容です。また、初めて胎動を感じた日からお腹の赤ちゃんの様子なども詳細に記録しておくとよいですね。

そのときは印象深いと感じたことでも、時がたつと意外と忘れてしまうことも多いです。そういった記憶を確実なものにするためにもマタニティダイアリーはおすすめなのです。

第2子を妊娠したとき、体調の変化などに不安を感じたら見返すことで「こういう症状もあったな」など、前回のことを思い出し安心できるでしょう。

妊娠中の記録を残すのに向いている手帳3選

自分好みにアレンジできて使いやすい手帳

マタニティダイアリーは専用の手帳もありますが、市販の日記帳やノート、手帳であればママ自身の好みの内容にアレンジしやすいでしょう。

中でも、オリジナルの内容にしたいと考えているママには、できるだけシンプルなデザインの手帳がおすすめです。1日の出来事を1ページ丸々使って書ける仕様の手帳もあります。

フリースペースが多い手帳であれば、エコー写真を貼ったり自分でイラストを描いたりと自由に楽しめそうですね。

また、カラフルなマスキングテープやインデックスシールなどを使って、自分好みにカスタマイズするのもおもしろいですよ。よりオリジナリティの高い内容となって、唯一無二のマタニティダイアリーが完成するでしょう。

機能充実のマタニティダイアリー

妊娠中のママの気になる体調や体重、食生活についてしっかり記録をとっておきたいと考えるママには、入院準備品リストや、いざというときの連絡先リストなどのページもある機能充実のマタニティダイアリーがおすすめです。

妊娠や出産時に役立つ内容がたくさん詰まっている手帳を選べば、それを参考にして、いざというときに慌てることがないようにあらかじめ準備しておけるでしょう。

赤ちゃんの毎日の成長の様子がわかるように作られているものは、妊娠中の経過などがわかりやすくなるため初産のママに特におすすめです。

エコー写真などを貼り付けられるスペースもあるものなら、子どもが大きくなったら成長の記録を見せることができますね。

赤ちゃんを迎える楽しみ倍増のダイアリー

赤ちゃんに作りたい手作り小物のアイデアが満載の手帳もあります。こうした手帳なら、マタニティ期のママ自身の気持ちなどを日記に書き残せるだけでなく、出産準備としてベビーグッズ作りをサポートしてくれるでしょう。

ほかには、後から読み返したときに一つの物語になるような手帳もあります。出産後には、絵本感覚で赤ちゃんと一緒に読めると評判のようです。

また、予定日まで楽しくカウントダウンしながらマタニティ生活をつづれるもの、赤ちゃんの成長を1日ずつ解説しているものなど、出産が待ち遠しくなる手帳はさまざまあります。

これらの手帳でマタニティダイアリーをつづれば、赤ちゃんを迎える楽しみが倍増するのではないでしょうか?

まとめ

マタニティダイアリーは書き方に決まりはなく、ママが楽しく続けられることが大切です。手帳によってスペースなどに特徴があるので、「妊娠中のママの体調を管理するため」「お腹の赤ちゃんの成長記録として」「いままでつけていた日記の延長として」など目的にあわせて選んでください。

限られたマタニティ期を忘れずに記録しておけるマタニティダイアリーは、ママの大切な宝物となるでしょう。子どもが生まれて大きくなったら大切な思い出をプレゼントするのも素敵ですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj